兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

ベトナムの人と住宅に接して感じたこと(1)

ベトナムの人と住宅に接して感じたこと(1)

もう帰国してから2週間が経過しました。バタバタの2週間でしたが、ベトナムの記憶が薄れない
うちに、現地で感じたことをまとめてみました。長くなるので3回に分けてアップしようと思います。


5月9日から12日まで、現地2泊、機内1泊というスケジュールでベトナムに行ってきました。同行したのはハウゼコの社長、近畿大学の岩前学部長、耐久性の権威でおられる石川廣三名誉教授に他2名を入れると総勢6名での視察ツアーでした。

 今回の視察の目的は某日本企業の現地人の日本企業への面接風景を見学するということ、それと現地人が住む普通の住宅を見学するということでした。どこの国に行ってもそうですが、旅行会社がパック化しているツアーだとお決まりの観光地に行って、土産物屋に行ってそれで終わりになってしまいます。

 しかし、現地人でアテンドしてくださる人がいると現地の生の人、住居、生活を垣間見ることができます。これこそが旅の楽しみであり、刺激だといつも海外にいくときは痛感しています。

 今回は成田組と関空組で別れてのスタートとなりました。しかし、スタートから関東組にトラブル勃発・・・。ベトナム航空にて飛んできたのですが、到着した瞬間に全員の荷物が届いていないことが発覚しました!しかもその理由が成田ですべての荷物を積み忘れるというとんでもない理由でした・・・。私は自分及びその関係者が荷物のトラブルにあったことがこの2年で2回ありましたが、片方はフランス、片方はフィリピンでのことでした。まさか、成田でこんな大失態が起こるとは想像していませんでした。とはいえ、その日の夜にはちゃんと届いたので不幸中の幸いでした。このトラブルでまずは空港で2時間ほど足止めをくらいました。

そこから、ハノイ市内に移動し、早速某企業の面接風景に立ち会いました。今ベトナムの田舎の平均月収は10000円とのこと。彼らが日本に来れば20万くらいの月収はもらえるようです。一気に年収が20倍以上になるわけです。15名ほどが集団面接するシーンを見せていただきましたが、まさに人生がかかっています。つたない日本語を一生懸命駆使しながら話す姿には胸を打たれました。

 翌日はハノイ市内ではありますが、郊外にある普通の住宅3軒を伺いました。まずベトナムの常識として北部ハノイでは住宅といえば鉄筋コンクリート造を指し、木造住宅はほぼ全くありません。木造イコールシロアリ、台風にやられる掘っ立て小屋・・・そういうイメージが根強く染み付いているように感じました。とはいえ、ベトナムは日本よりははるかに南に位置しますが、全土を台風を襲うというようなことはないようで、沿岸部しか台風がくることはないそうです。また、来たとしてもフィリピンほど強烈な台風になることはないそうです。シロアリに関しては暖かいもしくは暑い期間がほとんどなのでやられ出したらあっという間にやられてしまうという特徴があるようでした。これは日本でも同じことで、鹿児島や宮崎がシロアリに敏感なのも同様の理由です。

スポンサーサイト
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

厚木講演→品川前夜祭→赤坂宿泊→大分に飛ぶ!

厚木講演→品川前夜祭→赤坂宿泊→大分に飛ぶ!

昨日もバタバタでした。

いつもどおり娘を送ってから事務所に行き、最低限の書類整理と伝言事項
メールのやりとりを済ませたらすぐに新幹線に乗りました。

新横浜で降りて、小田急線経由で本厚木というところまで行きました。
人生で始めて降りる駅でした。

途中の小田急線ではロマンスカーというものに初めて乗り、しかも最後部の
一番見晴らしのいい席に座れてラッキーでした。

そこで講演していると一斉に地震速報が部屋中に鳴り響きました。数十台の
警報音はものすごいものがありました。そこから5秒もしないうちに結構な揺れが
襲ってきました。ほとんど地震を経験したことがない私としてはかなり大きな
揺れだったと思います。

講演を終えると品川まで移動しなければなりませんでしたが、地震の影響で
ダイヤが乱れまくり・・・

しかしながら、次の予定である健康省エネ住宅国民会議の前夜祭は
5時スタートでした。ほんとにギリギリで間に合いました。

そこにいくとなんと、前建築研究所理事長の村上先生まで来られていました。
建築の世界では神様のような方です。10年前にサスティナブル賞をいただいた
ときに賞状を手渡してくださったのも村上先生でした。

他にも全国から各県の代表者が集っており、非常に濃い時間を過ごすことができました。

さらに品川でもう一本打ち合わせをしてから赤坂に宿泊しました。

今朝は朝から羽田に移動し、今大分空港から1時間かけて市内に到着したところです。

今日大分講演を終わらせると、今週はかなり平和に過ごせます。

今日一日頑張ってやりすごしたいと思います!!
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

気持ちが伝わってくる土日でした。

気持ちが伝わってくる土日でした。

土日ともにバタバタで、今厚木に行く途中の新幹線にて更新しているところです。

土曜日は午前中2年以上にわたって続いてきたF様邸の最終引き渡しに立ち会ってきました。
田園風景の中で旧家、蔵等が敷地内に5棟以上立ち並ぶという昔の住宅で、当然それらは
確認申請も取らずに建てられたものがほとんどでした。

ということで、当然ながら確認申請は交渉につぐ交渉、長引きに長引きました。

さらに、実際に工事に着手しようにも解体→施工→引っ越し→復元という課程を
あちこちでとらねばならず、こちらも本当に時間がかかりました。

ということで、なんら途中で停滞期間があったわけでもないのにものすごく時間が
かかったプロジェクトとなりました。冬はマイナス6℃を下回る地で無断熱住宅で
過ごすという超過酷な生活をずっと我慢されてきたご家族でしたが、晴れて
すべての工事を終え、奥様お手製のお料理までごちそうになってしまいました。
本当に美味しく、担当の山口、現場を見てくださった川畑さんも含めて楽しく
過ごすことができました。

昨日は昨日で昼から大津にて某工務店さんから依頼されているモデルハウスの
土地を見に行きました。そのあと、栗東のT邸の引き渡しに向かいました。

こちらは、おなじみ夏見工務店さんとの初コラボでしたが、お施主様はもちろんでしたが
夏見さんはもちろんのこと、その現場に携わった担当者全員の気持ちが伝わってきました。

「これからはこういう住宅で勝負するんだ!」
「難しい仕事だったけどなんとかやりとげた!」
という雰囲気がよく伝わってきました。

正直、松尾設計室の建物を施工するのは楽な仕事ではありません。
非常に手間がかかると思います。しかしながら、それをやりとげたあとの
お客様が喜ぶ顔を見れば、苦労した担当者も報われるというものです。
例えるなら登山に似ているかもしれません。

ずっと苦しい道のりが続きますが、登り切った時の喜びがあるから続けられる
そんな感じです。

引き渡しが終わったのは夕方でしたが、そこから関係者一同で打ち上げに
なりました。皆さんやりきった後だったので、一旦ほっとした顔が見られ、それも
いい顔でした。

ここ数年私は全体統括の役回りになり、こういう感覚が逆に新鮮に感じました。

最近の大手メーカーおよび、パワービルダーでは住宅が商品となり
価格競争と、ノーメンテナンスばかりが追求され、作り手も情熱
やりがいがなく、お客様にも大して感動、感謝がない状態が一般化してきています。

しかしながら、中小の工務店、設計事務所にはこういった喜びを感じられる瞬間があることも
多いです。

もちろん、ここばかりを追求して、断熱気密、省エネ、構造、耐久性といったところが
大きくメーカーに劣って良いわけはありません。しかし、そこが同等かそれ以上で
できていれば、逆に中小の住宅会社のほうが明らかに良い住宅及び、気持ちを
提供できると考えています。

そう思って、24歳の頃に住宅メーカーを退社しましたが、その選択は間違っていなかった
ということを久々に思い出させてくれた気がしました。

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

高松講演は総勢300名の大舞台でした。

高松講演は総勢300名の大舞台でした。

昨日も通ったのに今日も岡山経由で瀬戸大橋をわたり高松までやってきました。

会場は高松駅前のサンポート高松・・・

ものすごく良い会場ですが、いままでここで何回講演したことか・・・
気づけば常連さんになってしまった感があります。

そして会場に行って驚いたのが来客数が2百数十人、
スタッフさんが50名以上・・・おそらく全部合わせると300名
くらいいらっしゃったかと思います。

ということで、非常に大規模な講演会でしたが、昨晩充電したばかりの
パワーポインターの電池が途中で切れ、予備の電池に交換すると
いうハプニング以外は無事にやることが出来たと思います。

終わると同時にマリンライナーに飛び乗り、岡山駅で駅弁だけ購入して
みずほに乗りました。今は鹿児島まで移動している最中です。

夕食も終え、会社からの図面チェック、メールの返信も終わったところでの
ブログ更新となりました。

しかし、やっぱり鹿児島はちと遠いです・・・
しかも明日は1日2講演・・・・

頑張って乗り切りたいと思います。
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

広島で省エネ建築診断士講習を開催してきました。

広島で省エネ建築診断士講習を開催してきました。

昨日今日は広島にて省エネ建築診断士講習を開催してきました。
今回からはパッシブハウスジャパンの幹部の方々がたくさん来てくださったので
いつもどおり賑やかになりました。やっぱり同士が集まると楽しいものです。
いつも思うのですが、あのメンバーで集まると自分がどこにいるのかわからなくなります。
ここはドイツ?東京?福岡?といった感じです。世界中、日本中問わず年に何度もあちこちで
あっているので感覚がおかしくなります。

今回も60名近い参加者があり、全国からご参加いただきました。しかもみなさん非常に
熱心でこちらも話がいがありました。

今日は事務所に戻って所員にいろいろ指示したり、チェックバックしたりといったひととおりの
仕事を終え、明日は高松で講演、夜の時間で鹿児島に移動し、明後日は鹿児島にて
講演です。しかも午前と午後の2回講演・・・・。
以前一度だけ横浜でやったことがありますが、まさかまたこれをやることになるとは
思いませんでした。しかも鹿児島終了後帰ってこなければなりません。

鹿児島は最低でも新幹線で4時間はかかります。
なかなか充実したスケジュールが続きますが、楽しみながら乗り切って
行こうと思います。

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ベトナムを含む1週間遠征が一旦終わりました。

今日は朝から静岡県沼津市でプランニング演習をしてきました。

沼津というところ・・・東京よりはるかに近いはずなのに東京に行くより
はるかに時間がかかります。

今日は静岡でトップクラスの100棟クラスの工務店
2社の設計担当者の方々相手の実践セミナーでした。

ですので、私が話すだけでなく皆さんにも課題敷地を与えて
考えてもらいました。

老若男女の設計者が集まりましたが、一番良い出来ばえだったのは
一番若い女性社員でした。やはり新しいことに対する対応力があると
いうことかもしれません。

しかし、今日が終わったことがちょっとだけホッとしました。
GW直後の7日から一週間の間に
新潟→滋賀→明石→ベトナム→大阪→香川→沼津
を渡り歩いて来ました。その間に事務所にも2日顔を出しています。
ほとんんど失敗が許されないスケジュールでした。

しかし、無事に乗り切ることができました。これも関係者の
皆さんのおかげだと感謝しております。

明日は1ヶ月ほど前からアポイントが入っていた
工務店さん2社さんのモデルハウスの打ち合わせがあります。

さらにまだお会いしていない工務店さんのモデルハウスの設計依頼

昨日は昨年一緒にフィリピンに行った工務店の社長さんから
札幌にRC造10階建の高断熱コンドミニアムの設計依頼もありました。

それにプラスして前から少し書いている東京都内、木造4階建て
の工務店新社屋の設計もスタートしていかなければならない段階です。

もうすぐ竣工お披露目する新潟県長岡市の池田組モデルハウスは
別にしても、同業者からの依頼が5社も来ていることになります。
全くもってありがたいお話ですが、さすがに規定業務量を超えてしまって
いるので皆さんにお待ちいただいている状況です。

ということで、相変わらずバタバタですが、今週末は加古川で見学会が
あります。すでにたくさんの方からご予約いただいておりますが、
まだ今からでも結構です。興味のある方はご予約の上ご参加下さい。
http://www.matsuosekkei.com/kengakukai.html

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

大阪でネット会議の後、香川県でセミナーしてきました。

昨日無事にベトナムから帰ってきました。
その直後に台風が来て欠航したようなので、運良く巻き込まれずに
助かりました。

帰りは事務所に寄る前にシャワーを浴びるついでにジムで汗を流してから
夕方までデスクワークと打ち合わせをして早めに帰りました。

で、今朝は朝から大阪のハウゼコさんにて東京支店とネット会議。
しかも東京側は坂本先生、岩前先生、石川先生という日本の建築学会
では超がつく大御所ばかりでした。

私は昼12時ごろに会議を引き上げて新大阪から香川県の坂出まで
新幹線にて移動。ハウスデオーガニックさんのセミナー講師をさせていただきました。

この団体、断熱に関する知識、実践レベルともかなり高いのと
私の話を何度も聞いている方が多いことから、パワポも
なんの前準備もなく、ホワイトボードに書いて質問事項に
答えたり、話が横道にそれていくというだけの内容でやりました。

初めての試みでしたが、私としてはあっという間に2時間ちょっとの時間が
過ぎてしまいました。

聞かれた皆さんにとって、なにか得るものがあったら嬉しいです。

で、今は岡山に向かう電車に乗っています。

明日は朝から静岡県の沼津にてプランニングセミナーを依頼されています。
明日が終われば、ベトナム前から続く遠征ラッシュに一区切りがつきます。

明日も頑張ろうと思います。
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

早期がん患者の尿を99.7%の確率で犬が嗅ぎ分けるそうです!!

早期がん患者の尿を99.7%の確率で犬が嗅ぎ分けるそうです!!

今日は午前中は西宮、昼からは京都でそれぞれ上棟式がありました。

どちらも非常に特徴的な建物だったので、軸組の中にいるだけでたのしく
なってくる空間でした。

どちらも車で行く予定でしたが、西宮に行くまでの間にあちこちで大渋滞している
のを見たので急遽予定を変更し、芦屋に車を停めて電車にて京都に行きました。

帰ってきて日経新聞の夕刊を読んでいると衝撃の記事が出ていました。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG01H4F_S5A500C1MM0000/?dg=1

日医大と千葉県香取市が共同で試験的に導入するそうです。

がん患者の尿は特別な匂いがするらしく犬なら嗅ぎ分けられるそうです。

その確率なんと99.7%!!!

しかも実験では乳がん、胃がん、大腸がん等様々ながん患者300名の尿で実験したそうなので
がんの種類は問わないようです。

現在のがん検診では一部の患者はどの検査でも見つけることができないそうです。
しかし、このやり方であれば、それも見分けられるとのこと。高額な機械もいらなさそうですし
初期でがんが発見できれば、個人の家計、国家の医療費ともに劇的に下げられる可能性を
秘めています!!

1日も早く実用化してほしいと思いました。
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |