兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

11畳相当の電力で130畳相当の空間を涼しくできました!

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

11畳相当の電力で130畳相当の空間を涼しくできました!

今日は朝から宝塚の現場→千里の住宅訪問→大阪で講演→西宮で打ち合わせ
というこれまた過密スケジュールでした。

今日は千里でお伺いしたのは数カ月前にお引渡しした住宅の冷房の効き具合を
測定及び確認するためでした。初めて導入したMahatシステムという全館冷暖房
システム、しかも相当床面積が65坪(130畳)という巨大な住宅だったので
システム、規模の両面で今まであまり経験がない組合せということもあり確認が必要でした。
ちなみにこの住宅のQ値は1.0です。

結果からいうと、平均すると家全体が27℃、絶対湿度も13~14gとだいたい快適な
状態が保てています。部屋によって多少温度差があるのですが、きちんと日射遮蔽を考えた
設計にしてはいますが、それでも僅かな東面の窓の大きさの違いが差を生んでいることが
分かりました。温熱環境はどれだけ経験を積んでも奥が深いです。

さらにいうと、絶対湿度はもう1g減らせることができれば、さらに理想的だとは思いました。

ここ数ヶ月の電気代の用紙も見せていただき、そこから7月15日から8月15日までの
最も暑い1ヶ月の冷房に使った電気使用量を計算することができました。この住宅基本的に
24時間全館冷房しています。

しかし、結果は130畳相当の空間を11畳相当の電力(厳密には10.7畳)で
家全体をほぼ快適な温湿度に保っていることが分かりました。暖房に比べると冷房に必要な
エアコン容量の計算は非常に難しいのですが、今回の結果から逆算すると、断熱気密と日射
遮蔽がきちんとできている場合、エアコンのカタログの畳数表示の1/12の容量でもクリアできる
ということが分かりました。

暖房能力の場合、松尾設計室の一般的な仕様の場合畳数表示の1/6以下の容量でいけることが
多いのですが、今回の結果から判断するに、断熱気密と日射遮蔽がきちんとできていれば
暖房の方が冷房より余裕率が少ないことから(それでも6倍もある!!)
暖房をベースにエアコンの容量計算をしておけば、冷房期間も絶対に大丈夫であるということが
はっきりと分かりました。

こういうことは自立循環のテキストにも国の基準にも書いてありません。
自分でシミュレーションの元、設計を行い、温湿度、及び電気代の調査をした
人にしかできないことです。しかも今回の実例は日本で最も暑い大阪府内の住宅です。

これは非常に大きな収穫でした!!

ただし、これはC値1以下、グラスウールなら高性能16Kで180mm相当以上
南面は0.3H以上の庇、東西北面は遮熱Low-Eかつ小さな窓といった最低条件は
すべて満たした上での話です。これらを一つでも満たさない場合、冷房負荷は
かなり大幅に増えてしまいます。くれぐれも間違いなきよう対処願います。
スポンサーサイト
別窓 | [熱環境] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

湿気と珪藻土と全熱交換器の関係

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

湿気と珪藻土と全熱交換器の関係

今日は朝から大阪で打合せ、夕方から事務所で契約。
明日は千里→大阪市内→西宮と怒濤のスケジュールが続きます。

2日連続で夏の暑さに対する考察を書きましたが、そのまとめとして
「湿気と珪藻土と全熱交換器の関係」
をまとめてみたいと思います。

珪藻土は種類によっても差はあるようですが、デシカント空調
のように(乾燥剤が飽和したら乾かして再利用するシステム)
エアコンや除湿機で珪藻土が適宜除湿されているとしたら
おおよそ、相対湿度で10%分くらいの除湿効果があると言われています。
温度にもよりますが、27℃であれば絶対湿度差は1.2g/kg程度
30℃を超えると3g/kg程度に該当します。

昨日のグラフはエアコンで冷房し続けた場合の絶対湿度の変化を表した
ものですが、単純計算した場合、潜熱を交換するかしないかで最大
5g近くの水分量が違うという結果がでていました。
しかし、実際にSE200Rという全熱交換器の交換膜だけをアルミの
顕熱交換器に交換して実験したことがあるのですが、そのときの差は
およそ、絶対湿度で2g相当の効果しか認められませんでした。
おそらくですが、漏気による水分流入を無視して計算しているためと考えています。

しかしながら2gというのは珪藻土の平均値とほぼ同等で、かなり
優秀な結果であると思います。ということは全熱交換器も相対湿度
10%相当の削減効果はあるともいえます。

ちなみに珪藻土自体は吸湿すると物理的作用からほんの少しですが温度があがります。
これはエアコンにとっては非常にいいことです。昨日説明
したようにエアコンは
温度を下げる方が、湿度を下げるよりも得意だからです。

エアコンを夏に上手に使う秘訣は除湿運転(中でも再熱除湿)をできる限り使わずに
冷房運転に徹することです。世間のほとんどの方は除湿(ドライ)運転の方が省エネだと
勘違いしていますが、中高級機では一般的な再熱除湿運転は冷房よりエネルギーを食います。
なぜなら、除湿機能が弱いエアコンで除湿だけをしようとすると、まずは冷房運転で
温度も必要以上に下げてしっかりと除湿後、再度エネルギーを投入して温めなおす
という工程を含んでいるからです。

こんなもったいない話はないわけですが、珪藻土自体が水分量を減らしたくれた上、
温度も少しだけ上昇させてくれる・・・。まさにこれは相互補完関係にあるといえると
思います。(そもそも夏の昼間のエアコンと太陽光発電も同様の相互補完関係にあるといえます)

最近ダイキンが発売して話題になったデシカント空調「デシカ」もそうですし、
大阪ガスのエアキュアというデシカント空調システムも乾燥材を乾かすのに
かたや電気、かたやガスを使っています。私はこの熱に有り余っている太陽熱温水
を使えないかと思っているのですが、やはり先人はいるもので、すでにそういう論文も
存在します。

しかし、発想を変えてみると、冷房運転を使いながらエネルギーを使わずに温度を
上げることで、除湿と省エネ性能を保つものすごく簡単な方法も実はあります。
ものすごくねじれた発想ですが、可動型の日射遮蔽器具(ブラインド等)で日射
遮蔽をしている場合、弱冷房をしながら、暑くならない程度に微妙に日射を入れてやる
という方法です。試したことはないですが、理論的には可能な方法です。

最後になりますが、三種換気にビニールクロスでは高断熱住宅において小さいエアコンを弱運転
したくらいでは温度は快適になっても、湿度は快適域まで持っていくことはなかなか難しい。
もしくは、温度を下げすぎれば快適な湿度域までもっていけますが、エネルギーがもったいない。

全熱交換器、もしくは珪藻土のどちらも採用するのが最も理想的ですが、(4gダウン相当)
どちらかだけの採用でも2g程度は下がる。4g下がれば、普通にエアコンをかけるだけで
温湿度とも本当に快適な状態になるので、必要以上に温度を下げる必要もなければ、冷房病とも
無縁・・・。そんなふうに考えています。










別窓 | [熱環境] | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

高断熱化するとオーバーヒートするという嘘(2)

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

高断熱化するとオーバーヒートするという嘘(2)

よく考えると、昨日は「計算で考える」と言っておきながら数式を伴った
説明が一切ありませんでした。

例えば100㎡、住宅内部27℃絶対湿度13g、外気温33℃絶対湿度20gという状態
があるとします。内部発熱は4.6W/㎡×100㎡=460W、日射取得熱は
日射遮蔽が完璧にできているという仮定でゼロとします。

ここで一方の住宅はQ値2.5、C値1(次世代省エネ住宅)
もう一方はQ値4、C値4(建売等でよくある住宅)
で考えてみます。

本当は屋根、外壁、窓等の外部表面温度はそれぞれ異なる上、
直射日光の影響で外気温よりもかなり高いのが現状です。
しかし、ここでは面倒なのでとりあえず外気温をベースに
計算してみたいと思います。(この計算結果は実際より
かなり少なめだということ)

お互いの住宅に外部から入ってくる熱量はそれぞれ

次世代省エネ住宅の場合
2.5W/㎡K×100㎡×(33℃-27℃)=1500W

建売住宅の場合
4.0W/㎡K×100㎡×(33℃-27℃)=2400W

となります。これに内部発熱460Wを加算すると
それぞれ1960W、2960Wとなります。

これらは温度成分です。仮に温度を下げるだけで
涼しさが成立するのであれば、それぞれの住宅では
6畳用のエアコン(冷房定格能力2200W)12畳用のエアコン(同3200W)
で事足りることになります。

この時点で、高断熱住宅のほうが冷房エネルギーがはるかに少ないことが
わかると思います。

しかし、実際にはこれに加えて水分がどんどん室内に入ってきます。
この計算は非常に難しいので省略しますが、基準法で定める0.5回の24時間換気と
日常生活から発生する水分だけでもかなりの水分量となります。8畳用のエアコンを
定格運転した場合の絶対湿度の変化を換気システムの種類ごとにグラフ化してみました。
冷房時の絶対湿度変化

さきほどの計算から温度を取り除くのは比較的小さなエアコンでも問題なさそうに見えます。
しかしながら、8畳用のエアコンでは水分量を下げるという意味では全くもって不足することが
グラフから読み取れるかと思います。また、こういう使い方をする場合、潜熱の交換率が
高い全熱交換器は大きな効果を発揮することが分かります。

このグラフを作成した際、C値が悪いことによる外気からの水分流入は全く考慮に入れていません。
だいたいですが、今回の条件の場合、漏気による換気量はそれぞれ0.07回と0.28回くらいに
相当します。次世代相当の場合、水分の流入量は1割増くらいですみますが、建売住宅の
場合1.5倍以上の水分流入量となります。

実際の冷房能力を計算する際は最初の計算結果に、水分除去に必要な除湿負荷も足して計算
しなければなりません。

そもそも家庭用エアコンは冷房能力が100あるとしたら、温度を下げる能力が70%くらい
水分を下げる能力が30%くらいと言われています。

にも関わらず、実際の夏の住宅では温度成分よりも水分のほうがはるかにひどい状況にある・・・。
(本当は温度成分を30%。湿度成分を70%くらいの割合で下げると快適)

これが、夏エアコンが寒く感じる上、不快であるという大きな原因です。
もう少しわかりやすく説明すると、本当は湿度を下げたいが、エアコンの特性上下げる
ことができないので、不快さがなくならない・・・。その結果、少しでも快適にしようと
するため温度を下げる・・・。その結果温度は低いが湿度が高い状態となる・・・。

→寒くて不快

断熱性を上げることも夏の涼しさには重要ですが、気密性をあげてあげないと、元から
水分除去が苦手なエアコンがさらに効かない状態となることを知っておく必要があります。











別窓 | [熱環境] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

高断熱化するとオーバーヒートするという嘘

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

高断熱化するとオーバーヒートするという嘘

もうすぐ明石市内のデイサービスの改装工事が終わります。(鉄骨オフィスビル)
もともとついていた天カセのエアコンの冷房の効きがかなり悪く、新品に交換
しようとされていましたが、それは行わずに、みっちりと断熱改修を行いました。

その結果なにが起こったか!?

お施主様が現場に来た際、「冷房が効きすぎて寒い!」
とおっしゃったのです。

今までは冷房してもしても、壁や窓から大量の熱が侵入してきたので
エアコンが効かなかっただけで、きちんと断熱改修を行った結果、必要
以上にエアコンが効くようになったのです。

では、なぜこんな単純な事実があるのに、この住宅、建築業界には
「次世代省エネ基準より大幅に高断熱化すると夏オーバーヒートする」
といった都市伝説がはびこっているのでしょう?

冷静に計算を元に考えてみました。

そもそも熱というのは物理現象なので必ず高いところから低いところへ
移動します。

次に、夏の室温を決める要素としては外気温、断熱性、気密性、
日射取得量、内部発熱量、エアコンの冷房能力などが大きく関わってきます。

「高断熱化するとオーバーヒートする」という説の
前提は「室温の方が外気温よりも必ず高い」もしくは
「天井、内壁の表面温度が屋根、外壁の表面温度より必ず高い」
ということにあります。

これらの場合、室内側の方が温度が高いという状態なので
熱は内から外へ移動しようとします。こういう状態の場合、
断熱性が悪いほうが当然熱は外に移動しやすくなる(逃げやすくなる)
ので「断熱性が低いとオーバーヒートしにくい」という論が
出てくるのでしょう。

しかし、実際はかなり異なります。
まず屋根の表面温度ですが、昼間は50℃はおろか60℃を超える
ことすらあります。どのように考えても熱は外から内へ移動しようとします。
外壁においても、日向になっている時間帯はその外壁の表面温度は40℃くらいには
平気で達します。要するに、外気温よりも外壁の平均温度よりも確実に高いわけです。
この場合も屋根と同じく熱の移動は外から内への移動となり、いずれの場合も
断熱性が高いほど快適であるということが明らかなわけです。

また、日影の外壁面はだいたい、外気温と同じくらいになります。ということは
室温とそれほど大きな温度差にはならないのでそもそも熱の移動自体が少ない状況に
なります。

人体や家電製品による内部発熱は確かにありますが、それはさほど大きな熱量ではありません。
高断熱の建物でも日射遮蔽がきちんとできていれば、室温がどんどんあがっていくようなことには
決してなりません。

さらにいうと、当社のお客様がよくやっているように、小屋裏のエアコンを1台だけでも運転している
ような状態の場合、家全体が確実に外気より低い温度となります。この場合、いかように考えても
内部から外部に向かって熱が移動することはありません。ということは、「断熱性は高ければ高いほど
外の熱は入ってきにくくなる」ということがはっきりと言えるわけです。

この都市伝説が比較的あてはまるとすれば、それは日射遮蔽がほとんどできていない次世代省エネ
以上の建物だと思います。
別窓 | [熱環境] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

省エネ建築診断士終了&埼玉モデル見学&鎌倉ビーチパーティ

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

省エネ建築診断士終了&埼玉モデル見学&鎌倉ビーチパーティ

ここ数日本当に移動とイベントでバタバタしており、パソコンを開く時間が
確保できませんでした。

まずは省エネ建築診断士試験。100名を超える受験者がいましたが、過去最高の
満点が15人という素晴らしい結果にて終わりました。

これが終わると東京駅近くのレストランに移動し、関係者一同で打ち上げをやりました。
といいながら、打ち上げは9時そこそこで切り上げて新幹線で埼玉県熊谷市まで移動。

大和屋さんのパッシブハウスモデルハウスに体験宿泊させてもらいました。
翌朝(土曜日)からは大和屋さんがこれから販売を考えている、木質繊維の
ブローイングできる断熱材の施工実演を見せてもらいました。セルロースファイバー
では不可能だった200mm厚の一発施工もらくらくこなします。しかも沈み込みの
心配もほとんどなく、地球環境にもやさしい、熱伝導率も0.038とこの手の断熱
材にしては最高レベル、価格もかなりこなれたものになりそうな感じです。
ということで、非常に期待が大きい断熱材が登場しそうな予感です。

それが終わると、関係者一同で鎌倉まで大移動、鎌倉にてエリアリーダーミーティングを
行いました。夜は夜で環境エネルギー政策研究所の飯田てつなりさんも合流されての食事会をやりました。

メインディッシュは網走の光輝建設さんが生け捕りにして持ってきて下さった鹿の
ジビエ料理!!ジビエは初めて食べましたが、まったく臭みがないのはもちろんのこと
本当に美味しい肉で驚かされました。飯田さんにもいろいろとお話ができて最高の
食事会でした。

ここで、うちと事務局長の夏見さんの家族が合流、一気に子どもが増えて大盛り上がりと
なりました。

日曜は日曜で鎌倉のビーチに出て、ラジコンレース付きビーチパーティをやりました。
私は会場でたまたま無料で借りることができたので初ボディボード体験をさせてもらいました。
まわりでうまくやっている人が誰もおらず、ボディーボードをというものの完成像を見たことが
なかったので、言葉で教わっても「どこを目指せばいいのか?」がよくわからず、最後まで
うまく波に乗れた実感がありませんでした。

しかしながら、砂浜でのラジコンレース、子どもたちの大きな波に対するはしゃぎ方を見ている
と本当に楽しいものです。瀬戸内の海は何度となく行って来ましたが、やはり太平洋は
波の強さが桁違いで迫力がありました。(ただし、魚の多さはうちの近所の方が圧倒的ではあります)

今日一日休暇をとって、明日からまた仕事再開です。今日1日満喫して帰りたいと思います。

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

第10回省エネ建築診断士講習in東京青山

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

第10回省エネ建築診断士講習in東京青山

昨日から第10回省エネ建築診断士講習を東京の青山で開催しています。
今日も講義と試験を行う2日間のセミナーです。

今回は140名近い受講者がいらっしゃいますが、全国から申し込みが
ありました。

3年ほどの間に10回も開催し、これだけたくさんの実務者に参加していただける
のは本当にありがたいと思っています。

今日の試験が終わったら今晩から埼玉のモデルハウスに宿泊、明日は
見学+パッシブハウスジャパンのエリアリーダー会議、

日曜日は鎌倉でビーチラジコンパーティを行う予定です。

なかなか充実した週末になりそうです。
別窓 | 環境(CO2)関連 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

DNA鑑定の結果の詳細をフェイスブックで公開しています。

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

DNA鑑定の結果の詳細をフェイスブックで公開しています。

昨日紹介したDNA鑑定の結果ですが、面白そうな項目だけ
ピックアップして公開しています。

興味がある方はぜひご覧いただければと思います。
しかし、DNAって本当に奥が深くて面白い世界です・・・

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

自分のDNAを検査した結果が届きました!

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

自分のDNAを検査した結果が届きました!

1ヶ月ほど前に頼んでいたDNA検査の結果が届きました。
主だった病気のリスクだけでなく、身体的特徴も判定してもらえるものです。
http://genelife.jp/about/genelife2012.html
ジーンライフというサービスで29800円で検査してもらえます。
本当に安くなったと思います。10年前なら数百万はしたでしょうから・・・。

気になる結果ですが、遺伝的特徴という形で9項目出てきます。

それとは別に病気の発生リスクという形で22項目が詳細に結果表示
されます。

今日はそのうちの9項目の種類と病気の発生リスクだけをアップしてみようと思います。

22の病気のうちほとんどはたいしたリスクがなかったのでほっと一安心でした。

逆に「ドンピシャ!!」と思わせる項目がいくつもありました。

その詳細は次回紹介しようと思います、概要だけ紹介します。

まずはアルコール、私が下戸なのは一緒に飲みに行ったことが
ある方ならよくご存知かと思いますが、やっぱりでした。飲めない
7%に入ってました。

それから、尿管結石。大学時代に激痛でひどい目に会いましたが
これは遺伝的にリスクが高いと出ていてまるで見透かされているような
凄さを感じました。

それから以前に味に関するところで記事を書きましたが、匂いに関する
項目もありました。結果は匂いの感知能力は上位6%に入っていました。

他にもいろいろと「なるほど!!」「やっぱり!!」「面白い!!」と感じる項目がありましたが、詳細を含めて次回紹介します。お楽しみに・・・
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

これからは滋賀県が熱い!!

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

これからは滋賀県が熱い!!

滋賀県の嘉田知事がエネパス協会の村上さんの案内でドイツを1周間ほど回られていました。
その間の感想をフェイスブックにて14回にわたって詳細に書かれています。

私も4年ほど前にドイツに行った際、心底衝撃を受け、それからほぼ毎年ドイツに行っています。
嘉田知事も村上さんという超説明上手な方に直接つきっきりで一週間もレクチャーしてもらった
ようです。(滅茶苦茶贅沢なはなしです)これは本当に衝撃の連続であったことが想像できます。
国政では躓いてしまいましたが、滋賀県の知事としてはまだまだ顕在でいらっしゃいます。

私も、「滋賀県のエコ村で15棟ほど、そのうち一軒はスイスのミネルギーPエコ基準を日本で唯一
認定取得予定の建物があるので帰国後は見に来て下さい」とメッセージを送ったところ、ご丁寧に
返信をいただきました。

国会議員だと衆議院だと1/500、参議院でも1/300程度の力しか持つことができません。
しかし、知事であれば、県のトップとしてかなり大きな力を持つことができます。
嘉田さんのように優れた人物は国会議員になるよりも知事や市長になったほうが
存分に力が発揮できるように思います。

もう帰って来られていますが、今後の滋賀県には大いに期待できそうです。
別窓 | 環境(CO2)関連 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

お盆の記念写真2013

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

お盆の記念写真2013

お盆に撮った写真をまとめたのでその中から抜粋です。



お盆の記念写真2013…の続きを読む
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。