兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

自立循環型住宅の講習会に行きました。

先週の話になりますが、「建築環境・省エネルギー機構」の作成した「自立循環型住宅への設計ガイドライン」というマニュアルがあるのですが、その講習会に参加してきました。講師は断熱の世界では名前の知れた南雄三先生でした。この資料、4時間の講習会に参加した人しか入手不可能で、本屋にも売られていません。しかし内容はわが国における断熱や省エネ関係の、大学や研究機関を中心に4年の歳月をかけて実験を伴いながら編纂された資料なので、本当に中身が濃くしかも公正です。その上、素人の方でも理解できるような分かりやすい図解資料も満載です。私も10年ちょっとこの業界に携わってきましたが、今まで読んだ全ての熱環境系の本を一冊に凝縮したといっても過言ではないとおもいました。
また4時間にわたる講習でしたが、南先生の見識の深さと、プレゼンテーションの巧さから、たいていの講習ですぐに飽きてしまう私でも、まったく飽きる事の無い非常に意義深い時間を過ごす事ができました。以前私がサスティナブル賞を受賞したとき、南先生もその審査に絡んでいたようで私のことを覚えてくださっており、疑問点を直接お伺いできたのも感慨深いものがありました。まがいものが多い断熱業界において、本当に詳しい方と話ができたことと、この資料を得た事によってさらなるパワーアップを図って生きたいと思います。ちなみに最近お客様との打合にはこの資料を必ず持っていくようにしています・・・。また見たいという方はおっしゃってください・・。
スポンサーサイト
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

約1ヶ月ほど空いてしまいました・・・。

約1ヶ月ほど空いてしまいました・・・。誠に申し訳ありません。本当に業務が立て込んでしまってどうにもならないような感じでした。この1ヶ月ちょっとの間に引渡しが2件、地鎮祭が3件、実施設計が同時進行で2件、現場が5件、新規で打ち合わせ中のお客様が10組近く・・・。私が一人でやっているわけではないのですが、なにぶん一件一件じっくりと時間をかけてやっている中での話ですので、当社にとってはこの仕事量はかなりのボリュームなのです。(うれしい悲鳴ではあるのですが・・・)。そんなわけで忙しいからといって物件にまつわることで手を抜く事はできないわけで、そのしわ寄せがブログやホームページの更新の遅延にきてしまったわけです。
この間、物件をこなす仕事以外にも、断熱や気密に関する新しい知識や、人脈等今までよりさらに発展した知識を得ることが多かった時期でもあります。また追ってお伝えしていこうとは思いますが、一例を挙げますと、特に私は今までは「断熱・デザイン・自然素材のバランスを考える」ということをモットーにしてきたのですが、それはあくまで施主様の利益ばかりを考えてのことでした。環境に関してはその次に重要視するということで、世間一般よりは気を使ってきたつもりでしたがあくまで次点でした。
ところが、今、岡山、滋賀において大規模な環境共生住宅事業に関してたくさんのスタッフの方と話をしてみるにつれて、「それだけではいけないんだな」という意識が強く芽生えてきました。そんなこともある中で今までホームページに書いてある事の発展形として今考えている事をいくつか挙げます。
・ペレットストーブの有効利用
・太陽熱温水器の利用
・従来の欠点を克服した費用対効果の高い充填断熱工法
・窓に関する費用対効果の高い断熱補強方法
・実質的に費用負担の少ないより効率的な換気方法の準標準化
・全棟Q値計算だけでなく、灯油換算での年間暖房エネルギー使用量の提示
・まがいものの多い珪藻土市場の中で、本当に信頼できる製品を利用すれば
 調湿効果だけでなく、マイナスイオン発生だけでなく、抗酸化作用だけでなく
 持ち込んだ家具等から発生するVOCの分解も期待できます。しかしクロスの
 3倍程度のコストがかかるという問題がある。これを施主様が自分で塗られると
 クロス+αという価格で実現できるのでその推進(かなり大変ですが・・・)
・基礎下において防蟻処理を行い、半永久的に防蟻処理が不要な工法の標準化

以上のようなことを推し進めています。
当社がホームーページを作成したのが2004年ですからすでに2年以上がたつわけですが
その間、たくさんの住宅をつくっていく中で様々な経験、実測、体感等の現場でしか得られない
体験をたくさん積んできたことや、どんどん優れた新製品が出てくるので当社の住宅は
日進月歩しております。だからといって前に建てられた方がこのブログを見てがっかりする
する必要はありません。それは「その時期にその金額で出来うる限りの最善をつくしているから」
です。
そんなわけで上記の項目をどこかの次点で細かくホームページにアップしようと思いますので
ご期待下さい。

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。