兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

突然2組の新規のお客様と会いました。

●下の3つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

 ←住まいと生活/不動産

突然2組の新規のお客様と会いました。
今日は午前中朝から事務所でデスクワークをしていると
突然電話があり、「新築を考えているのですが今日伺ってもよろしいでしょうか?」
とのこと。偶然今日は1日中打合の予定はなかったので了承し、13:00
からの打合となりました。さらにデスクワークをしているとまた電話が・・・。
「以前に一度だけお会いしたことのあるものですが、購入を
考えている土地があるので見てもらえないでしょうか?」
とのこと。既に13時から打合の予約が入っていたので
夕方からにしてもらい、17:00に現地にて待ち合わせということにしました。

最初のお施主様はご主人が27歳と今まで私が担当した中では
最年少のお施主様でした。まだ、これから土地を探すということでしたので
土地を探す時のポイント等をお伝えしました。

次に土地を見に行ったお客様はもう1年以上土地を探された後
に声をかけてくださいました。電磁波のこと、地盤のこと、虫の
こと・・・。考えうる全てのことに対して私に質問されました。
この敷地・・・、非常に変わった敷地です。道路から3m近く
あがったところに地盤があるのですがその高低差の部分に
車2台分の鉄筋コンクリート製の車庫があります。

さらに・・・。その地盤から1.5mほどあがったところにも
地盤があってそこから先数十メートルにわたって竹やぶが
あります。しかもその竹やぶは今回の売買対象に含まれています。
要するに「裏の細長く広い竹やぶ付きの土地」なんです。
今までいろんな分譲地を見てきましたが、これははじめての
パターンでした。お施主様は自分の中でほぼここと決めている
ようでしたが、最後にリスクがないのか?また私に背中を
押して欲しいような感じも見受けられました。私も特に
問題はないと思いましたし、なによりいい土地だったので
軽く背中を押してあげるようなアドバイスをさせていただきました。

という1日でしたが1日に飛び込みのお客様が二組も電話が
あり、その日のうちに二組ともあったというのは珍しい経験
でした。
スポンサーサイト
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

PCオーディオfanという雑誌にはまってしまいました。

●下の3つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

 ←住まいと生活/不動産

「PCオーディオfan」という雑誌にはまってしまいました。
見たい本があって本屋に立ち寄ったところ、思わぬ本を見つけてしまい
釘付けになってしまい、速攻で購入、今日は珍しく休みだったこともあり
穴が開くほど読んでしまいました。

それがこの「PCオーディオfan」という雑誌でした。
名前から想像するとネットラジオやipod等の最近の風潮の
雑誌かと思いきやそうではありません。

むしろCDを上回る「ハイレゾ」なる極めて高音質な
音源をダウンロードしハードディスクにため込んで
便利にしかも超高音質で使おうとしていることが趣旨になっています。

今までハイエンドなオーディオファイル(マニア)向けの雑誌
ipodを中心とした軽めの雑誌はいろいろあったんですが
両者を融合した今回のような雑誌は今までありませんでした。
現在まだ発刊後2冊目のようですが、今後年に2回の割合で
発行されていくようです。

早速アマゾンにて1冊目も注文しようとしたところ既に1冊目は
完売となっておりまた中古品でも1600円のものが最安でも
2500円でしか手に入りませんでした。それでももちろん購入
しましたが・・・。

今までもネットラジオは趣味でしたが、これから更に奥深く突き進んで
いけそうです。


別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

T皮膚科引渡し

●下の3つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

 ←住まいと生活/不動産

T皮膚科引渡し

今日はT皮膚科の引渡しでした。
独立する前には医院の設計をしたことがありました。
また昨年は歯医者も設計していました。

なので特段難しかったということはないのですが独立
して初めての医院設計だっただけに今日の完成及び
引渡しはうれしいものがありました。

T先生のお父様もお医者様でその病院は私の父が
設計しました。そして今回のT先生の病院は
私が設計しました。これもまた印象に残ることでした。

これでまた一つ現場が終わりましたが新たに始まったばかりの
現場が4つも重なっています。感慨にふけっている暇は
なさそうです。
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

夜空の下の屋外遊泳

●下の3つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

 ←住まいと生活/不動産

夜空の下の屋外遊泳
今日は最近ずっと考え続けていた某ビルのプランができたので
帰宅してから泳ぎに行きました。

つい先日の日曜日からだったかと思うのですが、会員になっている
ジムの屋外プールが解禁になりました。(もちろん温水です)

そのときも晴天の中本当に気持ちよく泳ぐことができたのですが
今日は夜空の下です。最高に気持ちよかったです。

ご存知のとおりまだまだ空気は冷たいです。しかしながら温水
プールの中は暖かいのです。しかしながら表面の1cm位は
少々冷たく、自分が泳ぐことで温水を均一化しているような感じでした。

これから半年ほどの間ですが、またジムのプール通いが増えそうです。
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

T皮ふ科。急遽写真撮影

●下の3つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

 ←住まいと生活/不動産

T皮ふ科。急遽写真撮影
本当は明日だった写真撮影が急遽今日になりました。
理由はふたつ。明日雨だから。そして明日完成予定だった
植栽が今日入ったから。というものでした。

今朝カメラマンのIさんに急なお願いでなんとかならないか?
と相談したところ快諾してくださったので実現した次第です。

全体が完成し本当にいい感じのクリニックになりました。
明姫幹線の下り方向沿いなので非常に目立つ場所です。

また写真をアップしたいと思います。乞うご期待!
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

また今までにない形状の住宅がスタートします。

●下の3つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

 ←住まいと生活/不動産

また今までにない形状の住宅がスタートします。

今日は朝から姫路のN邸の契約を行いました。昨日の上棟に続いて
イベント続きです。

この家は道路に対する間口が細長いいわゆる「うなぎの寝床」的な
形状の敷地です。しかもその正面が完璧に南西に向いているという
少々特異な条件の敷地です。

私は太陽に素直に設計することで冬暖かく夏涼しい家を実現しようと
します。ということは今回の敷地においてそうしようとすると
必然的に今までにはない形状にする必要があるわけです。

ということで本当に今まで私が設計したどの物件とも似ていない
形状の住宅がスタートします。昨日の物件がほぼ完璧な南東向きで
これまた面白い空間となったのですが、今日の建物も負けず劣らず
面白い空間になりそうです。

またこれから非常に楽しみです。
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

とても楽しい空間構造のY邸上棟式

●下の3つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

 ←住まいと生活/不動産

とても楽しい空間構造のY邸上棟式
今日は西神南ニュータウンのY邸の上棟式でした。
Y邸は面積はさほど大きくないのですが空間が非常に面白いのです。

リビングの全面吹抜は2方向に屋根が流れており、また屋根の高さは
1.7階程度といつもよくやる吹抜より少し低くなっています。また
その吹抜に面する主寝室もスキップフロアで2階よりも少し低くなっています。

さらに南が45度程度振っている上に北側から極めて厳しい斜線規制が
あるので北西と北東の両方向の屋根が低めに設定されています。

というようなことが重なりあっていたので、非常に複雑な構造となっています。
それがこの住宅の面白みとなって骨組みの中に入っただけで空間の面白さが
伝わってきます。

これからが楽しみな住宅です。
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

改次世代基準と住宅ラベリング制度

●下の3つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

 ←住まいと生活/不動産

改次世代基準と住宅ラベリング制度
今日は朝一の飛行機で東京から帰ると直接事務所に向かいました。
神戸空港は駐車代が24時間まで無料でその後も1日千円なので
非常に便利です。

丸2日近く事務所を空けていたので膨大な量のメール、書類との格闘
でしたがなんとかそれを終わらせることができました。

今日は昨日の省エネ建築診断士の合間に受けていた新建ハウジングという
業界新聞の取材の中で初めて存在を知った、環境省作成の
「地球温暖化対策に係る中長期ロードマップ(概要)」という
ものを紹介したいと思います。なお、この内容は環境省の
ホームページからダウンロードできます。
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/domestic.html#a04-3
上記のホームページの中の中くらいの段にある
「地球温暖化対策に係る中長期ロードマップの提案~環境大臣 小沢鋭仁 試案~(平成22年3月31日 発表)
<本体> という部分をクリックしてみてください。

他では見たことがないような相当詳しい今後の建築関連の省エネ対策が盛り込まれています。

その中でも注目すべき点をいくつかピックアップしてみたいと思います。
・2010年ごろから住宅ラベリング制度なるものを開始
 これはおそらくEU諸国がやっている建物の省エネレベル別の格付けのことかと思われます。
 これを2013年ごろには新築住宅に義務付け。2015年には既存賃貸住宅流通時表示義務付け。
 更には既存住宅売買時表示義務付けとなっています。これが実現されるには昨日我々が実施した
 省エネ建築診断士のようなきちんと省エネが判断できる人間を育てる必要があります。しかも
 大量に

・2012年を目安に改次世代省エネ基準というものができるかもしれないようです。
 それと同時にゼロエミ基準(創エネルギー必須化)とも書いてあります。

・ライフサイクルカーボンマイナス

・木材利用の推進

・住宅トップランナー制度の拡大・強化

・2012年ごろを目安に省エネ基準(次世代の前の分)を新築時義務化

・2020年をメドに次世代省エネ基準もしくは改次世代省エネ基準の義務化

・2020年で次世代省エネ基準の比率を70%、改次世代省エネ基準の比率を30%にしたい。
 (現状では次世代省エネ基準ですら40%程度だといわれています)

・効果の見える化を促進するため省エネナビ等の設置普及

以下住宅以外の建築物全般に関して

・住宅以外の建築物に関しては建築物環境性能ラベリング制度というのを導入する
 住宅同様2013年を目安に新築建築物表示義務化、テナント契約時表示義務付、既存建築物流通時
 表示義務付という順で進めていく

・建築物トップランナー制度というものを2011年を目安に創設

・2013年を目安に省エネ基準、もしくは改省エネ基準の新築時義務化

等々です。
これだけ大きな変革をこの短い期間で実行するとなると前代未聞の超スピード改革
実行となります。内容的にはまだまだEUには劣りますが、-6%すら達成できず
逆に増加させていたことを考えると、-25%を約束しただけにそれなりにやる気が
感じられる案にはなっています。

このロードマップは住宅・建築に限らず全分野に渡って発表されています。
発表されたのは2010年3月31日だったようですが、それほど大きく
マスコミ全般で取り上げられていないように思います。この案が口先だけに
ならないように皆がじっと見つめていく必要があります。


別窓 | 環境(CO2)関連 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「省エネ建築診断士」講習と試験が大盛況のうちに終わりました。

●下の3つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

 ←住まいと生活/不動産

「省エネ建築診断士」講習と試験が大盛況のうちに終わりました。
昨日はパッシブハウスジャパン主催の「省エネ建築診断士」の第一回目の講習と
試験を行いました。

とにかく早くスタートさせたいという思いから。準備期間が相当に短い中での
実施となりました。昨日は10時から17時までみっちりのタイトスケジュール
でしたが、講師である私は前日の夕方から入っていろいろと下準備を行っていました。

講習時間4時間、試験時間75分という限られた時間の中で「有用な知識を正確に
伝えるのか」非常に難しくもありながらやりがいのある仕事でした。今回は第一回目
ということで集まったのは全国でも省エネや熱環境に自信のある方が多く会場は
熱気にあふれていました。50名近い参加者でしたが、南は鹿児島、北は網走から
沖縄以外は日本全域から受験しに来られていました。しかも出席率は100%!!

講義中寝る人がいないのはもちろんのこと、休み時間中も皆さんこつこつと
計算問題の練習をされるという集中ぶりでした。

試験が終わると、またとないチャンスなので懇親会を行いました。
当然ながら全員は参加できませんでしたが、非常に多くの方が参加され
これまた熱い話で盛り上がりました。しかしながら講義及び、試験の密度が
かなり濃かったため皆さん相当に疲れた様子でもありました。

それに加えてほとんどの方は「講義は本当に分かりやすく、中身も濃かったが
試験はかなり難しく、時間も厳しかった」とおっしゃっていました。
それと同時に「おれ落ちたー・・・」「年齢のハンデをつけて下さいね」
と合否を気にされる方がたくさんいらっしゃったのも印象的でした。

パッシブハウスジャパンの代表理事である森さんの本を読み、その内容に
共感を持って集まった方がほとんどだと思います。その中には現状で
省エネ建築の強者といえるような人も多かったですが、逆に今はそこまで
のノウハウはないが、これからそうなっていきたいと思われる方もおられました。

ただ、皆さんに共通しているのは、「公的なエネルギー評価がはっきりしないために
一般消費者が正確な評価ができない」もしくは「次世代省エネ基準、もしくはトップ
ランナー基準以上の住宅を作っても公的な評価が同じであれば、それ以上のものを
作ろうと思う人はほとんどいない」ということが大きな問題であるという認識でした。

ドイツのパッシブハウス研究所も民間のいち研究所がはじめた制度です。
その内容が客観的で分かりやすいということが評価され、ドイツの基準、さらには
EU全域での基準になろうとしています。

日本においても微力ではありますが、我々有志が集まって少しづつ客観的な評価制度の
確立ができていくようになろうと思っています。昨日がそのスタートだったと思います。

それにしても、初めて会う方ばかりだったのですが、同じ方向性を向いて努力する
人たちというのは一瞬で意気投合するものですね。懇親会ではそれぞれが長年の親友で
あるかのように盛り上がったのも本当に素晴らしい経験でした。




別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

長期優良住宅120万の補助金の申請状況

●下の3つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

 ←住まいと生活/不動産

長期優良住宅120万の補助金の申請状況
今家を建てられようとしている方はこの120万が気になっている方が多いと
思います。(地域産木材を使用しない場合は100万です)。
4月上旬から申し込みが始まって、10月上旬もしくは2000棟20億の予算を
使い切るいずれか早い方でおしまいの制度です。

当社がつい先日提出したY邸が昨日無事に補助金をもらうことを確定する
通知をいただきました。まずは一安心です。

そこで伺った情報によると、現状では1日20件ペースで合格通知が出ている
そうです。このペースで行くと、単純計算では100日で終わることと
なり7月下旬には補助金が尽きてしまうことになります。

しかしながら、私の予想ですが、これより早く終わりそうな気がするのです。
今回のY邸はたまたま長期優良を取っていて時期もドンピシャだったものを
出したから今この時期に合格通知をいただくことができました。こんな例は
他社でもまれだと思います。これからは狙い澄ましてこの制度を利用してくる
方が増えることが予想されます。

そのペースがどの程度になるのかは全く予想がつきませんが、今よりもペースが
上がるであろうことは間違いないかと思います。となると最初に述べた7月
下旬までは持たない可能性が高い・・・。そういうことになります。
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。