兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

東京プランニングセミナーが終了しました!!

東京プランニングセミナーが終了しました!!

昨日は事実上初めてでしたが、丸一日、今日は9時から1時間と1日ちょっとかけて
プランニングセミナーをさせていただきました。

全国から高断熱住宅の猛者たちが20人ほど集まり、少数精鋭での開催でした。
人数こそ少ないですが、松山の高岡さん、茨城の島田さんをはじめとする。かなり濃い
メンバーばかりでした。

まずは最初にパッシブデザイン(夏の日は遮り、冬の日射を取り入れる)ための
具体的な手法を1時間半ほどかけて、スケッチを書きながら説明しました。

その後1.5時間ほどかけて各社が事前提出してくださったプランニングの講評を
させていただきました。

次に松尾設計室の実際の設計事例を3例ほど図面と写真の両方を交えながら
見ていただきました。

最後は実際に松尾設計室で契約したお客様の敷地と要望を与えた上で
駐車場、庭、1階の各部屋のゾーニングまでを考えるプランニングを2時間
近くかけて考えてもらいました。

ということで、10時からはじめて、17時に終了しましたが、昼休み1時間をのけても
6時間にもわたる講習となりました。

さらに今朝は私が見てよく出来ていた2名の方のプランニングの紹介と
実際に私が考えたプランをどのような思考過程で考えたのか?
最後は実際に出来上がったプランを見てもらうということで、終了しました。

私がいつも、プランニングの話や竣工写真を講演会であまり入れていないのには
理由があります。断熱や省エネ理論はすぐに覚えられますし、やる気さえあれば
次の日からでも実践できます。ところが、プランニング技術は聞いただけでは
全くもってできるようにはなりません。

泳ぎ方を聞いただけでは泳げないのと全く同じ理屈です。皆さんに講演できる
時間は限られているので、より時間対効果が高い内容を優先すると、実物件を
紹介している余地が残らないというのが事実です。

しかしながら、今回くらいの時間があれば、ひととおり上述の流れを説明することができます。
しかしながら、やはり一プランを2時間程度考えたくらいで上手にプランができるようには
なりません。もっともっと何十回も練習する必要があります。

実際、今回皆さんがプランを考えていく過程をぐるぐる巡回しながら見て回ったのですが
これがものすごく参考になりました。

私が「最初は絶対にマス目で考えないで下さい。車庫はここでリビングはここ、庭はここ
玄関はここというのを鉛筆で◯をたくさん書いて、その相対的な位置関係とだいたいの
位置だけを考えて下さい。そのレベルで構わないので最低3つ以上考えて下さい」
と説明しました。

ところがほぼ全員が、車庫の配置は1パターン、軸線の方向も最初から確定
した状態でマス目をベースにした詳細なプランニングに走り始めるのでした。そして
基本は絶対に崩さずにそのプランをいかに小規模変更するかという小手先の変更で
修正しようとし続けているのでした。この傾向は普段設計をやっている方ほど強く見受けられました。

このやりかたをやっていると、理想的なプランをみすみす失うようなものです。

そこで助け舟を入れました。今回の課題は車2台でしたが、車の配置の仕方は
おおまかにわけて7通りありました。そして軸線をどこに沿わせるかは大きくわけて
3通り考えられる敷地でした。

ということはそれだけで7×3の21通りの入口が存在するわけです。
まずはこの21通りの中から3つ選んで、そこからさらに深く検討してもらうように
しました。

私が一級建築士の受験をしていた頃はこのやりかたが出来る人でなければ
短期間に製図試験にパスすることは不可能でした。最初のとっかかりがまずい
プランニングからスタートすると複雑に絡み合う諸条件を小手先の変更で対応する
やりかたでは絶対に諸条件をまとめることが不可能だったからです。

私は一級建築士の製図試験を若いころに必死で訓練したおかげで、40を間近に
控えた今でも、かなり頭を柔らかく多角的にプランニングをスタートする癖が
ついています。

今後は要望があれば、この手のプランニング講習もいろんなところでできればと考えています。

私のあとは岩手の「すまい環境プランニング」の古川さんによる施工研修が始まっています。
これも東北の地で相当件数結露や断熱に関する施工ミスを見続けてきた古川さんならではの
非常に深い内容の研修でした。

ということで、非常に充実した2日間だったと思います。

このような機会を与えて下さった主催者であるグリーンブリッジの荒木さんを始め
参加してくださった皆さんに感謝したいと思います。


スポンサーサイト
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

松山→大阪→福島→東京を24時間で移動しました!

松山→大阪→福島→東京を24時間で移動しました!

昨晩は松山から伊丹空港に帰ってきて空港の中にあるホテルに初めて泊まりました。今朝の福島行きへの出発が早かったからです。で、福島のLIXILさんにて講演させていただきましたが、福島は本当に寒かったです。先週北海道に行った時でさえ寒いと思いませんでしたが、今日の福島は今年初めて「寒い!」と思いました。いよいよ冬の始まりという感じです。先ほど郡山の駅まで送っていたっだき、今東京に向かっている最中です。今から東京で打合せが一本あって、それで今日の予定は終了です。
 明日と明後日は都内にてグリーンブリッジの荒木さん主催のプランニングセミナーに講師として参加します。ずっと前に2回ほどやらせていただいて以来ですが、それよりもずっと中身は濃くしています。また、集まったメンバーも全国の猛者ばかりです。どうなるか想像がつきませんが、今から楽しみにしています。

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

松山講演終わりました。今週は福島→東京2日→札幌と続きます!!

松山講演終わりました。今週は福島→東京2日→札幌と続きます!!

今日は朝一から空港に移動し、松山まで飛んできました。
YKKAPさんの講演でしたが地方にしては珍しく100名を超える受講者でした。
これは凄いことです・・・。いつもながらYKKAPさんの集客力には驚かされます。

終わった後、愛媛で急成長したコラボハウスさんを見学させていただき、今から
飛行機に乗る直前というところです。

明日はLIXILさんの依頼で福島講演

水木はGreenBridgeの荒木さん主催のプランニングセミナーで
東京です。これはいつものパワポによる講演とは全くことなり
パッシブデザインを主眼においたプランニング手法を実際の
プランニング練習も含めたセミナーとなっています。
私自身不慣れな点もあるので勉強のつもりで頑張ろうと思います。
金曜は移動日で札幌に移動し、土曜日はYKKAPの社員向けの
省エネ建築診断士セミナーをしてから帰宅する予定です。

その間にも何件かアポイントが入っています。
とにかく身体を壊さず、交通機関に乗り遅れないことを
最優先で乗り切りたいと思います。

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

経産省が「全ての住宅省エネ窓に、50年かけて既存住宅も省エネ化」発表!!

経産省が「全ての住宅省エネ窓に、50年かけて既存住宅も省エネ化」発表!!

今年一番画期的な記事が今朝の新聞に出ました。
2022年度までに単板ガラスを廃止、これから50年かけて既存も含めた国内全住宅の窓を省エネ化する。
と発表したのです!!!!!!

これはものすごい発表です。まさにもうすぐ終わろうとしている窓改革元年である2014年を締めくくるにふさわしい
記事だと思います。以下新聞からの引用です。



 経済産業省は来年度から、住宅の窓や断熱材を省エネ製品に転換する取り組みを始める。窓や断熱材をつくる建材業者に呼びかけ2022年度までに断熱性能の低い旧式窓などの製造を基本的にやめてもらう。窓などの市場シェアを全て省エネ製品とし、既存も含めた国内全住宅の窓などを50年かけて省エネ化する。

 経産省によると、住宅などに一般的に普及する引き違い窓の場合、12年度時点でガラス1枚で窓枠の材質がアルミ製の旧式窓のシェアが17.37%ある。

 経産省は来年度から建材業者に呼びかけ、22年度までに窓枠に樹脂などの断熱性の高い材質を使い、複層ガラスを備えた省エネ窓に製造を切り替えてもらう。23年度以降も旧式窓を手掛ける場合は是正を勧告する可能性があるという。断熱材の製造業者にも同様に切り替えを呼びかける。

 消費者の住宅購入時やリフォーム時に補助金を出し、導入を加速させる。経産省は50年ほどかけ、既存を含めた国内住宅全てに省エネ窓などを導入する計画だ。経産省によると、東京都内の一般的な住宅の熱損失は、壁、天井、床が31%、窓などの開口部が50%、換気に伴うものが19%ある。断熱材と窓を省エネ製品に切り替えると約8割の熱損失をカバーできるという。


ということですが、この記事が出たことには驚異的な価値があります。しかしながら大きな難点もあります。
2022年度まであと8年もあるわけですが、後8年も単板ガラスの発売を許し続けるのか??

22年度の目標がU値4.65のアルミ複層ガラス56.71%でいいのか?
(その頃韓国では最低が2.7、中国でも2.0以下になっていると思われる)
また、樹脂サッシ複層ガラスがたったの4.56%でいいのか
(諸外国ではこのレベルもしくはそれ以上が現状で最低基準より低い国も多い)

そして、これから50年という超長期計画でいいのかということ。
CO2排出量削減に関しては2040年から50年ごろまでにどれだけ
削減できるかが非常に大きなポイントと言われています。そんな中
今から50年というと2064年・・・。既に手遅れになっている時期です。

ということで、出ないよりは出たほうがはるかに良い記事だったと思いますが、
ここの内容的にはかなりレベルが低いものであることは否めませんでした。

東芝はLED普及にあたり白熱電球を一瞬で廃止しました。今現在
大手家電店で白熱電球を見ることはほとんどなくなりました。
なぜ、電球にできることが住宅業界ではできないのか?

しかも白熱電球など1,2年で切れて交換するものです。
窓は最低でも3,40年使われ、そこから逃げるエネルギー、光熱費も
白熱電球の比ではありません。合理的に考えるとまったくもって理解出来ない
数値目標としかいえません。
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

講演打合→南港で打合→あべのハルカスでシンポジウム→懇親会→富田林??

講演打合→南港で打合→あべのハルカスでシンポジウム→懇親会→富田林??

今日は激動の1日でした。

まずは朝一、東京から建築知識の記者の方と断熱材メーカーさんが
11月に東京ビッグサイトで開催するセミナーの下打ち合わせで来社されました。
建築知識さんでは3日間で15セミナー開催するそうですが、おかげさまで
今のところ予約状況は順調だそうです。今回はリフォームにまつわる
健康、医療費、エネルギー、雇用まで統括して腑に落ちるような話ができれば
と考えています。
今回のジャパンホームショーではそれ以外に、新建ハウジングからも2セミナー
全く別でハウゼコさんのイベントにも呼ばれているので、2日間で4つのイベントに
参加することになりました・・・。新建ハウジングのセミナーでは
1日目は東京大学の前教授と、エネパス協会の今泉さんとの対談、
2日目はオイカ創造所の及川さんとの対談で今からとても楽しみです。

それが終わると電車で南港付近まで移動、これまた某企業さんと
2名の大学教授他多数を交えての打合せを2時間ちょっとやりました。

そのあとはこれまた大急ぎであべのハルカスまで移動・・・
第 44 回熱シンポジウム『役に立つ湿気研究』
と懇親会に参加してきました。
学会関連のイベントにはほとんど行かないのですが、これだけ日本の熱環境の
先生方が集まったイベントには初参加かもしれません。岩前先生他
九州大学時代の先輩、他知っている方もたくさん来られており、有意義な
時間を過ごすことができました。

そして最後は富田林に移動・・・。
なぜか??先日注文した社用の中古車「プリウス」が最も良い条件で買えたからです。
これでプリウスは会社として初代1台、2代目2台、今回は最新型(初期型)を1台購入したので
4台目のプリウスとなります。

帰り2時間ほど運転しましたが、2代目との差はかなり大きいものがありますね。
初代と2代目ほど大きい差ではありませんが、それでもやっぱり別物でした。
プリウスを買うなら絶対に「ツーリングセレクション」がオススメです。ノーマルは
ボディーも足回りも全然大したことないですが、ツーリングセレクションになると
多少はしっかりとします。2代目プリウスでは120kmくらいになると安定感が
なく怖い感じがしました。また加速も大したことありませんでしたが、3代目は
そのあたりが見事に解消されていました。もちろんさらに燃費も改善されています。
明日からまた、皆さんの前に登場することになると思いますが、また長期間
お世話になる車です。大事に使い倒してほしいと思っています。

ということで、本当にバタバタの1日でした!
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

京都講演、来場者250名と大盛況でした!!

京都講演、来場者250名と大盛況でした!!

今日は7時過ぎの電車に乗って京都に向かいました。

午前中は京都のプールバーの省エネ改修で不明な点が
あったのでその調査を行いました。

昼からは京都駅の和食屋さんでYKKAPの支社長さん
はじめ、重鎮の方々と会食させていただき、
2時からは講演させていただきました。

蓋を明けてみると社員をのぞいて250名近くの来場者が
あったようです。最前列にはいつもの常連さんが並ぶ中で
皆さん熱心に聞いてくださったと思います

最後はこれまた関係者10名ほどで懇親会という運びと
なりました。YKKAPの社員の間にはここ2年ほどで完全に
「良い窓を提供したい!!」という精神が根付いたと思います。

今現在各社から高性能窓が出てきており、それぞれ切磋琢磨していますが、
全社一丸となってこの精神が行き届いているという意味では抜けていると思います。

良いハードを作っても末端で営業する社員が心底その重要性が腑に落ちていないと
心のこもった営業活動はできません。その結果その商品が売れることはありません。
今年口火を切った窓改革元年ですが、これからの高性能窓の販売競争は性能は
もちろんのこと、営業マンというソフトの部分の差が非常に大きくなってくるのでは
ないかと考えています。


別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

マツロクさんの「ファーストリフォーム」に掲載されました!

マツロクさんの「ファーストリフォーム」に掲載されました!

今日は今週と来週で唯一、丸一日事務所にいる日です。

しかし、来客はありました。昨年何度も講演に読んで頂いたマツロクさん
の担当者が新しくできたカタログを持ってきて下さいました。

マツロクさんは本当に多くのメーカーの金物を扱っている会社として
有名ですが、ここ数年ファーストリフォームという事業を立ち上げてきました。

http://www.firstreform.com/

doc04382320141022115544_001.jpg


既に工務店さんやリフォーム屋さんは使っている人が非常に多いようなので
ご存じの方も多いと思います。

なぜこのサービスが急激に伸びたかというと、たったひとつの小さな金物でも
昼の3時までに注文すれば、5000円以上なら送料無料で翌日配達してくれるからだそうです。
確かに、そういうサービスは工務店の監督さんにとっては非常に便利だと思います。
ほとんどの監督さんがスマホを持っている今の御時世ならなおのことでしょう。

このファーストリフォームというカタログ3万8千部も刷られているそうですが、
その中の見開き2ページ分特集記事を書かせていただきました。
doc04382420141022115615_001.jpg

工務店の方は私の記事を読まなかったとしても取り寄せて損はないと思います。
で、もし取り寄せたのであれば読んでいただけると嬉しいです。

最後になりますが、明日は京都のYKKAPさんからの依頼で2時から(1時半開場)
京都センチュリーホテルにて講演します。こちらもお近くで興味のある方は是非ご来場
いただければと思います。

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

世界中の新生児の約15%が父親のDNAとは異なるらしいです・・・

今日は草津にてコシイプレザービングさん主催のロングライフデザインセミナーで講演でした。

今帰りの電車に乗っているところです。

つい先日フェイスブックにて「ボノボ」を紹介したところ結構な反響がありました。
その過程で「あなたはボノボ、それともチンパンジー?」という本を見つけたので
買って読んでみました。

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%AF%E3%83%9C%E3%83%8E%E3%83%9C%E3%80%81%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%A8%E3%82%82%E3%83%81%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%BC-%E6%9C%9D%E6%97%A5%E9%81%B8%E6%9B%B8-%E5%8F%A4%E5%B8%82%E5%89%9B%E5%8F%B2/dp/4022599995

そもそも、勘違いがあるといけないので説明しておくと
ボノボやチンパンジーが遺伝的に極めて近いからといって彼らが人間に進化したわけではありません。

もっとずっと前にまずは「人間」と「ボノボとチンパンジーの祖先」に分裂し、その後ボノボとチンパンジーに
別れたというのが遺伝的に正しい流れです。

人間とチンパンジーは同種同士で殺し合うという極めて珍しい特性を持っているということは
前に説明したとおりです。その他にも人間、ボノボ、チンパンジーの長所、短所が極めて分かりやすく
書かれています。かなりおすすめの本だといえます。

そんな中で、本題からはずれるのですが、かなり興味深い内容がありました。
アメリカだったと思うのですが、とある産婦人科で実験ということで
両親、及び新生児のDNAを全て照らしあわせたろころ、その病院では10%の新生児の
DNAが父親のDNAとは異なっていたそうです!!

あまりにも衝撃的な内容過ぎてこの医師はこの事実をどこにも発表できずにいたそうですが、
その後似たような例が世界的に出てくるようになり、今では世界的に平均で15%
多いところでは30%が父親が別人であるということです・・・。

さすがにこれには驚かされました。私のように、誰がどう見ても父親の顔にそっくりな
家族ならまだしも、そうでない場合もたくさんあります。親子でもDNA鑑定をしなければ
ならない時代がくるのか??そんな肌寒さを感じた内容でした。

それと、もうひとつ注意深い記事が・・・チンパンジー、ボノボ、それから世界中の
原住民族に共通していることとして、食事は肉類が30%、木の実等が70%、そして
1日の狩り等の仕事の時間は3時間だそうです。

ここからはこの本に書いてあったことではありませんが、ボノボやチンパンジーそして
原住民族は癌や糖尿病がほとんどないことが知られています。ところが、西洋式の食事
を始めとする生活習慣を導入するとこういった人たちにもやはり癌や糖尿病は発生してくるらしいのです。

最近炭水化物を抜きにするローカーボダイエットが注目を浴びてますが、完全にゼロにはしなくても
炭水化物や精製糖を現代人のように大量に摂取するということはほんの数十年のことであり、身体の
構造的に適応できていないがための疾病であろうと強く思いました。

このあたりに関してもかなり、いろんな本を読んできたので頭の中がだいぶんまとまってきました。
また機会があれば紹介したいと思います。
別窓 | [日記] | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

日経ホームビルダー掲載&2つの偶然が重なった1日

日経ホームビルダー掲載&2つの偶然が重なった1日

今朝事務所に行ってみると日経ホームビルダーの最新号が届いていました。
HBcover_l_201410201645367e9.jpg

先日ケンプラッツで公開されましたが
「窓後進国ニッポン」という題目で記事が掲載されています。
興味のある方はぜひ読んでいただければと思います。

事務所に行って最低限の業務だけこなすと、今日は栗東で
地鎮祭があるので出発しました。今日の降水確率は70%
で明石も栗東も雨が降っていました。
「やばいな・・・」と思っていましたが、地鎮祭の時間が近づくに
つれ雨は弱くなり、無事地鎮祭は終了。しかも、終わった瞬間に
また雨が降り始めました。こういうことがよくあるのですが、
自称「超晴れ男」伝説は健在でした!!

それが終わって夏見さんの事務所に戻るとまたまた偶然が・・・
某サッシメーカーに勤めている大学の研究室の先輩が
夏見工務店を訪ねてきたのです。この先輩とは1ヶ月ほど前に
17年ぶりの再開をしたばかりです。待ち合わせしているわけでもないのに
めったに来ないところで遭遇したのには驚きました。

ということで、なかなか面白い1日でしたが、なんと明日も
滋賀(草津)にて講演です。しかも木曜も京都で講演、
金曜は大阪と今週は関西WEEKです。

楽しみながら乗り切っていきたいと思います!!
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

建築知識11月号に掲載されました!

建築知識11月号に掲載されました!

昨晩遅くに札幌から帰ったばかりですが、今朝は朝一から神戸市西区で見学会でした。

午前中はフェイスブックでいつもよくつながっている工務店さん等実務者が非常に
多いのが特徴でした。お施主様と娘さんも楽しそうにその様子を見ておられて
非常に微笑ましい光景でした。

私は私で、「いつものメンバー」的な感じで和むことができました。
お施主様のM様には心から感謝感謝です。
ありがとうございました!!

事務所に帰ると、これまた今日は新規の契約をさせていただきました。
しかもその住宅はつい2年ほど前に引き渡した住宅の真横の住宅です。
まだそのお施主様には連絡してませんが、近いうちに驚かせようと
企んでいます・・・。

で契約も終わって2日間空けていただけで溜まりまくっている資料を整理していると
先日執筆した建築知識の最新号(11月号)が送られてきていました。
34291411.jpg

「超イラストで全部わかる新しい建築現場用語」
という題目です。項目分けは
敷地編 6項目
基礎・躯体編 11項目
仕上げ編 20項目
設備編 4項目
設備編 8項目

用語数 1572語

執筆者数20名

とものすごーく手間暇かかった特集号となっています。
設計事務所、工務店に一冊あっても損はない内容だと思います。
私が担当したのはもちろん「断熱」のパートで、まる3ページ分です。

興味のある方はもちろん、ない方もぜひご購入の上読んでいただければと思います!





別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | NEXT