兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

シミュレーションソフトを使いたおした後に見えてくる世界

シミュレーションソフトを使いたおした後に見えてくる世界

建築設計の道に進んで16年になりますが、その間本当にたくさんの
熱環境に関するソフトでシミュレーションをしてきました。
一物件につき何度もやることがあったので、相当回数だと思います。

フリーダウンロードのソフトもとりあえず使ってはみたものの
使い物にならずにやめてしまったものが多いです。そういったソフトは名前すら
覚えていません。

「建もの燃費ナビ」以外で使ったことがあるソフトで有名どころとしては
・QPEX
・ソーラーデザイナー
・SMASH
・国の省エネウェブシミュレーションサイト

が代表的なところです。
燃費ナビができるまでは特に
上の2つのソフトは本当に何度もお世話になりました。

今はもっぱら「建もの燃費ナビ」ですが、こういったソフトをずっと使い続けていると
何が起こってくるのか?を書いてみたいと思います。

まず一般的なQ値計算ですが、何度もやっていると計算する前から+-0.1くらいで
想像できるようになります。

暖房負荷であれば35~40kwh/㎡年といったように5kw単位くらいであれば
ほぼあたるようになってきます。

先日も当社の山口が自分で計算した結果を私に見せる前に
「いくらくらいだと思います?」とはかりにかけてきました。

「だいたいこのくらいだと思うよ」といった数字が最初は食い違っていたのですが
突き詰めていくと、単純ミスがあったことによって私が言っていた数字とほぼドンピシャに
なりました。本来なら2時間くらいかけてやっと答えが出るところですが、慣れてくると
こういった感覚が身についてきます。

正直に言うと、このレベルの感覚がついている人は毎回シミュレーションをする必要はないと
いっていいと思います。必要があるとしたら、補助金等で提出を求められたときやお施主様への
説明時に必要なときくらいと言ってもいいかもしれません。

毎回、限られた予算の中で費用対効果が高い項目から順に予算を割り振れている場合、シミュレーションを
してもしなくても結果が変わってくることはまずありません。

しかしながら、ここまでに達するには相当数のシミュレーションをこなし、なおかつある程度
のセンスも必要になってきます。この域に達していない場合はやはり必ずシミュレーションはする
必要があります。

先日も講演後の懇親会でとある工務店の社長さんが質問してこられました。「今自宅を建設中なんですが
〇〇という断熱材を使い、こんな暖房方法でやっています。なかなか先進的だと思うのですがいかがでしょう?」

という感じでした。
そこで
「Q値はいくらでC値はいくらくらいですか?」
と聞いたところ
「それはわかりません。計算もしていません。」とのことでした。
この方はまだ熱心なほうですが、それでも世の中の大半の工務店さんはまだまだこのレベルです。

深く聞いていくと、屋根以外は最低限はクリアしていそうだというのはなんとなく分かりました。
しかし、この方が
「熱環境でもやっぱりそこまで計算しないと駄目なんですかね?」と言われました。

そこで私は
「ではあなたが、今から7階建ての鉄筋コンクリート造のビルを必要な職人を集めて
 設計、施工とも自分の思うように作っていいとします。そのビルが「安全である」と
 確信が持って住めますか?また実際に安全だと思いますか?その場合、怖いので
 基本のスパンや鉄筋量は満たされないままに、制振ダンパー棟の余計な設備ばかり
 はどんどんつけていくことになると思います。その結果、耐震性は不足しているのに 
 価格は大幅オーバーになる建物になると思いませんか?このやり方でも奇跡的に
 まぐれで強度が出ている場合も有り得ます。しかし、それはあくまでもまぐれです。」
と言った瞬間にそれまで、附に落ちていなかったことがきれいに理解してくださいました。
自分で説明しながら、「今後はこう説明しよう!」とも思いました。

このような場合、この社長さんがもし過去に構造計算事務所に1年でも勤務経験があり
シミュレーションをしなくてもだいたいの断面寸法や鉄筋量の「あたり」をつけられる
方であったなら、計算していなくても私は安心してそのビルに住めると断言できます。
しかし、そういったその道の経験者(熟練者)でない方が勘でやってうまくいくはずが
ないのです。

熱環境も「熱環境工学」という言葉があるように完全に物理学であり工学です。
不確定要素が多いので完全に計算通りにいくというものではありませんが、
計算しているとだいたいそれに近い結果は得られます。

残念ながら、99%の住宅は個別にこのような温熱の計算がなされていないか
もしくは「温熱勘」がない方によって設計されています。その結果、殆どの家が
冬寒く、夏暑い家になってしまっているというのは見事に
「適当にやってもまず結果は出ない」という結果がでているのです!

初めて作る料理をレシピなしで上手に作れますか?
というのにも似ていると思いますし、
一流の料理人になればレシピなどなくても構わなくなってきます。

この文章は一般の方にもたくさんの方に読んでいただきたいと思いますが
実務者の方にもぜひ読んでいただければと思う次第です。

そんなわけですが、明日から一週間フランスに行ってきます。フランスの様子も
お伝えできればと思っております。




スポンサーサイト
別窓 | [熱環境] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

500坪オーバーの施設のファーストプレゼンが終了しました!

500坪オーバーの施設のファーストプレゼンが終了しました!

今日はまた4日ぶりに事務所に行きました。昼からプレゼンのために
施設の関係者の方々が3名来られました。

ややこしい敷地の法規条件のため一時は建設不可能とさえ
思われましたが、そこもなんとか乗り越え、今日に至りました。

短い準備期間ではありましたが、その割にはそれなりのものが
提示できたと思います。所員も忙しい時期に、忍耐強くよく頑張って
くれたと思います。とりあえず、渡欧前の打合せはこれが最後でした。

ところがです・・・・。

沖野担当のO邸と、山口担当のN邸の図面チェックを今日と明日でやって
しまう必要があります。しかも、まだ明後日早朝出発というのに
一切の準備が出来ていません!!

明日、明後日とハードスケジュールをこなしていれば、きっと
明後日の長時間フライトはぐっすり眠れると期待して頑張りぬきたいと
思います。

余談ですが、福井パッシブハウスの少々こましな写真が今瀧
のブログにアップされています。こちらもぜひ御覧ください!
http://ameblo.jp/h-imataki/entry-11659666925.html




別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

日独サスティナブルフォーラムに参加してきました。

日独サスティナブルフォーラムに参加してきました。

今日は朝から福井を出発し米原経由で六本木ヒルズに行ってきました。
六本木ヒルズは前は何度も通っているのですが、中に入るのは初めて
でした。

そうそうたる面子が揃っていましたが、日本側の代表は
環境省エネルギー機構の理事長の村上周三先生

ドイツ側の代表はドイツ国交省の事務次官である
ヘグナーさんでした。

また、来賓として、国交省の官房審議官
元国交大臣の前田武士先生も来られていました。

会場は300名ほどが満杯になっていましたが、
ほんの数年前にはじめてエネパス協会さんの運動がこれほどの
広がりを見せていることは本当に素晴らしいと思いました。
エネパス協会の今泉代表とは別れ際に「これからいろいろと一緒に
やっていきましょう」ということで意気投合しました。

今日来ていた主催者側の人たちも皆一人ひとりは40前後の一個人です。特段大きな
資本や権力を持っているわけではありません。それでも「こんなふうにしたい」
という理想を持って智恵を出しあいながら行動を続けていくことで、本当に
大きなうねりが起こりつつあります。

官製によるトップダウンではないボトムアップの一端を担えるよう
自分でできることは今後も続けていければと思いました。

懇親会にも参加しましたが、最終電車の時間が迫ってきたので途中退席
しました。品川駅まで行ってみると、指定席を取ることができず、珍しく
グリーン車に乗りました。

すると、偶然にも俳優の石田純一さんと同じ車両でした!!(今も同じ空気を吸っています)
やっぱり男前です・・・・。


別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

初めてテープカットをさせてもらいました。

初めてテープカットをさせてもらいました。

タキナミさんの福井パッシブハウスの竣工式に参加しました。
地元の金融機関をはじめ関係者がたくさん集まる中で、華やかに
テープカットを行いました。

様々なイベントでよくみかけはするのですが、自分が切る側に回ったのは
初めての経験でした。また、設計に携わったということで感謝状をいただきました。
今回のようなご依頼をいただき、その上感謝状までいただけるとは本当にありがたい
おはなしです。

それが終わると先日監修を行ったCADソフト「アーキトレンドZ」の開発元である
福井コンピュータアーキテクトの本社におじゃましました。
そちらでは各部署まで丁寧に見せていただき、ソフト開発の裏側を知ることができました。
貴重な社会経験をさせていただきました。


その後、わざわざ従業員の手をとめていただき、会議室に集合していただいて、
1時間ほど講演をさせていただきました。皆さん非常に熱心に聞いてくださいましたが
住宅業界の自動化ソフトの中で最大のシェアを誇る同社の方々が皆さん同じ方向を向いてくださったら
今後のソフト開発はさらにいい方向に進むのではないかと期待しています。

それが終わると懇親会ということで、タキナミさんと福井コンピュータの関係者が
集まって食事に行きました。実はものすごい偶然なんですが、両者と仕事が始まった
ばかりの頃、福井コンピューターのS取締役と話しをしているときに「ちょうど
今福井でタキナミさんというところのモデルハウスを設計しているんです」という
話になった際、「ええっ!あそこの社長は私の高校時代の同級生ですよ」ということが分かりました。

ですので昨日の竣工式もS取締役も来ておられましたし、懇親会も両者一同に介しての懇親会と
なりました。やっぱり高校の同級生が集まると賑やかなもんで、非常に楽しい懇親会と
なりました。

ということで、そのまま福井に宿泊したのですが、今は米原経由で東京に移動中です。
今日は六本木ヒルズにて「日独サスティナブルフォーラム」に招待されています。
日独の省エネ基準を作製しているトップの方々が集まっています。13時半頃からのスタート
で夜は懇親会まで入れると20時を過ぎるようですが、今からどんな話が聞けるのか非常に
楽しみです。
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

初めてたくさんの一般の方に講演しました。

初めてたくさんの一般の方に講演しました。

今日は朝からサンダーバードで福井までやってきました。通ったことは何度かありますが
下りたのはおそらく初めてのように思います。今日はタキナミさんのモデルハウスのオープンを
記念して、一般の方相手に講演会を開催しました。

http://www.takinami.jp/passivehouse/

ご承知のように、最近「講演が本業ですか?」と言われるほど講演ばかりが重なっていますが
10月11月がたまたま重なっているだけの話です。しかしながら、よく考えてみると今までの講演
を聞かれた方々はほとんどが、工務店、設計事務所、建材店等実務者の方ばかりでした。

社内の見学会のときに10名ほど集まったときに簡単にプチセミナーみたいなものを即興で
やったことは何度もありますが、一般の方を対象にきちんとした講演会という形式で実施したのは
今回が初めてでした。

ということで、難しい内容の部分は省略し、全体的にいつも以上に噛み砕いて説明するように
心がけました。50名ほどの方にご参加いただきましたが、講演後は「毎日ブログ拝見してます。
握手してください」と言われるような熱心な方もおられ、改めてインターネットの広範囲性を
痛感しました。

また、当社によくおられるお施主様のような方で、断熱に異常に詳しい方もいろいろと質問されてきました。
講演後20分ほど質疑に応答しましたがその方曰く「福井では大半の工務店をまわりましたが、
未だに気密なんていらないって言う業者が大半なんです。ほんとにレベルが低いですよね」
とまったくもって正論をおっしゃっていました。文字だけ読むと感じが悪い人に思われるかも
しれませんが、決してそういうことではありません。逆に非常に勉強熱心であるがゆえに
この業界の不勉強な実務者の実態を嘆いておられるのです。

真っ当な住宅を建てようとしても自分が建てようとするエリア内に自分が求める知識と施工技術を
持った業者が見当たらないということは非常に残念な話ではあります。もちろん、タキナミさんに
おいては大丈夫ですが、そういう会社を見つけられない場合は、少々エリアを離れていても
ダメ元で信頼する設計事務所等に声をかけてみるのも手だと思います。

熱意が伝われば遠方でも引き受けてくれることはあると思いますので・・・。
明日は起工式で、昼からはアーキトレンドの福井コンピュータアーキテクトさんに
移動して社員さんに対するプチ講演を開催します。これが終わると一旦講演は
10日間ほどお預けとなります。

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ノマドワーカー?の束の間の休息

ノマドワーカー?の束の間の休息

今日はほぼ1週間ぶりに事務所に行きました。
行くとすぐに全体打合せを行い、そのあとは、各所員への
個別物件の指示。最後は事務所でしかできない書類の整理までを
なんとか1時頃までに終わらせることができました。

それにて今日は終了!!

この一週間事務所で働いたのは3時間ほどだけでした。
それ以外はホテル、空港、新幹線、カフェ・・・ところかまわず
あちこちでメール及び、電話による指示、やりとりを行っていました。
ほんとに便利な時代になったものです。

大急ぎで家に帰り、家族で宝塚ガーデンフィールズに直行。
今日はハロウィンだったこともあり、着飾った子どもたちがたくさん
遊びに来ていました。5日ほど離れていた娘ですが、たくさん一緒に
遊んで、最後は娘が大好きなスーパー銭湯に連れて行って今日を
終えることができました。

たった半日ほどでしたが、いい気分転換になりました。
明日は朝から福井に出発し、講演、及び明後日は起工式があります。
でもって、火曜日は東京に移動して六本木ヒルズにて行われる
「日独サスティナブルフォーラム」に招待されているのでそちらにいかなければ
なりません。せっかく帰ってきたのにまた3日ほど家を空けます。
というわけで、今日の束の間のスキンシップはどうしても必要でした。

明日はサンダーバードで車窓を楽しみながら行きたいと思います!!

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

5日連続全国縦断講演を札幌にて締めくくることができました!

5日連続全国縦断講演を札幌にて締めくくることができました!

今日は朝起きて飛行機のチェックをしましたが、問題なく飛んでいた
ようです。念のため1日早く入りましたが、保険で終わってしまいました。
前泊できていれば、もっと前先生ともゆっくり話をすることができたのですが
致し方ないですね。

札幌はもっともっと寒いかと思っていましたが、今日は非常に温かいらしく
コートなしでも平気でした。

しかしながら、ちょっとだけ困った事がありました。
いつもの講演はⅢ、Ⅳ地域(本州で南東北以南)を中心に作ってあるので
北海道では通用しないことが多かったのです。そこで、北海道の方向けに
パワポを微調整させてもらいました。

ということで、無事に札幌講演を終わらせることができたのですが、
全国縦断しながら5講演を遅刻、体調不良その他不測の事態なく終えることが
できて、本当にホッとしました。ここまでの「やりとげた感」はちょっと久しぶりでした。

講演が終わると、いつも仲良くして頂いている札幌の工務店
棟晶の早坂社長と一緒に札幌で2番めに古いと言われるお寿司屋さんに連れていって
いただきました。2番めに古いというだけあって、現在の大将は4代目だそうです。
私は美味しいお店に行くときは「刺し身は違いがわかりにくい」と思っているので
あまり刺し身は頼みません。そんな私ですが、刺し身の味の違いには本当に
驚かされました。こんなに美味しい刺し身とお寿司はなかなか味わえるものでは
ありません。最後にいい締めくくりができました!

あとは無事に帰るだけです。新千歳を向かう道中ですが、娘の顔を見るのが楽しみです。


別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ビッグサイトにスーツケースを忘れてかなりヒヤッとしました。

ビッグサイトにスーツケースを忘れてかなりヒヤッとしました。

昨日はドタバタ劇のような1日でした。

朝、ホテルからビッグサイトに向かっているといつもお世話になっている
LIXILのMさんにゆりかもめでばったり会いました。お互いジャパンホームショーに
向かっていたので、話しながらいきました。

12時前まで会場内をくまなく見て回りましたが、何個かは「これいいな」
と思わせる建材に出会うことができました。そこから、すぐ近くの
「ベイコートクラブ」に移動し、パッシブハウスジャパンの関係者と
食事・・・。

私だけ講演があるので先にタクシーで会場に戻りましたが、その際、
小銭が足らず、運転手さんもお釣りを持ち合わせていませんでした。
そしたら「小銭ある分だけでいいですよ」ということで、そのときあった
210円でタクシーに乗ることができました!

会場に戻ると、私の前は省エネ基準を作った中枢人物である
鈴木先生、立ち見が出る大盛況でした。でもって私の後は東大の
前准教授・・・。こちらも満席が約束されているようなものでした。

「なぜこの二人の間に自分が・・・」と思っていましたが、蓋を
開けば立ち見が出るほどたくさんの方が来てくださっていました。
忙しい中お時間を割いていただいたことに感謝いたします。

私の講演の後は、久々に前先生の話しを聴衆として聞かせていただきました。
話の落とし方が本当にうまく、とても真似ができそうにありませんでした。

前先生の講演が終わると、先生と品川で食事をする予定にしていたので品川まで
一緒に移動しました。喋りながら移動しているとどえらいことに気が付きました。
控室にスーツケースを忘れ手荷物だけもって来てしまっていたのです。

時間はすでに18時、食事をして19時23分の飛行機には乗らねばならず、かなり
ヒヤッとしましたが、建築知識の社員さんが品川まで持ってきてくださったので
事なきをえました。久々にやらかしてしまいました・・・。

そこからギリギリで羽田空港を発ち、札幌のホテルについたのは11時を過ぎていました。
まさにドタバタ劇のような1日でした。

今日は札幌市内で講演ですが、これが終われば、台風でフライトが狂わない限り帰宅
することができます。今週最後の講演を頑張ってやりぬこうと思っています。
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

台風によりスケジュール大幅変更

台風によりスケジュール大幅変更

今日は出張にしては珍しく朝はゆっくり寝ることができました。連泊の初日なので
ぐっすり眠れたことは良かったです。午前中はホテルにてメールの処理や事務所との
やりとりを済ませました。そこから東京駅に向かい、仙台に向かいました。

仙台では駅前のホテルにて講演を行いましたが、そこで非常に遅くてお恥ずかしいのですが
台風27号について「あれ?」と思いました。28号ばかりが気になっていたのですが、27号を
見てみると私が羽田から札幌に飛ぼうとしている25日の午前中はまさに台風のまっただ中の
可能性があることが分かりました。

すでにホテルも飛行機も予約してあったので、「陸路で札幌まで行けるのだろうか?」と
調べてみたところ、陸路だと9時間!!もかかることが判明、13時から札幌の講演はスタートするので
東京を始発で出ても間に合いません。飛行機は飛ぶ確率もありますが、飛ばない確率も十分
あります。たくさんの方が待ってくださっているところを「飛行機が飛ばないので行けません」
というのは洒落になりません・・・。

ところが、あすはあすで以前から東大の前准教授と食事に行く約束をしており、それをドタキャン
するのはあまりにも失礼で、かつ私自身もったいないと思うわけです・・・。
そこで、あすの夜できるだけ遅いフライトを探すと20時30分発の飛行機を見つけることが
できました。これであれば、1時間半ほどは食事に参加することができます!!
ということで、いそいで飛行機を予約し、札幌のホテルも予約しました。

今は仙台から東京に向かう新幹線の中ですが、ホテルに戻ったらもう一泊する予定だったのを
キャンセルし、25日の飛行機もキャンセルしなければなりません・・・。この慌ただしい日程で
このスケジュール変更はちょっと大変でした・・・。

ということで、あすは東京ビッグサイトにて講演です。前先生の講演も聴けるのでとても
楽しみです!
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

福井新聞に掲載されました。

福井新聞に掲載されました。

福井新聞記事抜粋

設計させていただいた、福井県のタキナミさんのモデルハウス(パッシブハウスレベル)が福井新聞に掲載されました。取り急ぎ紹介させていただきます。

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | NEXT