兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

「そして誰もいなくなった」とならないために・・・

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

「そして誰もいなくなった」とならないために・・・

昨日の続きです。

私が好きな政治家に西宮市議の今村岳司さんがいます。
彼の例えは超わかりやすく組織票を高校サッカー部を使って説明します。

ある高校の生徒会は14人中10人がサッカー部となりました。
極論すれば、運動場を使うのはサッカー部だけ、美人マネージャーも
独占、更衣室から制度までなにからなにまでサッカー部だけが都合の
いいように変えていきます。

しかし、そのことに対して他の生徒は「どうせ変わらないから」
と、投票に参加せず次の年になってもその体制は変わりません。
逆にサッカー部員はこのときばかりはと必死に選挙活動を行います。

この栄華は数年は持続するでしょう。しかしながら、こんな状況が
数年続くと、学校がすさんできます。当のサッカー部に協力な選手も
来なくなるばかりか、学校自体の倍率も下がり、人気校ではなくなって
いきます。

これと同じようなことが築30年を超えるマンションで起こってきています。
今までマンションの改修等を行うには所有者の4/5以上の同意が必要だったこと、
そして不況が重なったことで、マンションをきれいに保ちたいと思う人よりも
改修にお金を出したくないという20%ちょっとの意見が勝ってしまいます。

その結果、そのマンションはどんどん荒廃が進みます。お金に余裕がある人は
そんなマンションは捨てて出ていってしまいます。その結果荒廃はさらに進み
最終的に、残った居住者もいなくなった後はスラムとなります。まさかと思うかも
しれませんが、すでにこういうマンションが全国各地で出てきています。それどころか
これからますます出てくるようになると言われています。

政府はこの問題に当然気づいているので議決権を3/4に引き下げたり、マンション管理士
という資格を作ってこういった問題の解決に動いてはいます。

これらの問題に共通するのは、経済的に余裕がある人はどうにでも対処できるということ、
逆に余裕のない人はそこにしがみつくことしかできないということです。
しかしながら、皮肉なことに、この余裕のない人ほど投票率が低いという現実があります。

皆の最大利益を考えて、政策改善が行われている国(シンガポールもその一例)
では、人(会社)、物、金がどんどん世界中からやってきます。
シンガポール人は冗談ながらに「この国は空気以外すべて輸入しています」
といいます。

この逆を行っているのが日本のように思えてなりません。円高、法人税高
規制の塊、厳しい雇用規制等からどんどん企業が国外に流出しています。
企業が流出していけば、当然雇用も減っていきます。

また、これだけ文化遺産があり、食事も美味しい国であるにも関わらず、
空港の便の悪さ、高い飛行場代、進まぬ観光政策なども相まって、海外からの
人口あたりの観光客はシンガポールの1/15くらいしかいないと思います。

シンガポールや東京を見れば分かりますが、本当に元気があります。
それは人や企業が集まっているからです。こんなことは世界中の主要都市において
当たり前のことですし、歴史を振り返れば織田信長の楽市楽座から実証されている
ことです。

選挙に行かないという無関心な人がこれ以上増えることは
「そして誰もいなくなった」という結果につながるであろうことを肝に
命じておかなければならないと思います。


スポンサーサイト
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

選挙に行く事の重要性を教えてもらったことがありますか?

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

選挙に行く事の重要性を教えてもらったことがありますか?

残念ならが飯田さんが知事選挙負けてしまいました。このことを
ブログで書く気にはなりませんでしたが、それよりなにより相変わらず
意思表示をする人=すなわち投票に行く人が少なかったことが本当に
残念でした。

今回知事となられる山本氏は25.2万票、時点の飯田さんは18.5万票と
たった6.7万票しか差がなかったわけです。もちろん6.7万票というのは
すごい票数ですが、内容が違います。

山本氏の25万票はいわゆる組織票がほとんどであるのに対し、なんのしがらみも
ない飯田さんの18万票は投票した人の自由意志によるものがほとんどだと思われます。

今回の投票率は45%だったそうですが、逆に考えると既成の団体が精一杯
頑張っても25万票しか取れないわけです。(山口の場合)
あと10%自由意志で投票する人が増えれば結果はおそらく逆転していたことと
思います。

そのことを一番良く知っているのが当の政治家の方々だと思います。ですからごく一部の
ほんものの政治家を覗いて「とにかく投票にいきましょう!」的なことをいうことは
ありません。そうやって不特定多数の人が動いて困るのは当の本人だからです。

いうまでもありませんが、選挙というのは一人に一票しか与えられない権利です。
たとえば、家族で小遣いの額や、掃除当番、門限を決める権限が平等に与えられていた
とします。この権利を法規する人がいるでしょうか?

もう少し単位を大きくして、学校のクラスで自分の利害が関係することがらで
多数決を取る際にそれを放棄する人がいるでしょうか?

人数が多くなればなるほど、この意識が薄まっていくことは間違いありません。
そして、ある程度普段から世の中の動きに目を配っていなければ良し悪しの
判断もできないと思います。それよりなにより「胡散臭い」としかみることが
できない。「どうせ誰がやっても一緒やろ」という開き直りもある人も多いと
思います。でもそう思わせるような政治家しか出てこないのはそういう言い訳を
して選挙に行かない人が生み出していることに気づかなければならないと思います。

「ちゃんとしていなければ、ひっくり返される」そういう緊張感が漂っている状況で
あれば、必然的に政治家もちゃんとせざるをえません。でもって、考えぬいても適切な
候補者がいないのであれば、白票を投じに行くべきです。投票率90%、うち
白票70%なんてことになれば、政治家もそのままではおられないことに気づかざるを
得ません。

民主主義や選挙というものは、度重なる戦争を経て、近代国家がようやく手に入れた
超がつく重要な権利です。未だにこういった権利がない国がたくさんありますが、そういった
国に生まれなくて良かったと本当に自分は幸運だと思います。

日本の義務教育においては、選挙権は何歳から、被選挙権は何歳から、衆議院は
何人で、参議院は何人・・・。ということは暗記させられます。

しかしながら、なぜ選挙に行かなければならないのか?どういう壮絶な経緯を経て
民主主義ができてきたのか?投票にいくことはどれほど重要なことなのか?
こういったことを先生が熱を入れて教えてくれたことがあるでしょうか?
少なくとも私には記憶がありません。

人によっては、「そもそも日本の教員が既得権益に守られている側であるがゆえに
その旨味を自ら薄めるような教育は決してするわけがない」という方もいます。
そうであれば大問題ですが、そうでないのであれば、小中学校のうちに、このことは
きちんと教えておくべきです。

私の祖父母は90歳を過ぎています。戦争を経験した世代です。
90を過ぎても毎日新聞を読み、世の中をよく見ています。
また、どんなに足腰が悪くなっても、体調が悪くなっても選挙には
杖をついてでも、娘の手を借りてでもいこうとします。
これは私の祖父母だけでなく、高齢の方に共通する美徳ではないかと
思います。

であるが故に高齢者に限っては投票率は極めて高く、良いか悪いかは
別として、高齢者が金銭的に有利になり、若者が負担する制度が通り
やすくなります。これも投票にいかない多くの若者自らが招いた結果であると
思います。

これに加えて5倍にもなる田舎優遇の一票の格差・・・。もともと
田舎には高齢者が多いので、この国の政策が未来へ向かないのは
この2つによるところが超大きいと思います。一票の格差に関しては
下記のサイトが詳しいのでぜひ読んでみて欲しいと思います。
http://www.ippyo.org/

せっかく、素晴らしい人が出ても選ばれないなら意味がない。今回のような
結果が出るたびにそう思わずにはいられません。



別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

萩野公介の銅メダルは陸上なら短距離のメダルに相当すると思う。

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

萩野公介の銅メダルは陸上なら短距離のメダルに相当すると思う。

今日は午前中に一本打合せをして、帰宅すると京都から姪っ子たちが海水浴を
しに来ていました。

娘を含めて女の子3人を連れて海に繰り出しました。不思議なことに昨日は
あれほどうようよいたクラゲが一匹しかおらず、魚だけはたくさんいて絶好の
コンディションでした。いやあ、この2日間で完全にリフレッシュできました。

話は変わりますが、400m個人メドレーの萩野公介の銅メダルは驚愕しました。
今も水泳を続けているものからすると、200mの個人メドレーでも反吐が
出そうなくらい苦しい種目です。しかもそれが400です。想像すらできない
世界です。

今までこの分野でメダルを取ったことがある人はいないようですが、それもそのはずです。
この分野で強かったのは、フェルペスやロクテのような陸上でいうならウサイン・ボルト
のようなスーパースターの独壇場だったからです。

そんな、全種目入り交じるこの種目で銅をとった割りにはマスコミの騒ぎ方が
小さいように思います。メダルの価値に上下はないと言う方もいるかもしれませんが
この銅はやはり本当に凄い結果だと思います。
水泳界には北島康介という奇しくも同じ名前のスーパースターがいますが
次のスーパースターは萩野で決まりだという気がしています。
最近の男子学生さんは全体的におとなしい子が多いですが、まだまだ捨てたもんでは
ないですね。

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

オリンピック開会とフィッシュウォッチング

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

オリンピック開会とフィッシュウォッチング

今日は久々に完全休みをとりました。
まずは朝起きたら早朝から録画していたオリンピックの開会式を
娘と一緒に鑑賞。私は何度か前のオリンピックから開会式は
早送りすることもありますが、一応最初から最後まで見る習慣が
あります。世界中、どこをどう探してもこれだけの人数、予算、
国家の威信、様々ない人種の集合を見ることができるショーはない

今回も人間のもつ躍動をこれでもかというほど感じることができ、
久々にテレビで鳥肌が立ちました。ベタな表現ですが「生きてるって
素晴らしい」と思える内容でした。また、分野は違いますが、同じ
ものを作る人間として、今回のイベントを作った人々のセンスと努力を
痛いほど感じました。

娘はまだ4歳スポーツがあることをしりません。
また、人間がどこまでいろんなことができるのかも知りません。
今回のオリンピックを通してほんの2週間ほどではありますが
随分といろんな刺激を受けるんではないかと思います。ですので
できるだけ一緒にいろいろ見せてあげようと思っています。

昼からは家の前のビーチに泳ぎ
にいきました。今年は忙しくて休みが
とれていないので、今日で2回目でした。去年ならこの時点で6,7回は入って
いたと思います。しかしながら、抜群にいい天気の中で綺麗な砂浜で
自分と娘しかいないビーチというのは本当に贅沢な時間でした。

娘は慎重な正確なので、30分ほどですぐに「おうちかえる」と言い出しましたが
一旦娘は家にかえして、私だけもう一度もどりました。まだ、かろうじて7月ですが
今年はくらげが、滅茶苦茶多い!!今日泳いでいる間にも2種類、10匹ちょっと発見しました。
しかもほとんどのくらげが直径20cmほどの大物ばかり・・・。

魚を鑑賞するのが趣味なので魚がいるスポットのクラゲは落ちていた木の棒で3匹ほど陸に
上げて安心して魚を見ることができました。今日はちょっと欲張って、砂浜から少し
離れた、テトラポッドがあるところまでいってみました。朝方なら、釣り人が竿を
垂らしているゾーンです。生まれてはじめて、釣り場を下から見上げてみました。

やはり、釣り場は大きな魚が多いのですが、小魚に比べるとその数はかなり少ないです。
しかも、滅茶苦茶早い!!あれを釣るのはホントに難しいだろうなと思いました。
今日はクラゲも当たり日でしたが、小魚も当たり日でした。目の前に300匹近くの
小魚が泳ぐ姿は何度見ても飽きません。目の前にこの光景が広がるのを見るのが楽しみで
この趣味はやめられません。普段の忙しい毎日をリセットしてくれる素晴らしい瞬間です。
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

2033年 地図で読む未来世界

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

2033年 地図で読む未来世界

2ヶ月ほど前に読んだ本ですが、知らないこともたくさんあり
またグラフィックとしても大変美しい名著です。オススメしようと
思いながら日々いろいろ書くことがあり、紹介が遅れました。

本当にたくさんのデータが超美しい、独自のグラフで書かれているので
それだけでも見応えがあります。

そんな中で特に気になったところだけをピックアップしてみます。
・2040年にはアメリカの白人比率は50%を下回る。

・19世紀半ばには世界人口の90%が農村に暮らしていたが
 現在は約半分、2033年には50億人に達すると思われる。

・世界中の土壌の劣化が進む
 特にサハラ以南の国々では2025年までに耕作可能地の2/3が
 不毛になる見込み

・水力発電は火力発電の4倍、原発の1.8倍もの水を無駄に消費する

・現状で水不足である地域はさらに不足がすすむ

・農地と牧草地が増え、森林が減っていく

・将来的には国民ひとり当たりの年間飛行距離を制限する
 個人飛行距離計測システムが導入されるかもしれない

等々でした。

今まで読んできた
ジャレド・ダイアモンド博士の「文明崩壊」
デイビッド・モントゴメリー博士の「土の文明史」
とも全く違わない内容でした。

これら全ての著者は人並み外れた幅広い知識と見識を持ち、
その上で世界中を実地調査し、その上で内容を書かれています。

本はそれぞれ異なりますが、結果的に地球環境は人間が生きていく上で
何よりも重要な資本であることがなんの疑いもなくなってきます。

エネルギーもGDPも安全保障も重要なのは重々承知です。
しかし、人が生きていく上で最も重要なもの、それは水と
食料です。食料は土がなければどうにもなりません。

後先逆になりますが、土のことを知りたければ「土の文明史」
は必読の内容です。

最後になりますがこの本の表紙には
「いま行動すれば、未来はまだ変えられる」
とあります。ほんとそのとおりですね。



別窓 | 環境(CO2)関連 | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨

ちょっとした住宅・ビルの省エネ化だけで原発7基分削減可能!

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです

ちょっとした住宅・ビルの省エネ化だけで原発7基分削減可能!

2009年に行われた総合資源エネルギー調査会の試算に
「2030主要施策のCO2削減効果」
というものがあります。

これにはいろんな項目があるのですが、効果が高いものから順に(左削減効果、右費用)

住宅・ビルの省エネ化 3800万トン 8兆円
次世代自動車燃費向上 2100万トン 12兆円
省エネ家電      1700万トン 7兆円
IT機器の省エネ    1500万トン 4兆円
高効率給湯器      900万トン 5兆円
製鉄革新技術      500万トン 1兆円
化学工業革新技術    400万トン 1兆円

原子力新増設9基   5000万トン 5兆円以上

とあります。

CO2削減というと、自動車や電化製品などのハイテクばかりに目が
行きがちですが、実際には建築部門の省エネ化が圧倒的に削減効果が
高く、かつ圧倒的に対策費用も安いのが見て分かると思います。

ここでさらに注意が必要です。
一般に、住宅、ビルの省エネ化というと高効率エアコンや、LED照明灯が
真っ先に浮かぶと思います。

しかし、この試算で考えられているのは
「新築の8~9割が次世代省エネ基準程度を満たす」というのが条件となっています。

ご承知のように次世代省エネ基準とは平成11年基準であり今となっては前世代省エネ
基準です。そしてこのレベルでは駄目だといつも言っている基準です。

ちなみに2012年現在新築においてはビル等で90%、住宅で55%程度は
すでに達成していると言われています。

そう考えると、2030年に8~9割などすでに実現できたも同然です。
EUではこの次世代基準より3倍ほど厳しい基準が2015年に義務化されます。
しかも、既存建築物も20年から30年かけてすべて省エネ改修していく予定です。

日本では現在新築着工戸数が70~80万戸、既存住宅が5700万と言われています。
この新築分の8~9割だけの改善でも上記の試算からすると原発7基分に相当するわけです。

今現在日本の原発は54基、同時に動いているのは35基くらいのことが多いので
35÷7=5倍

すなわち、80万戸×5倍=400万戸くらいの住宅の省エネ改修をやれば
全原発分のCO2削減分に相当することになります。

CO2削減と必要電力量は異なります。しかし、先日ご紹介したように
全ての建築物の省エネ改修をやれば、原発を利用せずにCO2削減、
及び、雇用の増大、及びエネルギーの安全保障、貧しい日本の住宅
の住環境の改善、それによる健康状態の改善、ヒートショックによる
死亡者の削減等がすべて同時に実現できることは分かります。

これほど明快なのにこの国の政治家及び、官僚の方は取り組もうとしません。
先日友人が政治家や官僚の方にアドバイスをするような人から
「この事実は官僚の方すらほとんど知らない」
と言っているのを聴いたそうです。

あれだけの高学歴な人たちがあれだけ人数が集まって、しかもドイツに
その前例までありながらなぜ気づかないのか?ダークエネルギーの正体が
わからないのと同レベルの謎です。

なお、原発比率を決定するのに重要な時期です。少しでも多くの方に
知っていただきたいことなので拡散希望です!
ご協力よろしくお願いします。














別窓 | 環境(CO2)関連 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

本当に暑い街ランキング!!

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

本当に暑い街ランキング!!

最近本当に暑いですね。
私は最近日本全国ウロウロしているので都市間の温度の差を感じる
ことも多いですし、各地皆さん「どこどこが暑い!」という話には
事欠きません。

そこで・・・。

本当に暑い街はどこなんだろうかと調べてみました。
出典は理科年表。

1年だけ抽出してもしかたないので
1971年から2000年までの30年間の8月の平均気温で
対決です。

まずは第7位
福岡・長崎・・・・27.6℃



次に第6位
熊本・・・・・・・27.7℃



第5位
京都・和歌山・・・27.8℃



第4位
岡山・広島・・・・27.9℃


第3位
神戸・・・・・・・28.0℃


第2位
鹿児島・那覇・・・28.2℃


そして栄えある第一位は
やっぱりですが我らが大阪です!!
どうどうの28.4℃!!

2位の鹿児島と那覇は完全に南国なのでまさに
ぶっちぎりの暑さです。しかも冬はそれなりに寒いわけです。
今の大阪は過酷な街のようです。

しかし、改めて正確に調べてみると瀬戸内は暑いということがよく分かりました。


別窓 | 環境(CO2)関連 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

LIXIL京都講演終了&家具メーカー社長さんと食事会

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

LIXIL京都講演終了&家具メーカー社長さんと食事会

今日は朝ちょっとだけ事務所によったあと、すぐに京都へ出発
LIXILの京都支店から講演を頼まれていたので講演してきました。
今日は工務店さん50社ほど、LIXILの社員さん20名ほどが対象
でした。

LIXILさんからの講演は東京、大阪、北関東に引き続き今日で
4箇所めでしたが、これで一旦終了です。今日、新たに数カ所
講演の依頼を受けたのと、この連続講演の中で比較的大手の企業
さんから、社員向けの講演も依頼されているのでまた、講演の
数珠つなぎが続きそうです。

今日はLIXILでも省エネ住宅部門のトップであるO部長も来られており
いろんな話ができました。私自身いろいろと学ぶことがあったので
非常に有意義でした。

講演が終わると17時ごろでしたが、そこから大阪に移動。
以前当社の事務所にオープンデスクで来ていたY君のお父様が
家具メーカーを経営されているのですが、ひょんなことから
食事をすることになりました。100人規模の会社の社長さんですが
偉ぶることもなく、私のような若輩者に気さくに接していただきました。
家具の話、子育ての話、建築の話、原発の話、政治の話、ドイツの話と
話題がつきることなく、あっという間に11時になっていました。

またひとついい出会いができたと思います。やはり人の縁というものは
本当に大事なものですね。



別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

知らぬ間にマスコミとネットで紹介されていました。

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

知らぬ間にマスコミとネットで紹介されていました。

今朝、知り合いの建材メーカーの方から電話があり
「松尾さん、〇〇誌に東京モデルハウスのホームページが
出てましたよ!」とのこと。

前から、プレスリリースするとは聞いていましたが、いつ
どんなものをということを全く聞いていなかったのでちょっとだけ
驚きました。

それが下記のページです。
http://www.saysinter.com/bunjou/tateishi/index.html

当社が作ったパースではなく、パースがちょっと残念なところは
さておき東京でこのような機会がいただけたのはなによりです。
実物の方がはるかにいい出来になると思います。

できた際には短い間になるとは思いますが、一般公開される予定だそうです。
またその時にはブログ等で公開すると思います。まだまだ現場の最中ですが
お楽しみに!

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

3件の打合せ+見学会が終わりました!

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

3件の打合せ+見学会が終わりました!

金曜の夜遅くに帰ってからバタバタだったのでブログを更新する暇も
ありませんでした。

土曜の朝から夕方の6時までに3件の打合せ、さすがにハードでした。
いつもならそのあとで、メールやたまった書類を片付けてから帰るのですが
さすがにそのまま家に帰りました。夜はゆっくりと眠ったおかげで
今日の朝には気分爽快、元気復活でした。

10時から高砂で見学会を行いましたが、岡山から2組、福岡から1組
鳥取からも1組と遠方からの方も多く、途切れることなくたくさんの方に来ていただき
ました。

今日は、当社で初めて小屋裏エアコンの夏の効果を体感していただける日でした。
私も、長時間体感するのは初めてでしたが、2階がエアコン1台で床、壁、天井
すべて27度で、0.5度以内の差で納まっていました。(外気温32度~33度)

もちろんこれは設定温度を下げれば、もっと涼しくすることも可能です。
今日、OBのお客様もこられましたが、「うっかり、つけっぱなしで一晩寝てしまった
日もありましたが、一般の冷房運転のように体がだるくなることもなくておどろきました」
と語っていました。それと同時に
「6月の光熱費ですが、主人はちょっと暑いとすぐにエアコンをつけてしまうにも関わらず
 7000円代(オール電化、太陽光なし、5人家族)だったのにおどろきました。」
ともおっしゃっていました。

床下暖房も、件数と体験、実測を重ねるごとに効果を高めてきました。
今回の見学会を通じて小屋裏エアコンの威力と、更なる改良点をみつけました。
これからさらに進化させていきたいと思います。



別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | NEXT