兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

今年も一年ありがとうございました。 松尾設計室

今年も一年ありがとうございました。本当にいろんなことがあった1年でしたが、おかげさまで仕事量が一気に増えたこともあり、なにかと忙しい1年でした。「常に今考えられる最良の住宅をどこまでコストダウンしながら実現できるか」を模索し続けた結果、「インターネット」および「お客様がお客様を呼ぶ」という循環が生まれた1年です。

一応明日29日が本年最後の営業となるのですが、午前午後とも打合がはいっているので今日事務所の掃除をします。当社の正月休みは12/30~1/4までで1/5からの営業となります。



来年も今年以上に精力的に行きたいと思いますので皆様よろしくお願い申し上げます。



松尾設計室 松尾和也



homepage:http://www.matsuosekkei.com

Blog:http://www.matsuo-sekkei.com/blog

mail:matsuo@matsuosekkei.com

「断熱・デザイン・自然素材のバランスを考える」

(有)松尾設計室一級建築士事務所 松尾和也(一級建築士・JIA登録建築家)

〒673-0018明石市西明石北町1丁目3-20 エルコーポ88ビル2F

TEL:078-928-4777

FAX:078-928-4838



得意分野

外断熱、木造、高断熱高気密、自然素材利用、シックハウス対策

上記の住宅



対応可能地域

兵庫県、大阪府と岡山県の一部地域



----------------------------

電子書籍はでじたる書房
スポンサーサイト
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

勤労者住宅資金融資制度 兵庫県の設計事務所松尾設計室

先日加古川市役所による用事があり、そこで偶然見つけたのが「勤労者住宅資金融資制度」

加古川市が近畿労働金庫を窓口に融資する制度なのですが、その内容を見て思わず

にんまりしてしまいました。というのも融資限度額こそ1000万円なのですが

30年間固定金利でその利率は2.88%というものでした。しかも信用保証料は市が負担!!

中間金も支払われるとのこと!!。

なぜこれがすごいのかといいますと、当社のお客様は兵庫県産材の融資を利用される方が

非常に多いのですが、その融資の内容は2000万まで20年固定金利2%というかなりお得な

内容ではあるのですが以下の問題点を抱えていました。

・2000万の融資で収まる人は少ないが2500万あれば収まる人は非常に多い。

・上記の理由で他のローンと併用すると保障料等が2重にかかってしまい、うまみが少なくなる。

・中間金がでないのでつなぎ融資等が必要になる場合がある。

ところが今回の「勤労者住宅資金融資制度」では近畿労働金庫が窓口です。

ここがポイントで、近畿労働金庫は兵庫県産材融資の窓口にもなっています。

ということは労働金庫さんで兵庫県産材の融資を借りて足らずを同じく労働金庫さんで勤労者

住宅資金融資制度を借りることで、保障料金の2重払いを解消することと金額にもよりますが

つなぎ融資を組む必要性が少し少なくなることが考えられます。保障料の負担に関しては加古川市

以外にはまだ調べていませんが、興味がある方は是非自分で調べられてみてはいかがでしょうか?

ちなみに同様の制度がある自治体を探ってみた結果を以下に示します。



融資限度額 固定or 融資期間 信用保証料の

万円 変動金利 融資利率 年 市による負担

加古川市 1000 固定金利  2.88% 30 有

姫路市 1000 固定金利  2.96% 30 不明

加西市 2000 固定金利  2.92% 35   不明

三田市 1000 固定金利  3.04% 25    不明

播磨町 1000 固定金利  2.88% 30   不明

稲美町 1000 固定金利  2.96% 30   不明

小野市 2000 固定金利  2.92% 35   不明

西脇市 2000 固定金利  2.92% 35   不明

三木市 2000 固定金利  不明 35   不明

たつの市 1200 固定or変動 不明 30   不明

相生市 1200 変動金利  不明 30   不明

赤穂市 1200 変動金利  不明 30   不明



まだまだいろんな有利な制度があることを実感させられた週でした。



homepage:http://www.matsuosekkei.com

Blog:http://www.matsuo-sekkei.com/blog

mail:matsuo@matsuosekkei.com

「断熱・デザイン・自然素材のバランスを考える」

(有)松尾設計室一級建築士事務所 松尾和也(一級建築士・JIA登録建築家)

〒673-0018明石市西明石北町1丁目3-20 エルコーポ88ビル2F

TEL:078-928-4777

FAX:078-928-4838



得意分野

外断熱、木造、高断熱高気密、自然素材利用、シックハウス対策

上記の住宅



対応可能地域

兵庫県、大阪府と岡山県の一部地域



----------------------------

電子書籍はでじたる書房
別窓 | [お得な情報] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「福知山の別荘リフォーム」をアップしました。

「福知山の別荘リフォーム」をアップしました。詳しくは

http://www.matsuosekkei.com/araki.htm

をご覧下さい。知人のご両親のお宅で限りなく兵庫県に

近い京都の福知山にあります。山の中の別荘で

農道を通らないと現地にいけないとても空気と景色が

きれいなところです。



次は「播磨町の家」「朝来の家」を紹介しようと思っていますが

写真ができるまでにはまだしばらくかかりそうです。



----------------------------

電子書籍はでじたる書房
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

12/16土曜日で今月3棟目の棟上が終わりました。

12/16土曜日で今月3棟目の棟上が終わりました。

これで今年の上棟は打ち止めです。西宮にある住宅

なのですが、ロフトの上から見た海の方向の眺めは

なんともいえない気持ちよさがありました。

残念ながら御主人さまが海外出張中で当日の午前中に

帰ってきてなんとか間に合う予定だったのが、霧による

飛行延期のため間に合わず、あるじのいない上棟式と

なってしまいました。毎回上棟時に言えることなのですが

基礎を見ているときはお施主様は「私の家はこんなに小さいのね。」

というようなことをほぼ100%の方がおっしゃっています。

今回も例に漏れずそのパターンでしたが、案の定軸組みが

組みあがってみると「大きい!」の言葉がいただけました。

この言葉を聞くととりあえずほっとするのも同じく毎回同じ

パターンなのでした・・・。



----------------------------

電子書籍はでじたる書房
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

3年近くぶりサイトの基本内容を更新しました。

3年近くぶりサイトの基本内容を更新しました。新規物件やちょっとした変更は少しづつ行ってきましたが、基本的なコンセプトの部分である

「質の高い温熱環境」

http://www.matsuosekkei.com/2-1.htm



「外断熱と断熱性」

http://www.matsuosekkei.com/2-1A.htmを更新しました。

「野口の家」に始まり3年ほどが経過する中で熱環境工学及び現場からのフィードバック、新製品の発売等この3年の間だけでも本当にたくさんの変化がありました。また今日12/13に待ちに待った新商品が発売されたことも今日更新をするに至ったきっかけです。

その商品はダイキンのエアコン「うるるとさらら」の2007年バージョンです。詳しくは

http://www.daikin.co.jp/press/2006/061213/index.html

を見ていただければいいのですが、私が求めていた、「掃除機能」と「加湿機能」の両方を満たすエアコンがはじめて発売されたのです。これによって当社の推奨暖房方式は蓄熱暖房機からこのエアコンに変更することに決めました。これで輻射方式ではないという事以外はほぼ完璧な冷暖房器具が生まれたといっても過言ではないでしょう。今までローコスト住宅だからということで蓄熱暖房機をあきらめていた人にもエアコンであれば夏も使えますし、エアコンと蓄熱暖房機の2重投資にならないのでお勧めしやすくなりました。

 それと以前からブログなどではお伝えしていたのですが、当社では今断熱の方法として、湿式の外断熱工法とボード気密工法の2工法を標準工法として採用していますが、ボード気密工法はまだ始めてから半年ほどしかたっていないので、日常業務にかまけてホームページは2004年の作成当時以来更新しておりませんでした。

 しかし、活字の影響力は大きいもので、目の前で私がお客様に説明しても私のサイトに書いてある古い情報である「外断熱工法推奨」の呪縛から離れられない方がたくさんおり、少し困っているところでした。そこでおそばせながらではありますがサイトを更新するにいたったわけです。取り急ぎの更新ですので

それほど詳しい文章ではありませんが、興味がある方はご覧下さい。



homepage:http://www.matsuosekkei.com

Blog:http://www.matsuo-sekkei.com/blog

mail:matsuo@matsuosekkei.com

「断熱・デザイン・自然素材のバランスを考える」

(有)松尾設計室一級建築士事務所 松尾和也(一級建築士・JIA登録建築家)

〒673-0018明石市西明石北町1丁目3-20 エルコーポ88ビル2F

TEL:078-928-4777

FAX:078-928-4838



得意分野

外断熱、木造、高断熱高気密、自然素材利用、シックハウス対策

上記の住宅



対応可能地域

兵庫県、大阪府と岡山県の一部地域



----------------------------

電子書籍はでじたる書房
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

マンションのリフォームの打合がほぼ終了しました。

戸建のリフォームはよくやりますが、マンションのリフォームはあまりやっていませんでした。(新築のマンションはたくさんやりましたが・・・。)そんな中で既存のマンションのリフォーム(といいましても完全に中を解体してゼロから作り直すのである意味内装の新築といえるかもしれません。)戸建のリフォームの場合は全てが自分のものなので制約事項が少ないですが、マンションの場合は共用部分に関してはさわれない項目が多くまた、工事の期間中も上下左右に対してよりたくさんの配慮が必要なので気を使います。しかも古いマンションの場合は後から自分の部屋だけ外断熱に改修することはできないので、なんとか結露をましにするための方法も考えなければなりません。また梁があちこちに出っ張ってますし、配管ルートも限られます。「戸建住宅のリフォームの方がよほど楽だな」と改めて感じている今日この頃ですが、逆にその制約事項が難しいパズルを解くような面白さを感じさせてくれます。

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ホームページ更新しました・・・。

ホームページ更新しました・・・。ただかなり前の話なので気がひけますが、
ひとつは9月に完成見学会を行った尼崎の「囲凹庵」のページを作成しました。
写真はちょっと前にできていたのですが、業務多忙のため後回しになっていました。
詳しくはhttp://www.matsuosekkei.com/iouan.htmをご覧下さい。

もうひとつは今年四月ごろにアップしました「東播磨中央教会」ですが
あのとき、急遽新聞に載る事が決定し、ありあわせの写真でつくっただけの
ページで、そのまま更新しないままになっていました。これも完成版の
きれいな写真があるのでそれを新たに公開しました。
詳しくはhttp://www.matsuosekkei.com/harimakyoukai.htmをご覧下さい。

これでも実はまだアップできていないページが山ほどあります。
物件でいいますと「福知山の別荘リフォーム」
「播磨町の家」これはできるだけ早くアップしたいと考えています。

なお新たな住宅知識としまして

「エアコン+加湿器暖房のすすめ」とか
「充填断熱でもローコストできちんとした性能の出るボード気密工法」
「無理のない省エネ生活の仕方」

等まとめたい項目がたくさんあります。
というのも特に住宅知識的なところでいいますと、ベースは2004年に作成
したものばかりなのですが、技術の進歩等でもっとよいものがたくさんでてきているの
にホームページの更新が追いつかないために、熱心に当社ホームページを見られた
お客様が最新の方法よりもホームページに書いてある事の方がいいように思われる
方が多いからです。(活字の威力というものを痛切に感じています・・。)

今月は上棟が3棟あります。これも追ってご紹介していきたいと思います。






別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。