兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

重要な2日間の結果

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

重要な2日間の結果

先日のブログで「ターニングポイント」と書いたからか非常にたくさんの応援の
お言葉をいただきました。本当にありがたい話です。

で、その結果をお伝えしようと思います。

1日目は朝一から都内一等地にある某サッシメーカーの社長さんと対談致しました。
廊下から応接室まで非常にきれいな絵画がたくさん展示してある広くて美しい
応接室でした。私なりのこれからの窓のあるべき姿や、世界の窓の現状などを
お伝えすると同時に、窓業界の実情などもいろいろとお伺いすることができました。
昼食にもお誘いいただき、生まれて初めて「センチュリー」という車に乗せて頂きました。
皇室御用達の車でなかなか最近見ることができない車でこれに乗れただけでも感激でした。
六本木を一望できる高層階のレストランに連れて行っていただきましたが、やはり東京は
緑が多く、本当にきれいな景色でした。

それが終わると、これまた社長のお気遣いでわざわざ東京駅前まで車で送って下さいました。
そこからは、PHJの森みわさん、夏見さん、そして今度はまた別の大手サッシメーカーの部長
さんと打合せを行いました。こちらの会社さんも窓の重要性をより広めていくための作戦を
練っています。こういうことならいくらでも協力させて貰いたいと思っているので本当に
面白い企画です。

その打合せが終わると今度はタクシーで霞ヶ関まで移動・・・。環境省にお伺いしました。
環境省からは若い担当者がお二人出てこられ、今後の省エネ基準等を作製していく上での
参考として、我々の意見をじっくりと聞いてくださいました。本当にまじめで、前向きで
好感が持てる方たちだったと思います。私なりに改善をお願いしたいことを中心に思いの丈は
ぶつけてきたつもりです。その程度ですぐに変わるとは思いませんが、ほんのわずかなきっかけに
でもなればいいと思っています。

それが終わると今度は銀座に移動・・・。いつもお馴染みテクノフォルムのT社長と
打合せを小一時間ほど行いました。

そして最後は世田谷に移動し、建築家の丸谷博男先生の主催するエコハウス研究会で
7時から9時までぶっ通しで2時間講演させていただきました。
さらにその後懇親会にまで参加したので半蔵門のホテルに帰り着いたのは12時を回っていました。
なかなかにハードな1日でした。

そんなハードスケジュールがたたったのか、今朝は朝から風邪を引いてしまったらしく鼻が
グジュグジュでした。それでも朝9時から銀座のテクノフォルム社にお伺いし、11月の
フランスの建材展である「バティマット」の視察ツアーの打合せ。10時からは
某サッシ業者さんとの打合せに立会いました。打合せの最中にふと思ったのがまわりに
超高性能な窓のカットサンプル等が山のようにころがっていることでした。

そこで、T社長とAさんに「これ今日の昼からの講演に持って行きませんか?」
ということになり、急遽2人も会場まで同行することに・・・。

現地に到着したのは講演15分前でしたが、会場は定員オーバー気味の160名ほどの
聴衆で溢れかえっていました。

私は話したいことはいくらでもあったのですが、時間が1時間半だったので、かなり内容を
切り詰め、なおかつ相当に早口でしゃべりました。今日の講演には大手住宅メーカー
大手建材メーカー、工務店社長、大手住宅フランチャイズ等影響力が大きい方が多い
講演会でした。それだけに、一人でも多くの方に正しい知識を知ってもらういいチャンスだと
思っていました。まだ、アンケートの結果は見ていませんが、新建ハウジングの三浦社長
からはなんとかお褒めの言葉をいただけたので、悪くはなかったんだと思います。とりあえず
ひと安心でした。

最後のトリはやはり三浦社長でしたが、いつもながら切り口が抜群にするどく、本当に
勉強になる講演でした。三浦社長の後の講演だとかなり辛かったと思います。社長の
前に話すことができたのはラッキーでした。

ということで、超充実した2日間でしたが、少しでも住宅業界、中でも窓業界に
良いうねりを起こすきっかけを作ることができてることを願うばかりです。話しを聞いて
下さった皆さんに感謝したいと思います。

スポンサーサイト
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

明日明後日は人生のターニングポイントになるかもしれません。

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

明日明後日は人生のターニングポイントになるかもしれません。

明日は始発便で東京に飛びます。
朝一番は某サッシメーカーの本社にお伺いし、社長さんと対談させていただきます。

それが終わるとこれまた別の某サッシメーカーの方を交えての戦略会議

そして、夕方は人生初の霞ヶ関デビューとして環境省に行っていろいろと
話をする予定です。

最後は夜7時から世田谷区内で建築家の丸谷博男さんとエコハウスセミナーを
行います。
http://www.facebook.com/events/588745637809917/
こちらはまだ余裕があるようです。今からでも参加していただければと思います。

それで明日は終わりですが、明後日ももりだくさんです。
朝から11月のフランス研修旅行の打合せ。
その後は日本のサッシを変えていくための戦略会議

そして最後の締めは
新建ハウジングさんのセミナーです。
http://www.s-housing.jp/archives/39780

こちらはすでに120名程度の申し込みがあるようで、今からの参加は難しいようです。
大手住宅メーカー、建材メーカー、住宅フランチャイズ、工務店の社長さん等かなり
幅広くいろんな方が来られるようです。

ここでは国の基準や雑誌を見ているだけでは気づくことのできない、日本の住宅業界の
ガラパゴスについて一人でもたくさんの方に気づいていただければと思っています。

ということで、明日、明後日はいろんなところに知ってほしいことを伝えることが
できるチャンスです。頑張ってこようと思います。

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

3泊4日の九州出張が終わりました。

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

3泊4日の九州出張が終わりました。

ブログを長らく更新できずにいました。23日から26日まで前半は福岡県
後半は宮崎県に出張しておりました。5年間九州に住んでいましたが、
宮崎だけは一歩も踏み入れたことがありませんでした。
しかし、私が想像していたよりもずっと宮崎は活気がありました。
これはちょっと想定外でした。

しかし、3日3晩全て懇親会+2次会があったので、全日ホテルに帰ったのは
25時くらいでした。しかも最終日は6時前起きだったこともあり
なかなかハードな4日間でした。

今日、明日は事務所でこってりとデスクワークをこなし、29、30の東京
出張に備えたいと思います。

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

省エネ建築診断士講習終了、上位3名全員女性でした!

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

省エネ建築診断士講習終了、上位3名全員女性でした!

昨日、省エネ建築診断士講習を終了しました。今回はセミナーが
終わるまでに採点も終了し、合格者を発表させていただきました。
合格率は58%、上位2名は満点、3位の方も1点マイナスという
ものすごい出来でした。

しかも上位3名は全員若い女性!!
女性比率は1割か2割くらいだったかと思いますが、女性の躍進を
感じる結果でした。

それが終わるともうすぐ発表される建物燃費ナビのバージョンアップ
版のミーティングを行いました。次のバージョンでは
窓1枚1枚の個別U値(熱貫流率も表示されるようになります)
また、慣れた方なら2回目以降は30分程度で入力できるように
なる予定です。大幅改訂です。

普通個別にサッシの熱貫流率を計算する場合、WindEYEというソフトを
使ってやるのですが、1枚の窓を計算するだけでも5分くらいかかります。
20枚なら100分です。それが一瞬で計算できるだけでもものすごい
価値です。日本では2.33以下といったようにものすごく荒くまとめられて
しまいますが、より実情に近いシミュレーションであることが分かっていただけると
思います。今までもソフト内部では計算していたのですが、表に出していませんでした。

他にも窓からの日射取得量と損失量の表示等、結果シートの見やすさも大幅に
向上しています。

そのミーティングが終わると、関係者だけで1次会、そして2次会に突入。
2日連続午前様でした。

今、福岡空港に来ているんですが、今から宮崎に飛びます。今日明日は宮崎で
打合せ。恐らく今晩も懇親会があるでしょうから、なかなかハードな出張となりそうです・・・。
人生初宮崎ですが楽しんで来ようと思っています。
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

省エネ建築診断士講習in福岡の1日目が終わりました。

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

省エネ建築診断士講習in福岡の1日目が終わりました。

9回目となる省エネ建築診断士講習を博多で行いました。
今回は東京から鹿児島まで合計84名もの参加者が来てくださいました。

皆さん、非常に熱心に聞いてくださり、質問もたくさんいただきやっている
こちらとしても大きな手応えがありました。

講義が終わり次第懇親会を行いました。こちらもたくさんの方がご参加いただき
交流を深めることができました。

私自身九州大学の出身なので大学時代の4年間は福岡市内に住んでいました。
そういう意味では第二の故郷のようなところです。遠方に来てはいるのですが
遠出している気分にはまったくなりません。しかしながら、昔から大きく
変わっているところもあれば、ほとんど変わっていないところもある。
他の町では感じることのない懐かしさがいろいろと蘇って来ました。

今日も講義と試験を行いますが、一人でもたくさんの合格者が出てきて欲しいと
思います。
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「特命リサーチ200X年」を彷彿させる番組でした。

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

「特命リサーチ200X年」を彷彿させる番組でした。

10年ほど前まで大好きだった番組に読売系列の
「特命リサーチ200X年」というのがありました。
あの頃、日曜の夜8時は
大河ドラマ、ごっつええ感じ、にこの番組と
なんでこの時間帯にこれだけ重ねるかなあ!!

というくらい充実していました。

昨日の新聞を見ていたら科学ドキュメンタリー番組で
「ゴンゾウ」というのが紹介されていました。
http://www.ntv.co.jp/gonzou/

面白そうだったので録画してみてみると期待通りの内容でした。
誰もが疑問に思うようなネタから科学的に推測していくという内容でしたが
特命リサーチ200X年とほとんど同じような構成でした。

局も同じ読売系ですし、おそらく番組製作者がかぶっているのだと思います。

昨日はかなりたくさんのネタがあったのですが、興味深かったのは
美魔女で有名な47歳の山田さん
http://ameblo.jp/igrek-111/
の肌がなぜあんなにも若々しいのかということを解き明かしていくところでした。

どうやら女性誌等ではよく載っているようですが、彼女の肌の若さの
秘密はヒートショックプロテイン(HSP)なるものによるそうです。

ヒートショックたんぱく質ということもあるようですが、紫外線や加齢にて
シワがやシミが増えた時、肌を42℃程度で5分ほど温めておくと(入浴や蒸しタオル等)
細胞の中で肌細胞の劣化を復元するヒートショックプロテインが大量に作られるそうです。

温度の刺激によって活性化するたんぱく質だからヒートショックプロテインというようです。
ラットによる実験でも37℃程度のぬるま湯ではまったく効果がなく、40℃を超える辺り
から効果がではじめ、理想は42℃でした。

彼女は30代の後半からこの方法をスタートして今の若々しさを維持しているとのことだったので
そのあたりの年齢の方ならまだ間に合うかもしれません。

他にもほとんど副作用なくガンの成長を止める薬として期待されている
FAS阻害薬C31のはなし

太っている人にはファーミキューテスという腸内細菌が多く、痩せている人には
バクテロイデスという腸内細菌が多いというはなし

さらには「細胞外マトリックス」という薬剤を使ったことで切断した指が
トカゲの尻尾のように再生した実際の話などが紹介されていました。

スーパーコンピューターの高速化、インターネット、SNSの急速な普及による
知の相乗効果もあり、ここ数年の科学の進歩は凄まじいものがあります。
欧米のようにディスカバリーチャンネルほどの量とレベルには達していないかも
しれませんが、日本でも非常に面白いサイエンスドキュメンタリーが増えてきている
のは非常に嬉しいことです。
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

5月29日の東京ナイトセミナーの詳細をお伝えします

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

5月29日の東京ナイトセミナーの詳細をお伝えします

先日、5月6月の講演予定をアップしましたが、
5/29の東京講演の概要だけ発表されているのを見逃しておりました。

http://www.facebook.com/events/588745637809917/

珍しく夜のセミナーなので仕事終わりに時間がある方はぜひご参加下さい!

今日は某IT企業の企画の方が5名も遠方から来られ、4時間にも及ぶ打合せを行いました。
また、面白いプロジェクトがはじまりそうです。

それにプラスして、先日お引き渡しした内科医院の先生からうれしいメールもいただきました。

「冷房をつけていないのに、来る患者さんがよく冷房が効いていますね!」と言って下さったそうです。

この建物は鉄筋コンクリート造ですが、外断熱改修を行った上、外付ブラインドを設置しています。
その結果、日射取得量は最小となり、蓄熱量は最大となっています。それが「涼しさ」と感じてもらえて
います。さらに私自信も現場で大きな発見がありました。この建物は2階の内装はほとんど触っていません。
1階と外回りがメインの改修でした。改修前は普段ほとんど使っていない2階、夏の時期はとんでもなく
暑いだけでなく、独特のカビ臭さとホコリ臭さが混じったような匂いがしていました。ところが外断熱改修が
終わったあとはその匂いが嘘のように消えていたのです。

特に消毒や掃除をしたわけではありません。おそらく外断熱改修によって、それまで1年の大半がカビ等に
侵されていた壁体内のカビが激減したのではないかと考えています。
病院という、最も衛生的でなくてはならないところも、日本のほとんどの病院施設は温熱環境が
ちゃんとできていません。構造や非常用電源設備がちゃんと設計施工されるのはもちろんですが
カビやダニが生えないということも病院には絶対に求められる性能だと思います。

とまあ、そんなことで充実感のある1日でした。
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

チェンジング・ブルー―気候変動の謎に迫る

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

チェンジング・ブルー―気候変動の謎に迫る

元マイクロソフト日本法人の社長で超がつく読書家である成毛真さんが作った
団体にHONZ「ノンフィクションはこれを読め」というのがあります。
http://honz.jp/

これまでにこの団体が出している推奨本がたくさん載った本も2冊出ています。
2冊とも購入しましたが、紹介されている本を全て読んで見たいと思うわけではありません。

そんな中でどうしても読んでみたいと思わされて購入したのが今日紹介する
「チェンジング・ブルー―気候変動の謎に迫る 」です。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E2%80%95%E6%B0%97%E5%80%99%E5%A4%89%E5%8B%95%E3%81%AE%E8%AC%8E%E3%81%AB%E8%BF%AB%E3%82%8B-%E5%A4%A7%E6%B2%B3%E5%86%85-%E7%9B%B4%E5%BD%A6/dp/4000062441

honzのスーパー読者の方々も絶賛でしたが、読んで納得でした。
実際第25回(2009年) 講談社科学出版賞受賞もとったようです。

著者は大河内直彦さんという方で
http://www.jamstec.go.jp/res/ress/nohkouchi/
東京大学理学系研究科地球惑星科学科 教授をされています。

温暖化問題はとかく政治関係で捻じ曲げられたりして何が真実か見極めにくい
ところですが、そういった政治力を抜きにして純粋に学者さんが科学的に
解説された好著です。

とはいえ、難解な数学等は全く使わずに本当にわかりやすく、かつ面白くまとめられています。
この方は理系の方でありながら一般の方に上手に説明する能力に長けているようです。
いわゆる「本当に頭がいい方」なんだと思います。そういう点でいうと「宇宙はなにでできているのか?」
の村山斉さんとも共通するかと思います。

この本を読んでいると地球のこれまでの温度がどう変遷してきたのかが詳細に書かれています。
また、なぜそれが分かるのか?そしてどうしてそれが分かるようになったのかということまで
詳しく書かれています。

その中で最初にとある学者がグリーンランドの氷床から掘り出した数百メートルのボーリング結果から
仮説を立て、それが様々な学者の検証、そして別の場所での結果との照合を経て全世界的に認められてきた
過程も明らかになっています。

IPCCが絡むよりずっと前の純粋な地球温暖化の科学の歴史を垣間見ることができます。

今回のこの本を読んだことで地球の寒冷化は最低でも10000年以上来ないであろうこと。

海洋の深層を流れる「深層流」が地球の気候に非常に大きな影響を及ぼしていること。

2℃を超える温度変化が1万年単位で見た場合でも非常に大きな温度変化であること。

深層流の流れがストップした場合、アメリカやヨーロッパなどの高緯度でありながら
暖流の影響で暖かい地域はむしろ寒冷化する恐れがあること。

一度大きく変わってしまった気候はなかなか簡単には変えられそうにないこと。

等がよく分かりました。温暖化に興味がなかったとしても読み物としてかなり面白いです。
ぜひ読んでみてほしいと思います。



別窓 | 環境(CO2)関連 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

工務店社長さん対象の見学会終了&追加講演のお知らせ

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

工務店社長さん対象の見学会終了&追加講演のお知らせ

今日は昼一から先月お引き渡ししたM邸の見学会&プチ講演を行いました。
依頼してこられたのはLIXILさんで、対象者は大阪の南の方の工務店の社長さんが
中心に20名くらいでした。住宅街の真ん中にわざわざ1時間以上かけてマイクロバスで
いらっしゃっていただきました。実物を見るとやはりテンションがあがるようで
良い感じで盛り上がりました。協力していただいたMさんご夫婦に感謝です。

それとは別につい先日5月、6月の講演予定をアップしたばかりでしたが、さらに
追加で講演依頼が来ました。主催者は日経さんと大阪府建築士事務所協会さんです。

詳しくはホームページ
http://www.nikkei-ad.co.jp/kenpro13/index.html

もしくはフェイスブック
https://www.facebook.com/kenpro13

をご覧の上、お申込み、ご来場願います。

なお私の講演日時は6月12日の13時から14時だそうです。





別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

こんな車のシートが欲しい!

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

毎年暑くなってくるといつも思うことがあります。それは「車に入った瞬間の猛烈な暑さ」です。そもそも車の内装は濃い色であることが多く、しかも全面ガラス張りだから5月でも晴れた日の車内は40℃オーバーということもよくあります。空気だけでも十分に暑いのですが、シートに座るとこれまた暑い。しばらく経ってエアコンが効いてきても自分の体温で太ももの裏とシートの間はエアコンの冷気が入り込むことができず長時間ドライブになればなるほど汗ばんできます。高級車やオープンカーにはシートヒーターなるものがついていますが、シートクーラーはたぶんないと思います。
 そこで思いついた解決方法があります。車のシートをアーロンチェアの如くメッシュ状にするということです。
http://www.vanilla-chair.com/fs/aeron/01aeronall/ac12?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=201ad

うちの事務所には私の椅子を含めて4脚のアーロンチェアがありますが、本当に座りやすく1日中デスクワークを
していても疲れることがありません。そして、暑い時期になってきてもお尻から太ももにかけて蒸れることが
まずありません。

車においてもできそうに思うのですがなぜやらないのかわかりません。デザインもかなりカッコイイし、
軽量化にもなると思います。よくやるシートの間にものを落とした時にも下が見えるのですぐ分かります!

私は車のエンジニアではないのでなにか決定的に駄目な理由があるのかもしれませんが、少なくともヘッド
レストに関しては10年以上前のレカロのシートなんかにはメッシュが組み込まれていました。
なにか駄目な理由があるのでしょうか?車関係の方で分かる方がいらっしゃればぜひ教えてほしい。
でもってないのであれば、そんなシートをどこかのメーカーから発売して欲しいと思います。
売れると思うのですが、いかがでしょう?

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | NEXT