兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

意外と知られていないエアコンの冷温風の温度と風量

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

意外と知られていないエアコンの冷温風の温度と風量

今日も一軒契約しました。問い合わせがあってお会いしてみると
娘のお友達のご自宅・・・。世の中せまいです。

今日は意外と知られていない家庭用の壁掛けエアコンの
特性について書いてみようと思います。

エアコンと言えば、帖数やCOP,APFにばかり目が行きがちです。

しかし・・・・。

エアコンからの冷房時の空気の温度は何度ですか?

同じく暖房時の空気の温度は何度ですか?

と聞かれて答えられるでしょうか?

また、エアコンの風量ってどれくらいなんでしょう?

これらのことって結構基本的なことのように思いますがカタログを隅から隅まで
見ても載っていないと思います。

だいたいのところでいうと、
冷房時の風量は300~500㎥/h16℃~12℃くらい

暖房時は400~600㎥/h 41℃~45℃くらい

といった感じです。
それに比べると、一種換気で各部屋に入ってくる空気の量は30㎥/h
程度です。そう考えると、各部屋の個別空調の風量がいかに大きなもので
あるか、そして冷房病というものがどうして存在するのかが分かっていただき
やすいかと思います。

ちなみに石油ファンヒーターの温風は吹き出し口で120℃~140℃
くらいもあるそうです。
性能の悪い家で重宝されるのはこの、極めて高い温度と低い吹き出し口が
効いているということです。

いくらエアコンの効率が良くても40℃ちょっとで上方についているエアコンでは
暖かくなどなるはずがないということでもあります。

あと面白いのが、同じエアコンでも涼しさを必要とする冷房の方が
風量が多そうなものの、それよりも暖房のほうが風量が多いということです。

これは無理やり温風を下に吹き付けるために強烈に下向きに吹き出している
ことが原因かと思います。

そう考えると、エアコンを暖房として使う場合に、この強烈な温風の影響を
受けにくくしようとすると、当社のように床置エアコンを利用するのは理に
叶っていると思われます。




スポンサーサイト
別窓 | [熱環境] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ハードを売っている人は本当に大変だと思う今日このごろ

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

ハードを売っている人は本当に大変だと思う今日このごろ

事務所のパソコンの1台がウイルスにやられたついでに新しい
のを1台買いました。

そんなに古くないのですが、ウインドウズのリカバリがあまりにも
面倒なことと、自宅で使っているパソコンが調子が悪くなっていることから
ウイルスにやられたパソコン(ハードは良いがソフトが悪い)に
自宅のパソコン(ソフトは良いがハードが悪い)のデータをコピーすることに
しました。これでリカバリ同様にウイルスの存在は完全に消えるそうです。

今回は最近はお気に入りとなっているLENOVOのデスクトップ(ミニタワー)を
購入しました。CPUもそれなりに良く、メモリは4G、デュアルモニタに対応
できるようにビデオカードを増設しましたが、それでも4万を切って入手できます。

それに比べてウイルスソフトなんかは1年で大体2500円から5000円程度します。
テレビの値段もそうですが、ちょっと前に購入したソニーのブラビア40インチ3D対応
の新品モニターが4万ちょっとで変えたりします。一昔前なら絶対に考えられませんでした。

ハードの価格がそんなに下がっていないのは車ぐらいでしょうか?

いい物が安く買える今の時代は非常にありがたいのですが、こんな状態では
ハードを作ろうとする人や会社は少なくなるんだろうなと思ってしまいます。
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

パッシブハウスジャパンミーティングin大阪

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

パッシブハウスジャパンミーティングin大阪
水曜日は朝から大阪府堺市にてS邸の土地の確認およびプランヒアリングを行いました。
S様ご自身既にかなり個性的かつ具体的な要望がまとまっていたこともあり、いつもとは
違う感じのヒアリングとなりました。前に進んでいくこれまた今までとは全く
違うパターンの住宅ができると思います。

それが終わると新大阪に移動。パッシブハウスジャパンで建もの燃費ナビの開発に携わっている
中枢メンバーが集まっての会議を久々に行いました。
今までマイナーチェンジは何度も行って来ましたが、ここに来てフルモデルチェンジと
いって差し支えないほどの大きな変革があります。またそれに伴ってこのソフトを
中心とした新戦略を考えています。

省エネ計算は省略化ばかりが注目されがちです。しかし、最も小規模な建築物である
住宅ですら、今建てるものは最低でも30年、常識的に考えると50年以上は使われる
はずです。そんな長期間残り続けるものを建築実務者の手間削減や審査期間の手間削減を
中心に制度設計がなされることはどう考えてもおかしいです。

ということで、我々は自分たちが正しいと思う手法を広めていくことを考えています。
少しでも多くの人にこの方法を知っていただけるよう、今から数ヶ月いろいろと動いて
いきたいと思います。

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

次の省エネ基準の詳細が分かるサイト

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

まずは、つい最近お引き渡しした住宅の写真をアップしました。
当社の過去の住宅の中で最もローコスト住宅です。
とはいえ、断熱や構造等は長期優良住宅をはるかに上回る
仕様であることはいつもどおりです。

http://www.facebook.com/media/set/?set=a.401729253219737.91725.178046555588009&type=1

本題ですが、先日の経産省と国交省の省エネ合同会議の詳細な資料が
経産省のホームページにて発表されています。

http://www.meti.go.jp/committee/energy/energy_conservation_kijyun/jyutaku_kenchiku/001_haifu.html

この内容だけを見ると、現地に参加された方が感じたような
嫌な匂いはかなり薄れて見えます。
実際、現地では暖房負荷を軽視する声がかなりあったようなので
やはり生で聞かないと雰囲気はわからないということなんでしょう。

2回目、3回目もすぐにあります。参加者の声をたくさん聞かせてもらえると
嬉しいです。


別窓 | [熱環境] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

編集長の来社と省エネ基準委員会の傍聴のご案内

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

編集長の来社と省エネ基準委員会の傍聴のご案内

今日は朝一からリフォーム産業新聞の取締役編集長のNさんが来社してくださいました。
来年の東京ビッグサイトでのセミナー開催と、直近の号に掲載する記事に関する打合せでした。
初めてお会いしたんですが、共通の知り合いも多く、また志も同じ方向を向いている方なので
どんどん話が進みました。非常に有意義な時間を過ごせたと感謝しています。

また、その中でも出てきたんですが、先日第一回目が開催された
「省エネルギー判断基準等小委員会 合同会議」の第二回が
経産省で8月31日(金)9:30~12:00に行われるそうです。
傍聴希望の方は8月29日(水)14時までに、メール又はFAXにより登録の上
抽選となるようです。詳しくは下記のページを御覧ください。

http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000399.html

私は関西ですし、スケジュールがパッティングしていることもあり行けませんが
このブログを読まれている方で行ける方はぜひご参加いただき、様子を教えていただければ
と思います。


別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

キリスト教会スタート。施設が多い今日このごろ

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

キリスト教会スタート。施設が多い今日このごろ

今日は尼崎の教会の打合せに行って来ました。
老朽化して耐震的に危ない教会の建て替えです。
すでに当社での設計を決めてくださっていますが、
今から皆さんの総意をまとめて実現していかなくては
なりません。尼崎に行く事が確実に増えていきます。

この物件もそうですが、今なぜか施設ものが重なっています。
他には歯科併用住宅2件、内科医院1件、保育園1件・・・。

もちろん規模によりますが、総じて住宅より時間がかかります。
やりがいはある上、おもしろいのですが、その分大変ではあります。
1件1件着実にこなしていこうと思います。
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

新しいカメラを買った理由、選んだ理由

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

新しいカメラを買った理由、選んだ理由
まずは、新旧比較です。左が新しく買ったオリンパスOM-D E-M5
右が今まで使っていたNikon D50です。

camera.jpg

今回買い換えた最大の理由はこの大きさにあります。

今まで使っていた機種は2005年当時の一眼レフとしては
最小の部類に入るものでした。しかし、職業柄どうしても
超広角レンズ(35mm換算で19mm相当)が必要でした。
そこでそれに対応できるレンズで最も軽く安かったのがTAMRONの
レンズで、それでもこの大きさでした。
本体が400g台後半、レンズが400gくらいあると思うので
合わせると900gほどにもなります。

重さはまだ耐えられるのですが、それよりきついのが大きさでした。
最近遠方への出張が多く、そのときはできるだけ荷物を少なくしたいと
思うわけです。そんなとき、写りもイマイチで、撮影した感じも
しない比較的広角の24mmのコンパクトカメラを持って行ってしまう
自分がいました。

とはいえ、7年たっても機能は見違えるほど改善したものの、19mm
相当に対応できる小さくて軽い組み合わせは事実上ありませんでした。

なぜ19mmが必要かというと、「便器ではなく便所の写真」
「道が狭いときなんかに、外観の一部ではなく、外観全体」
を撮影したいからです。

今回選んだ機種は大きさは見てのとおり、6割くらいになりましたが
重さは合わせて550gくらいになっています。

今回、買い換えようと思ったきっかけは娘にあります。
最近の子はご存知のように、写真を撮ったらすぐに「見せて!」
とやってきます。ところが7年も前の機種は今ほどモニターが大きく
なく、飾りのようなものでしかなく、ほとんどなにか分からないような
ものでしかありません。子どもも「よくわからないね」といつも残念そうに
していました。さらに、先日シンガポールに行った際、一眼レフとビデオを
両方持って観光するのはかなり大変だということもありました。今のデジカメは
ハイビジョン動画でもメモリーカードによっては4時間も録画できます。

それがきっかけで探し始めたのですが、19mm相当に対応できるズームレンズで
軽くて小さいミラーレス一眼はパナとオリンパスしかありません。
しかし、パナは結構大きく、しかもかなり高い。

ということで、オリンパスのミラーレスというのはすぐに決まりました。
ここから先がいろいろと検討項目があったんですが
・天井裏や基礎下なんかも撮影するのでモニターの角度が可変する方が良い
・本格的な撮影を考えるとファインダーはやはり欲しい
・若干の雨、誇りは現場にはつきもの、そういった条件にも強いものが良い
・邪道ではありますが、電子ズームで倍のレベルにまで望遠できます。
 普段レンズを持ち歩くほどのマニアではないのでこれもできれば叶えたい条件でした。

これら全てを満たすのが今回選んだカメラとレンズの組み合わせです。
自分としてはこれ以上ない組み合わせを選択できたと思います。

相当長いつきあいになりそうです。

ちなみに、旧機種は独立した高宮くんに安く譲ることにしました。

しかし、子供の頃からこういった買い物の仕方は本当に好きで得意でした。
あらゆる建材を選択しなければならない今の仕事はそういう意味でも向いている
と思っています。



別窓 | [お得な情報] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

山梨の実験住宅を見に行ってきました。

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

山梨の実験住宅を見に行ってきました。

人生初山梨でした。
今回の実験住宅ですが、大学、大手メーカー数社と地場の工務店が連携して建てた
プロジェクトです。

最も見たかったのは最近、熱環境にこだわっている方々は皆さんいきついている
家庭用エアコンを使った低温大風量の空調システムでした。(暖房時)

今まで空調の世界では高温低風量というのが常識で、低温大風量などというのは
ありえないという感じでした。

しかし、名古屋のMホームさんが開発したシステムを皮切りに、新潟のOさん
そして省エネ住宅では日本の元祖とも言える新住協さんもこの方向を模索
していると思われます。

そこまでは当社も含めた上記の方々がチャレンジしているのですが、
今回の住宅が違うのはダイキンが次世代の夢の空調システムとして
考えている家庭用デシカというものが設置されているということにありました。

家庭用デシカ、エアコン、16台!もの巨大ファンを使ってやっているのは
正直少々やり過ぎの感は否めませんでしたが、いろいろと勉強になりました。

また、日本のサッシが駄目なことをよく分かっているということもよく分かりました。
私も数件やりましたが、外は樹脂サッシのペアガラス、内側にはこれまたペアのインナー
サッシという組み合わせでした。これでおそらく窓の熱貫流率は1くらいになっていると
思われます。純国産のメーカー品でやろうとするとこれしかないと思います。
また、驚いたのが、私が最近取り入れるようになった中間層ブラインドを実装していたことです。
外付ブラインドは高価すぎるが、外部で日射遮蔽を耐久性があるもので安く実現するには
これしかないと思います。他に聞いたことがなかったので、日本で私が最初、森みわさんが
2番めにやっていたんですが、今回のこの住宅が3番目だと思います。性能とコストのバランスを
考えると行き着く先は皆同じなんだと思います。

というわけで、わざわざ山梨まで行っただけのことはありました。
今後の住宅のシステム改良につながりそでうです。


別窓 | [熱環境] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

東京のモデルハウスの現場を見に行って来ました

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。


東京のモデルハウスの現場を見に行って来ました

昨日から東京入りしています。東京での目的はスカイツリーの近所で
進めているセイズさんのモデルハウスの現場を確認するためです。

現場に行くなり大工さんから「この家は涼しい!」と
喜びと驚きの声をいただきました。
何回聞いても嬉しい言葉です。

10月くらいには公開できると思います。私からすると狭小地
現地感覚でいくと非常に広い土地という複雑な土地ですが
太陽光、太陽熱も狭い屋根でいっぱいいっぱい載せながら
北側斜線も目いっぱい設計しています。それでいながら
狭小地では難しい南からの採光の確保、及び夏の日射遮蔽も
同時に実現しています。

敷地形状が特殊であるからというのもありますが
上記の理由からも特殊な形状の建物となっています。
ぜひたくさんの方に見ていただければと思います。

でもって、今から山梨の最先端実験住宅を見学しに行っています。
今日東京まで帰ってきて神戸まで帰らないといけないので大移動の
1日となります。



別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

建築物の省エネ基準は強烈な改悪の方向に向かっているようです。

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

建築物の省エネ基準は強烈な改悪の方向に向かっているようです。

建築物の省エネ基準が見直されるというのは最近いろんなところで
語られていますが、少しづつ全容が見えてきつつあります。

そんな中でわかってきたことが、住宅以外の建物に関しては
断熱に関する基準をなくすという超ウルトラ最大級のバカな
基準にしようとしているということです。(これでも言い足りない)

この馬鹿さ加減はいくら書いても書ききれないので知りたい方は
私の講演を聞きに来ていただければと思います。

原発比率の議論に関してはまだ、それぞれの立場なりの
「正義」というものが存在します。
しかし今回のこの方向性は「不勉強」か「特定の団体の圧力に負けた」
「長期的な莫大な悪影響を全く考えていない」としかいいようがありません。
なにをどう考えても正当性が一切ありません。0%、0点です・・・・。

しかも、この方向性を推し進めようとしているのは当の国交省ということで
逆に経産省はそれを諌めようとしているとのこと・・・・。
いったいどちらが建築の専門担当省庁なのか・・・・。

よく「政治家は無能でも官僚がしっかりしているから・・・」みたいな
論調が見受けられますが、これほど馬鹿げたことをするとは・・・。
官僚の方に対する評価がほぼゼロになってしまいました。

この基準が本当に実現すれば、今以上に建築実務者は断熱を甘く見るように
なり、設備ばかりに頼る比率が高くなります。結果として、冷暖房ガンガン、
温度差大、快適性は低い、健康にも悪く医療費も増大、断熱工事であれば建設業
という国内雇用に貢献するのに、設備は外国で作るので海外にお金が流れる・・・。
こんな未来が待っています。

サンデル教授の白熱教室のように答えがない議論ならわかりますが、
子どもが考えても分かるようなことに対して、不勉強や圧力などで正しい決断が
できないのであれば、それは民主主義でも先進国でもないように思います。
そんなことをするのであれば、官僚なんて辞めてしまえ!!と言いたいです。

どんな言い訳をしたとしてもこんなことをやろうとする人は3.11の原発事故を経験しても、
エネルギーの重要性が全く身にしみていないということかと思います。

ここ数年で一番あきれたお話でした。


別窓 | [熱環境] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。