兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

最悪日の北京よりもたばこの副流煙の方がはるかに有害だそうです。

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

最悪日の北京よりもたばこの副流煙の方がはるかに有害だそうです。

今日の日経新聞の記事はかなり秀逸でした。

今まで記事をそのまま掲載したことはほとんどなかったのですが、本当にいい内容だったので
掲載したいと思います。

PM25とたばこ

すべて読んでいただければ分かるのですが、衝撃的なのが
「禁煙ブースのない居酒屋は北京市の最悪時の濃度と変わらない」
ということ
さらに
「禁煙席でもガラスや壁で完全に仕切られていない場合はましにはなっても
 最悪時の北京に近い」

「喫煙する人はフィルターを介しているが、副流煙はフィルターを通ってないので
 喫煙者以上に害が大きい」

「中国からのPM2.5よりもタバコの方が70種類近い発がん物質を含む分
 はるかに危険性が高い」

「ホタル族にしたとしてもサッシの隙間から入り込む他、呼気に含まれたり、衣服に
 付着するため、室内に持ち込んでしまう」

「国立がん研究センターの推定では受動喫煙で死亡する人は年間6800人」

「英国やイタリアなど受動喫煙防止法を導入した国では心筋梗塞などのリスクが減った」

「小さな子どもや肺に病気を持つ人はPM2.5の影響をうけやすいのでこうした人が
いる家庭は禁煙にすべき」

「空気清浄機を使ってもたばこのPM2.5を取り除くのは難しい」

と衝撃の事実がこれでもか!!と言わんばかりに書かれていました。

私はタバコの有毒性はよく分かっていたつもりでしたが、あくまでもそれは
吸う人の話で副流煙に関しては正直甘く見ていました。世の中が喫煙者に対して
ここまで厳しくなってきたのはこういう理由があったからなんですね。勉強不足でした。

しかし、タバコ及びPM2.5を除去できる空気清浄機がないわけではありません。
最も細かい粒子まで補足することができるHEPAフィルターというものがあることは
知っていたので、これで対応可能かどうかを調べてみました。

そうすると下記のようなサイトを見つけました。

http://matome.naver.jp/odai/2136040589724057101

これによると、シャープとダイキンの空気清浄機で上位機種であれば、かなり
除去できるということです。

ちなみに偶然ですが、友人が昨日書いていたFBの記事によると
空気清浄機の試験センターでカタログ通りの性能が出ている所は上記2社のうち〇〇だけ
だそうです。

エアコンに同じく空気清浄機の世界でもほとんどの機種において誇大広告がなされているようです。

しかし、小さな子供がいて喫煙している方々・・・。
この記事をもってしてもまだたばこをやめられませんか??
だとしたら残念な話です。

スポンサーサイト
別窓 | 化学物質 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

空気環境の第一人者 田辺教授のお話

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

空気環境の第一人者 田辺教授のお話
慶応大学の田辺教授のお話が先日のボルガーケーニッヒさんの講演の後に引き続いて
ありました。

こちらもボルガーケーニッヒさんに負けず劣らず素晴らしい内容でした。しかし驚いたのは
田辺先生が本当に話が上手であること・・・。難しいことを本当に分かりやすく、しかもユーモアを交えながら話をするさまを見て「私も見習わなければ・・・」と心底感じました。

先生の話の中で特筆すべき点をいくつかあげてみます。

・OECD国の中で日本が唯一建築基準法に省エネ基準がはいっていない

・食べ物や飲み物は多少毒物が入っていても肝臓に解毒作用があるため
 多少のものはなんとかなる。しかし食べ物や飲み物よりはるかに大量に摂取する
 空気にいたっては肺に解毒作用がないため薄い毒でも分解することができないので
 問題である。

・日本は化学物質過敏症に関しては世界で唯一研究費が出ている珍しい国である。

・ホルムアルデヒドにかんしては環境先進国のドイツ、スウェーデンよりも厳しい

・VOC(揮発性有機化合物)が問題視されるのでその代わりに制限があまり
 なされていないSVOC(準揮発性有機化合物。要するにより沸点が高い物質)
 に移行しつつある。このことは長期的には悪影響がでる可能性がある。

・SVOCは空気を計測してもほとんどでない。しかしハウスダスト等には非常に
 つきやすいため床のハウスダストを口にする子供等には危険性がある

・自然素材の住宅でもテルペン等のVOCが出ているがだからといって
 「人口物質で構成された家と変わらない」と同一視されるのは納得がいかないとおっしゃっ っていました。そこで「メリットはないのか?」といろいろ研究したところやはり差異はあるよ うです。上述のSVOCは人工物質で構成された家よりはるかに少ないということです。

・薬物に対する制限リストができる→リストにない新たな毒物を作ろうとする。
 このイタチごっこが続いている。

以上のような話を聞くことができました。非常にためになる話でした。

講演の後で懇親会があったのですが、私の出身の研究室の話になり昔お世話に
なった教授の話で盛り上がりました。

熱環境、空気環境は狭い世界なのですぐに話がつながります。
別窓 | 化学物質 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

建築士としてできること、できないこと・・・。

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

建築士としてできること、できないこと・・・。

最近、化学物質や電磁波に対する過敏症関連の話が多くなってしまいました。こういう話ばかりしていると「なんでも治せるんじゃないの?」的な発想をする方もいらっしゃるようですが決してそんなことはありません。

それどころかなにも「治す」ことなどできません。医者でもなんでもないんですから・・・。

たた、私がしてあげられることは
「人体にとって悪影響があると思われる事柄を、建物からできるだけ少なくしてあげること」
だけなのです。

その結果として、不調なところがなくなったり、体調がよくなったりすることはあるかもしれません。ですがこれは私が治したとかそういうものでは決してありません。

ただ、こういう結果が出ると施主様の顔は当然明るくなり、感謝もされます。それは建物ができたときに感じる喜びとはまた違う種類ではありますが、大きな喜びをもたらしてくれます。

ただ単に、「悪影響を少なくする」こともある程度勉強しなければ分からないような世の中になってきています。

たとえば普通に住宅を建てるだけでも今の家は数十年前の家に比べると家の中の配線の長さが6倍以上にもなっています。これが体に悪影響を及ぼすなんて思っている人はまだまだ少数派ですが、こんなことはたくさんあります。

動物は生まれながらにして自然治癒力を持っていますが、特に住宅のように恒常的にいる場所においては、その治癒力と同等以上の悪影響が及び続けた場合たいていの人は体に変調をきたしてしまいます。誰しも普通に生活したいだけなのに困ったものです。
別窓 | 化学物質 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

都会に住むこと自体がストレスなのかもしれません・・・。

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

都会に住むこと自体がストレスなのかもしれません・・・。
昨年義理の兄が大阪の都心部の高層マンションを購入し住み始めたのですが、もともとシックハウス症候群のきらいがあったことから、内覧会の時点で部屋に入ると体に異変をきたしていました。

そこで比較的費用をかけず、見た目もまったく変わらずに対策ができるSODリキッド工法を薦めて施工したところなんとか住めるようになりました。

半年ほど住んだあとに、正月に会ったときに様子を聞いてみました。年末に石垣島に行く機会があったらしくそのときの話によると「むこうに行って二日くらいで体調が明らかに良くなった」と言っていました。

SODリキッド工法というのも薬品分解能力やマイナスイオンの発生という点に関してはかなりの効果がある工法です。しかし、その工法をもってしても空気質及び電磁波的に見ても人体に負荷の大きい「都会」においては「ましにする」ことはできても「良くする」ことはできなかったようです。

やはり空気もきれいで電磁波敵にも負荷の少ない自然に囲まれて過ごすことにかなうことはないんだと改めて思い知らされたような気がしました。
別窓 | 化学物質 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |