兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

幸福度世界一の国デンマークの感想(5)

幸福度世界一の国デンマークの感想(5)
その他日本と大きく違うところを紹介していきます。
教育への国庫負担率額が多い
対GDP比で見た場合、デンマークは1位、日本は31位(下記サイト参照)
http://blog.goo.ne.jp/ra…/e/4bc7cd8069820fdc49f0abff5e4c4715

また一クラスあたりの人数もデンマーク19.3人に対して日本は上限で35名、平均は27.9名とOECD平均の21.3名と比べても極めて多いです。友人で小学校の教員をやっている女性がいますが、彼女曰くたったひとり減るだけでも負担が全然違うそうです。

このように不利な日本ですが、日本の新聞がよく話題にするPISAの学力テストの結果は日本のほうが上になります。
http://ameblo.jp/tekkanomaki/entry-11717074731.html

日本の新聞や文科省はこのランキングを見て一喜一憂しています。

しかし・・・実際にその結果である一人あたりのGDPで見るとPISAの順位と相関していないことは明らかです。

世界の教育に関してある程度勉強したり、現地の学校を見て思うことがあります。発展途上国ほど詰め込み教育の学歴社会の傾向が強く、成熟国ほど考える力、創造力を養うことを重視しており、そもそも偏差値や大学のレベル差などというものが存在しません。

詰め込み教育でなんとかなる項目はインターネットや人工知能が最も得意とするところです。相手が得意な土俵で勝負することがもっとも分が悪い戦であることは優秀な軍師なら誰でも知っていることです。脳科学者の茂木健一郎さんもそのことは著書で述べられています。
以前からずっと感じていたことですが、日本では衆議院議員の定数や立候補可能年齢等はしつこく暗記させられます。

しかし、投票に行く権利を獲得するまでの歴史がどれほど大変であったか?投票することの重要性をこんこんと教えられたり議論したりした経験がある日本人はおそらく一人としていないと思います。これでは教育の意味などあってなきが如しです。

実際にデンマーク(その他周辺国も似ていると思われる)では選択方式のテストはなく、電卓はもちろんのこと、教科書や資料の持ち込みも可能となっています。筆記試験と口頭諮問が中心で常に変容する社会の中で生き延びる力、自分で答えを見つけ出す力が重要とされるそうです。

よく、企業は人なりといいますが、人は教育によって成り立っているといっても間違いないでしょう。
教育というのは非常に時間がかかりますが、そこをきちんとやっている国や企業(もっと小さく言えば一族)は長期にわたって安泰となることは、誰もが否定出来ないと思います。

ドイツでも幼稚園、小学校の現場を実際に見ましたが、幼稚園の頃から自分で選択する。自分の意見を述べるということが徹底的に訓練されています。それに加えて、小学校からは母国語に加えて実際に道具として使うための英語の授業も取り入れられています。

かといって、決して厳しいばかりではありません。逆に日本の学校の教室よりはるかにカラフルで創造性にあふれ楽しそうな雰囲気がビンビン伝わってきます。例えるならGoogle本社のような雰囲気とでもいえばいい雰囲気です。

こういった環境、教育内容で全児童が教育されているからこそ、高い付加価値と成熟した社会が実現できているのだと強く感じた次第です。
スポンサーサイト
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

幸福度世界一の国デンマークの感想(4)

幸福度世界一の国デンマークの感想(4)
デンマークの幸福度が高い理由に投票率の高さからくる政治
の成熟を取り上げました。下のサイトに投票率の世界ランキングが掲載
されています。

http://www.globalnote.jp/post-12889.html

これによると掲載190カ国のうち26カ国(約14%)の
国は強制投票義務が有ります。

先進国で投票率1位は投票義務のあるオーストラリアの93.23%で総合5位。
2位は同じく義務になっているベルギーの89.37%で総合17位。

逆に先進国かつ投票義務がない国での1位は
やはりデンマークの85.89%で総合26位

2位は僅差でスウェーデンの85.81%で総合27位でした。

そこから下の先進国かつ投票義務がない国でのランキングは

3位アイスランドの81.44%で総合35位(この国も一応北欧になります)

4位ノルウェーの78.23%で総合45位

5位ニュージーランドの76.95%で総合51位

6位イタリアの75.19%で総合58位

7位オーストリアの74.91%で総合61位

8位オランダの74.56%で総合63位

9位ドイツの71.53%で総合78位

10位アイルランドの70.05%で総合85位

このように続きます。

ちなみに日本は52.66%の151位
アメリカは42.5%の179位です・・・

これを見て気がつくことがあります。

幸福ランキングで上位に出てくる国というのはほぼ全て
一人あたりGDPが高くかつ投票率が高い国であるということです!!
でもって、わたしが行ったり聞いたりした豊かさの実感ともぴったり
一致しています。

ここまで綺麗に結果が出てくるとは予想しておりませんでした。
しかし、考えて見れば当たり前の話で、こういった国ではいい加減な
政治が行われていればすぐに政権が交代することを意味します。
緊張感もあればスピード感も出てくることでしょう。

「好きの反対は無関心」というのは有名な格言ですが、
これらの国の国民は国を愛し、まじめに考えるからこそこれだけの
投票率になるのかと思います。

デンマークではありませんが、スウェーデンの投票率が何故高いのかを
説明したサイトがあります。こちらもぜひご覧頂ければと思います。
http://www.huffingtonpost.jp/t…/swedish-youth_b_6345336.html
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

本田圭佑が語る「日本代表に定着できる条件」に納得!

本田圭佑が語る「日本代表に定着できる条件」に納得!

今朝の日経新聞の本田道 サッカー先週の育て方
の記事がかなり良かったので紹介させていただきます。

本田圭佑記事

特に色を塗っているところが秀逸だと思いました。
「ある程度、幼少時代に追い込まれた、あるいは自分で追い込んで無理して肉体を鍛えた選手ほど
 今の日本代表に残っている」

「一見、矛盾したような厳しいトレーニングによって育まれる精神面は結構大きいと思う」

「矛盾に立ち向かって心が折れないメンタルは養われる。体は限界に来ているけれど気持ちでもう一本行くとか。
その気持を育むトレーニングだから意味はある」

「合理的な矛盾を入れていきたいですよね。言葉がおかしいですけど質のいい「矛盾トレーニング」みたいなのをいれられればいい」

個人的に根性論でなんとかしようとするのは昔から好きではありません。

根性論でなんとかなるのはレベルが近い場合に限るとも思っています。

しかしながら、ここに書かれてあること仕事にも完全に共通すると思います。

私は人生でしんどかったのは、中学の部活時代と、24から26まで修行した設計事務所時代でした。
今、多少しんどいことがあっても「あの頃に比べたら全然楽!!」
ということで、精神的に折れるということがありません。当時のしんどさは二度と経験したくないですが
「若いころの苦労は勝手でもしろ」という格言には一理も二理もあると思います。

小さな会社の社長として今までたくさんの年下の部下を見てきました。
そのときに、使える社会人かどうかの一つの目安が若いころに苦労をした経験があるかどうか
にあるといってほぼ差し支えないと思います。学歴なんかより100倍以上重要です。

だからといって、昔の軍隊や、しごきのようなことは決してあってはなりません。
そうではないやりかたで、かなりきついところまで若いうちに経験させるというのは
実はかなり難しいことだと思います。どうすればよいのか??自分でも答えが見えていません。
誰か良い案がある方は教えて下さい!

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

10月11月の講演予定(確定分)

10月11月の講演予定(確定分)

もうすでに10月はスタートしてますが10月、11月で今のところ
決まっている講演予定日をアップしておこうと思います。

10月8(木)省エネ建築診断士講習in新潟県長岡市

10月9(金)YKKAP立川講演

10月16日(金)YKKAP,新宿講演

10月29日(木)日経ホームビルダーセミナーin大阪
http://edfs.co.jp/info/news20150917/

10月30日(金)LIXIL宇都宮ショールーム

11月3日(火)オールアースパートナー全国大会in東京 基調講演
  
11月5日(木)TOTO、DAIKEN、YKKAP合同新宿講演

11月10日(火)午前 YKKAP千葉木更津講演

11月10日(火)午後 YKKAP千葉成田講演

11月11日(水)安くていい家を作る会東京総会において基調講演

11月17日(火)YKKAP黒部講演

11月19日(木)東京ビッグサイトにてエコハウス大賞公開審査、審査員
http://builders-ecohouse.jp/

11月23日(月)健康・省エネシンポジウムin福島

11月27日(金)28日(土)PHJ省エネ建築診断士講習in紫波町

11月29日(日)宝塚市地域エネルギー課主催、一般市民向け講演in宝塚市西公民館

毎日のように講演依頼が来ている状態ですが、設計業に差し支える
状態になるとお断りせざるを得ないこともあります。

講演を依頼される場合は2ヶ月以上前であれば比較的空いております。
依頼を考えられている方は早めにアポイントいただけると助かります。

以上ですが、お近くでご都合がつく方がいらっしゃいましたら、ぜひご参加いただければと思います。
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。