FC2ブログ

兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

乾燥対策


2月18日

今朝、空港に向かう車の中でFMラジオを聴いていたらDJの方が、ホテルでの乾燥対策としてベッドの横にコップを置いているだけでも効果がある。とか、加湿をすると暖かくなる。と言ってたのが気になったので、ちょっと書いてみたいと思います。

 まず、ホテルの部屋ですがシングルだと15~20㎡くらいが多いかと思います。
仮に20㎡、天井高さが2.5mとすると容積は50㎥あることになります。
ホテルの法定必要換気回数は覚えてないですが、基準法の0.5回も換気してないホテルが多いように思います。
ですが、今回はとりあえず0.5回と仮定してみます。

 そうすると1時間に25㎥の暖房され外より少しは湿っている空気が外に出ていき、代わりに25㎥の冷たく乾いた空気が部屋に入ってきます。
ほとんどの部屋がおそらく絶対湿度で4.5g/kgくらいだと思います。
20℃の空気はおよそ1.2kg/㎥なので、もともと室内には60kgくらいの空気があり、その中にはおよそ270gくらいの水が含まれていることになります。

このうち半分の135gはそのまま室内にとどまり、残りの半分は3g/kgの乾いた空気に入れ替わります。
その水分量は3×25=75gなので、元の135gと足すと210g/kgとなり、元から低い湿度が換気するほど、どんどん湿度が下がっていくことが分かります。

寝ていてものどの渇きを感じない水分量は7g/kgくらいです。
この場合、50㎥の部屋には350gの水分があることになります。
毎時0.5回換気すると、そのまま残るのが175g、1時間後の水分量は250gなので毎時75g加湿してちょうど元の湿度を維持できることになります。

実際には人がいるだけで少し水分が出ます。
またシャワーを浴びたりすることでも水分が出ます。
しかしそれを加味しても22時にチェックインして8時にチェックアウトするという10時間滞在の場合でも750gから発生水分量を差し引くくらいの加湿は必要だということになります。
とてもじゃないですが、一晩で水位が1mmも下がらないコップの水で加湿などできるはずがないということになります。

それと、もうひとつ。
加湿すると暖かくなるということについて
これは半分正しく、半分間違っていると言えます。

昔よくあったスチーム式の加湿器で加湿する場合は確実に暖かくなります。
これはそもそも熱の力で水を温めて気化させる方式なので、水分量と熱を同時発生しているからです。

反対に最も省エネな気化式の加湿器の場合、暖房しない状況で稼働させればさせるほど気化熱によって室温は下がっていきます。
気化熱とは注射する前のアルコール消毒ですっとする感じ、もしくは夏の打ち水によって多少道路の温度が下がることと思っていただければわかりやすいかと思います。
ただし、エアコンによる暖房と併用している場合、室温が下がった分だけ余計にエアコンが稼働することになります。
そうなった場合は、加湿せずに20℃の場合よりも加湿した20℃のほうが確実に暖かくなります。
ここまで読めばわかるかもしれませんが、空気中の水分量=熱の一種なのです。
専門用語でこれを潜熱といいます。




スポンサーサイト
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

3月9日(土)に神戸市垂水区で見学会

2月7日

3月9日(土)に神戸市垂水区で見学会を開催します。

http://www.matsuosekkei.com/kengakukai.html

細長い敷地で2階が一体空間のLDKとしながらデッキバルコニー形状の庭につながる空間、そのまま外観を起こすと不細工になってしまうところを立面を整えてきれいに仕上げた住宅です。

ご興味とお時間のある方はご予約の上ご来場ください!




別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

健康・快適なZEHのつくり方

2月7日

新著が届きました!他の著者のところは初めて読みました。この本にしか載ってない内容もたくさんあります。ぜひご一読を!

https://www.amazon.co.jp/%E5%81%A5%E5%BA%B7%E…/…/ref=sr_1_1…



キャプチャ

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

2月11日松本市、2月23日長野市にて講演

1月26日

長野県の建築士会からの依頼で2月11日松本市、2月23日長野市にて講演します。
長野での講演は稀なのでお近くの方でご興味ある方はぜひご参加ください!



2_2019012817483780b.jpg


1_20190128174836996.jpg




別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

暖房設定温度を1℃あげると

1月24日

よく講演で

「暖房設定温度を1℃あげると暖房エネルギー(暖房費)が13~15%あがりますよ!だから4℃あげるとおよそ暖房費は1.5倍くらいになりますからね!」

とお伝えしてきました。
どのソフトでシミュレーションしてもだいたいこのくらいの差が出るからそうお伝えしていたのですが、個人的に疑問に思っているところがありました。

例えば20℃から21℃にあげるとその温度差は比率で5%の違い。。。
暖房負荷がどうしてこんなにも差がつくんだろう??
よく考えてみれば当たり前のことですが、その疑問を深く追求せずに来ました。
じっくり考えてみたら簡単なことでした。

大まかにいうと暖房費は暖房期間と内外温度差を掛け合わせた面積で決まります。
まず、温度差のことですが、年間の暖房費で見ると単純に20℃と21℃を比較するのは大間違いで、暖房期間における自然室温との平均値と比較する必要があります。

例えばこれが7℃であれば20℃の場合は13℃差。
21℃の場合は14℃差なのでその比率は14÷13=1.076となり7.6%離れることとなります。
この温度差が大きくなった分だけ暖房期間も期間も長くなります。単純化して考えると温度比率分だけ暖房期間も伸びるとすると1.076の二乗=1.157となり
15%アップという数字が出てくるという感じです。

この原理がわかっていると21℃から22℃にあげるときの上昇幅は20℃から21℃にあげるときより少ないことも分かります。
逆に低い温度で暖房しているときほど1℃の差が大きな暖房エネルギーの上昇率につながることも分かります。



別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | NEXT