兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

建築技術2016年1月号の村上敦さんの記事 まとめ

建築技術2016年1月号の村上敦さんの記事 まとめ

先日紹介した、建築知識1月号の村上敦さんの記事が短いながらも大変よくまとまっており分かりやすく、面白かったので、備忘録としてまとめました。ぜひご一読の上、原文も読まれることをオススメします。(先日紹介時はアマゾン未発売でしたが、今はでアマゾンで購入できます!!)

http://www.amazon.co.jp/%E5%BB%BA%E7%AF%89%E6%8A%80%E8%A1%932016%E5%B9%B41%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E6%96%AD%E7%86%B1%E3%81%A8%E7%9C%81%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%82%92%E5%88%86%E3%81%91%E3%81%A6%E6%95%B4%E7%90%86%E6%95%B4%E9%A0%93-%E5%8D%97-%E9%9B%84%E4%B8%89/dp/B016YNYQ4M/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1451264991&sr=8-1&keywords=%E5%BB%BA%E7%AF%89%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%80%802016%E5%B9%B41%E6%9C%88%E5%8F%B7

以下まとめ・・・

2006から2013年の8年間で1軒あたり約43万円の公的助成により平均636万円の省エネ改修工事が350万世帯分実施された。これは1年当たりに換算すると約44万世帯に相当する。

公的助成の比率は工事費のわずか7%でしかなく、助成費用の15倍の経済効果を産んだことになっている。しかも、ドイツでは建設工事費の19%が付加価値税としてかかるので国には約120万円が税金として戻ってくる。これは投入した公的助成金額(43万円)のほぼ3倍に相当する。

 これは錬金術のようなもので、財源がなくてもやったほうが得になる政策となっている
(国内雇用拡大、税収増、景気好転、CO2削減、エネルギー安全保障の全てを改善)
2005~2008年の平均で断熱改修の比率と順としては改修比率が高い順に以下のようになっている

暖房・給湯発熱機器の交換 2.8%/年
窓の交換         1.34%/年
屋根裏・屋上断熱の改修  1.32%/年
外壁の断熱改修      0.82%/年
床下・地下室天井断熱の改修0.42%/年

次に注目したいのが、どういう建物から優先的に断熱改修するのかという優先順位の付け方である。ドイツ政府は費用対効果の薄い建物、難易度の高い建物から省エネ改修を割高で実施するほど馬鹿ではない。現在は高度成長期の60~70年代に建築されたRC造の公共住宅、公共建築の省エネ改修工事が盛んである。これらの建物は一般には真四角な形状が多く、内容積に対して表面積の割合が小さいので断熱施工に対して戸建てなどよりも有利である。

 工法が簡便で、費用対効果に優れ、公共の賃貸であることから管理組合の問題も発生しないところから省エネ改修を始めたわけである。おそらく2025年程度までは、この建築物を主力とする省エネ改修が続き、その後に区分所有されたマンションなどの石造、RC造がくることだろう。そして2035年程度になると、省エネ改修用の工法も進化し、建材も安価となったところで費用対効果に優れない、いわゆる木造戸建住宅などが主力で改修されるようになるはずだ。そんな難易度の高いものはエネルギー価格が将来もっと向上してから対策すれば良い。

・・・以上です。

ドイツ人というのは本当に原理原則に忠実に、全体最適、優先順位、ゴールからの逆算・・・こういったことに関しては世界で一番得意な国ではないかと思います。日本は「似ている」と言われることも多いと思いますが、これらの点はほぼ真逆であると言わざるを得ないと思うところです。

良きところは素直に学ぶ・・・個人にとっても企業にとっても国にとっても変わることがない真実だと思っています。
スポンサーサイト
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

昨日の「異文化理解」を読んだ上で感じる日本の問題点

昨日の「異文化理解」を読んだ上で感じる日本の問題点

昨日紹介した内容に

「合意志向かトップダウンか」という項目がありました。

合意志向:決断は全員の合意の上グループでなされる(左側)
トップダウン志向:決断は個人でなされる(たいていは上司)(右側)
日本>ドイツ>アメリカ>中国

ということで日本は世界中の国の中でも極端な合意志向の国であることが書かれていました。スウェーデンやデンマークも合意志向の国ですが、大きく異なると思います。というのも、日本ではその場でとことん話し合った上で合意するのではなく、根回しと呼ばれる方法で予めだいたい決めておくということ。さらに全員の意見がフラットに扱われるわけではなく、権力が強い者同士だけの利害調整の意味合いが強いということです。

スイスなどは今でも直接民主主義で、すぐに国民投票を行う傾向にあると聞いたことがあります。これは非常に素晴らしいことだと思います。日本をはじめとする大多数の間接民主主義(選挙で代表者を選ぶ)においてもデンマークやスウェーデンのように投票率が85%というような国であれば、ほぼ直接民主主義と同等の価値があると言えるでしょう。

ところが・・・

私は建築分野、中でも省エネ建築に関することしかわかりませんが、日本で断熱、省エネに関する基準を決めるのは大手メーカーの代表数社、学識経験者数名、工務店団体の代表者数名による会議の利害調整(かなり良く言えば合意志向)によって決まります。彼らが選挙のようなもので選ばれた者であれば、まだ分からなくもないですが、なんとなく関係者によって集められた集まりでしかありません。

その結果、そこに参加するものにとって都合の良い制度が決まっていくことになります。住宅業界で言うと住宅メーカーからの参加者が多いので「今の工場のラインを変えなくても良いように」ということが住まい手の健康・快適性・経済性、国のエネルギー安全保障、貿易黒字、CO2問題よりも重視される結果となってしまいます。

「合意志向」自体は日本という国の特性であって悪いことではないと思うのですが、このように合意志向の悪用というか、誤った転用がありとあらゆる分野で行われていると思われます。その結果、「利害調整会議」に参加出来ない全ての人があらゆる分野において薄く、広く貧しさを共有し、ひいては国全体の競争力が落ちていく・・・。かなり前から日本の現状はそのようになっていると個人的には考えています。

別窓 | [日記] | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

「異文化理解力」は世界と日本の両方を知るのに最適の本でした。

「異文化理解力」は世界と日本の両方を知るのに最適の本でした。


http://www.amazon.co.jp/%E7%95%B0%E6%96%87%E5%8C%96%E7%90%86%E8%A7%A3%E5%8A%9B-%E2%80%95-%E7%9B%B8%E6%89%8B%E3%81%A8%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%AE%E7%9C%9F%E6%84%8F%E3%81%8C%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%B3%E5%BF%85%E9%A0%88%E3%81%AE%E6%95%99%E9%A4%8A-%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC-ebook/dp/B013WB5BJS


この本はグローバル企業の中で生じる文化的差異から生じる軋轢を統計的に分析し、9つの分野にわけて世界各国の人々の平均的特徴をあぶりだしています。それらは絶対的に良い、悪いというものではなく、その国が持つ個性であり、特徴です。
 この本を予め読んでおけば、グローバル企業に勤めていなくても、海外の友人とのいざこざは確実に減ると思います。と言いますかここまでよく出来ているのであれば、世界各国の義務教育で教えれば、世界と自国の両方を理解するツールになると思います。そしてこれを知っておけば、世界中の無用な争いも減るだろうな・・・そんなふうに思える本でした。


大きく分けるとこの本では


コミュニケーションの方法
評価のしかた
説得のしかた
平等主義か階層主義か
合意志向かトップダウンか
仕事ベースか人間関係ベースか
意見をはっきり言うか、対立を避けようとするか
時間に正確かルーズか

という8個の項目に分けて世界各国を分類しています。
すべての国を入れると多すぎるので世界の大国を代表して
アメリカ、中国、日本、ドイツの4カ国を各項目で並べてみます。


●コミュニケーションの方法
これはコミュニケーションが日本語のように含みがあって行間で伝えるような傾向か
逆に直接的にダイレクトに伝えるかどうか
ダイレクトな方から順に
アメリカ>ドイツ>中国>日本
(アメリカ、ドイツは左側と中国、日本は右側)


●評価のしかた
単刀直入に評価するか、柔らかくやんわりと評価するか
単刀直入なほうから
ドイツ>アメリカ>中国>日本
(ドイツは左側、アメリカは真ん中、中国と日本は右側)


●説得のしかた
各状況の奥に潜む原理に価値が置かれる方が左
各人が発言したものに説得力を持たせる概念を加える方法が右
ドイツ>アメリカ
(日本、中国は評価なし。ドイツは左側、アメリカは右側)


●平等主義か階層主義か
平等主義:上司と部下はフラット(左側)
階層主義:上下関係がある(右側)
アメリカ>ドイツ>中国>日本
(アメリカが真ん中よりちょっと左、ドイツがちょうど中間)


●合意志向かトップダウンか
合意志向:決断は全員の合意の上グループでなされる(左側)
トップダウン志向:決断は個人でなされる(たいていは上司)(右側)
日本>ドイツ>アメリカ>中国


●仕事ベースか人間関係ベースか
仕事ベース:信頼はビジネスに関連した活動によってつくられる(左側)
関係ベース:食事やお酒など人間関係が基本(右側)
アメリカ>ドイツ>日本>中国


●意見をはっきり言うか(左側)、対立を避けようとするか(右側)
ドイツ>アメリカ>中国>日本


●時間に正確(左)か柔軟(右)か
ドイツ>日本>アメリカ>中国
(中国だけが右側)


以上まとめるとこんな感じです。


だいたいひとつの項目に20カ国くらい記述されているのですが、興味深いのは「仕事ベースか人間関係ベースか」という項目を除くすべての項目において日本は両極のどちらかにいるということです。これほど極端な特徴を持つ国はアメリカや中国のように「超個性的」と私が思っていた国でも持ち得ない特徴でした。いかに日本人が極端な特性をたくさん持ち合わせているのかということがよく分かりました。


 また、欧米とアジアみたいな分類だけでもひとくくりにできないことも分かりました。


例えば「合意志向かトップダウンか」の項目では日本と中国が両極に位置します。


 意外だったのが、極端な国と思っていたアメリカが意外と真ん中に位置する項目が多かったということでした。極端な多民族国家であるがゆえに真ん中に位置するようになったように思われました。

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

世界一の投資家と全く同意見でした!!

世界一の投資家と全く同意見でした!!

ちょうど1ヶ月前の11月20日に東京ビッグサイトで行った
新建ハウジング主催の「ミライセッション」において、

多分たくさんの方から
「なにを青臭いことを・・・」
と思われるかもしれないと思いながらも

これからの住宅業界は「幸福度競争時代」である!!
とぶちまけました・・・
(実際には幸福度を定量化してプレゼンしました)

これは随分前から自分の中で信念として持っていたことでした。

そうしたら、この12月16日に発売されたばかりの
本「バフェット・バイブル」

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%90%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AB-%E6%9C%AC%E7%89%A9%E3%81%A0%E3%81%91%E3%82%92%E8%A6%8B%E6%8A%9C%E3%81%8D%E5%AF%8C%E3%82%92%E7%AF%89%E3%81%8F%E6%9C%80%E5%BC%B7%E6%8A%95%E8%B3%87%E5%AE%B6%E3%81%AE%E8%A8%80%E8%91%89-%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BBL%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF/dp/419864067X/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1450612867&sr=1-1&keywords=%E3%83%90%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88

の表紙にこう書かれているのを発見しました!!
「顧客を幸せにできない企業は消えてゆく。ビジネスとは
 幸せを売ることだ」

と書かれているではありませんか!!
自分が言うと、貫禄がないだけに青臭く聞こえてしまうと思いますが
バフェットがいうのであれば、世界中の誰であろうと青臭いなどと
言える人は一人たりともいないはずです。

知らない方のために補足しておくと、ウォーレン・バフェットとは
世界一の投資家であることはもちろん、2007年にはビル・ゲイツを抑え
世界一の資産家にもなりました。総資産は470億ドル(5.6兆円)とも
言われます。またその85%を慈善団体に寄付すると表明していることでも
有名です。

今の日本の住宅業界には
「顧客はかもである」
「自社の利益は顧客の利益、幸福より優先する」
という傾向が往々ににして見られます・・・

しかし・・・、あのバフェットが言っているわけです。
やはり顧客の利益、幸福の最大化を追い求め、研究しつづける
企業しか行きていけないということに改めて自信を持つことが
できました。

またひとつ座右の銘が増えました。
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

明日の東京講演で今年は打ち止めです!今年はほぼ100回講演しました。

明日の東京講演で今年は打ち止めです!今年はほぼ100回講演しました。


今日の午前は鳥取で講演、昼から2時間移動して島根で講演
その後は島根の工務店さんと懇親会をやりました。


今は出雲大社前にある竹内まりやさんの実家「竹野屋」
に宿泊しています!


明日朝の便で東京に飛び、デンマーク在住の環境ジャーナリスト
北村朋子さんの講演において少しだけパネラー参加させていただきます。


それをもって今年の講演は打ち止めです。


そのことに今日手帳を見ながら気がつきました。


そこで、改めて2015年の講演回数を数え直すと
おおよそ95から100回くらいやっているということが分かりました。


ベトナム帰国後に腹痛と格闘しながら10日ほど苦しんだ時期がありましたがそれ以外は風邪ひとつひかず乗り切ることができました。
これだけはやりきった感があります。


講演は自分だけの努力でできるものではありません。関係者の皆さんが
いろいろと準備してくださるからこそできることです。
そして1回平均100名とすると延べ1万人もの方が仕事の時間を
潰して来てくださるわけです。万端の準備をして望まなければ
バチが当たります・・・。


また、そこで潰した時間を超える価値を提供しなければ、時間とお金と
資源の無駄遣いにしかなりません。だから、実際に聴かれた方が翌日以降
動いてくれるような話を心がけているつもりです。


それでも、動いてくださる方は聴かれた方の1割程度ではないかと思います。それでも1000名の方が行動を起こしたことになります。その一人ひとりが年に5棟担当したとしたら5000棟分の省エネ効果と家計節約
健康・快適性の増進に寄与したことになります。また、動いてくださる方の平均年令が40歳とすると、今後20年仕事をし続けるのであれば・・・
また来年以降も今年ほどではなくても、一定回数講演を続けていれば、これからも指数関数的に良い住宅を作る人が増えていくと思っています。


ということで、少し早いですが講演に関してだけは締めくくりとなります。綺麗に2015年を終えられるようやりきりたいと思っています。

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

本日4代目プリウスが発売されました!!

本日4代目プリウスが発売されました!!
http://toyota.jp/prius/
サイトを見るだけでもトヨタの気合を感じます。おそらく
世界中のあらゆるサイトの中で最も手間と予算がかかった
ウェブサイトではないかと感じました。
この線画の動画だけでも見る価値があります!
http://gazooracing.com/pages/tnga/
なお、今回のプリウスの最大の目玉はTGNA
と呼ばれる全く新しいプラットフォームにあります。
そのTGNAを設計する際にこだわった46項目が
以下のページで詳細に説明されています。
http://gazooracing.com/pages/tnga/things/
ものすごくマニアックなことばかりですが、目に見えない
これほど細かいところまでこれだけこだわって作って
あるということ・・・。まさにものづくりの真髄を
感じます。トヨタという世界最高クラスのものづくりを
する会社が、おそらく、これまでで最も多くの人員と
予算と手間をかけて作り上げたのであろうことが読み取れる
内容となっています。
明日以降近日中に試乗に行ってみようと思いますが、おそらく
燃費と広さと積載性能以外はメリットがなかったプリウスにおいて
乗り心地や運転する楽しさも加わっていると思われます。
2年前だったと思いますが、今は悪名高きVWのGOLF7が
輸入車ではじめてカーオブザイヤーを受賞しました。
ほぼすべての自動車評論家が大絶賛で評論家によっては
「地球の歴史上最高の車」と評する方もいらっしゃるくらいでした。
また、自動車部品業界はエンジニアの間には次元が違いすぎる
ということから「ゴルフショック」という言葉まで生まれたそうです。
VWが事件を起こすまでは世界一争いはトヨタとVWの一騎打ち
の様相を呈していました。VWの旗艦車種がGOLFならトヨタは
もちろんプリウスです。燃費だけが勝利して、あとは「ボロ負け」
という悔しさを同業のエンジニアなら感じないはずはありません。
また、ヨーロッパでは乗り味がしっかりしていないと、売れない
という現実もあり、おそらくGOLFとくらべても大きく劣ることは
無いレベルにすること、できれば超えることも視野に入れて開発が
なされたのではないかと思います。
座って外観を見るというところまでは東京モーターショーで体験
したのですが、試乗してこその車です。今から非常に楽しみです!
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

NHK BS1 「奇跡のレッスン 最強コーチが導く飛躍の言葉」は必見です!

NHK BS1 「奇跡のレッスン 最強コーチが導く飛躍の言葉」は必見です!
は子を持つ親、部下を持つ人間は必見の内容ばかりです!!
http://www4.nhk.or.jp/wonderlesson/

3月前から放映していたのですが、テニス、バスケット、チアダンス、サッカー・・・それぞれの分野で世界的指導者と言われるコーチが日本の小中学生相手に約一週間かけて指導をしていきます。

全話見たのですが、種目は違っても共通することがほとんどです。

・コーチが来る前は皆総じておとなしい。自分の発言がほぼ全く
 言えない。(正直これにはひきました・・・。ほとんどの中学生が
あなたの特徴を話して下さいというだけの質問に対して
皆が恥ずかしそうに小さな「特にありません」と答えるのです・・・
しかも、情報が一番多い都内の中学生です・・・
一人の内気な子だけがそうではないので、全員がこんな風になって
しまう教育自体に問題があると言わざるを得ないと思いました。
でも、そんな子たちも、たった一週間の正しい指導法によって
考え方も、動きも見違えるように変わります。あれだけのコーチは
世界各国にもたくさんいるわけではないでしょう。でも自主性を
重んじる教育をたった一週間受けるだけであそこまで変わるということは
やはり、日本の教育は間違っていると言わざるを得ません。実に
もったいない話です。
それと、ものすごく簡単な英語ばかりなのに誰も聞き取れていない・・・
これは生徒に非があるわけではありませんが、なんとももどかしい
限りでした。

・怒られながら、次にやることを教わりながら練習しているので
 自分で考えることができない。そして楽しむことができない

・どのコーチもまずは楽しむことを徹底的に教える。

・どのコーチも自分がプレーの中に入る(元一流選手だから
 できることかもしれません。中学の部活の先生でその種目
 未経験の人には難しいことです)

・どのコーチも失敗した時に叱りはしない。むしろ挑戦した
 ことによる失敗は誉める。逆に挑戦しないこと、考えないことは
 叱る。

・どれだけ時間がかかっても自分で考えられるようになるまで待って
 あげる

・考えながら動けるようになる工夫を常に施している

・子どもの目線まで下がる

・スキンシップが非常に多い。

・とにかくよく褒める

親御さんもコーチと対談し、子育ての悩みを相談したりもしています。
一週間の最後には我が子の成長具合をまざまざと見せつけられて
泣く親も結構います。私もそれを見てうるっと来るわけですが、
本当にオススメです!!
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

COP21にて日本を含む18カ国が建物の温暖化対策の実現のために連携すると発表!!

COP21にて日本を含む18カ国が建物の温暖化対策の実現のために連携すると発表!!

COP21で日本やフランス、米国など18カ国と建築関連団体など60を超える組織が、ビルや建物の温暖化ガスの排出を減らし、気候変動に強い都市やインフラを実現するために連携すると発表しました!!
しかも国や都市、建築業界、金融機関を結びつけ、ビルや建物の温暖化対策に関する優良事例に関する情報を交換するそうです。
アメリカでもそうらしいですが、設備による省エネよりも断熱等による効果の方が大きいことが世界的に明らかになってきています。自主的に改善することは苦手な日本ですが、外圧には超弱いのも日本です。これから日本の建築物の省エネ化、高断熱化にとって大きな推進力になると思われます。

 なお、余談ですが、先日星先生から面白い話を聞きました。
ニュージーランドの首相は日本でいう国交大臣も厚労大臣の
両方を経験された方だそうです。そんな人が「厚労省でいろいろ
やったことよりも、国交省でやった断熱化の方がはるかに効果が大きかった(健康面において)」と言っていたらしいです。
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「ワーク・ルールズ」はを読んでますますGoogleが好きになりました!!

「ワーク・ルールズ」はを読んでますますGoogleが好きになりました!!

ここ1ヶ月ほどずっとかばんに入れて持ち歩きながら、他に読まねばならぬ本に
次々に抜かされ続けて、読み終わるのに時間がかかってしまいました。

グーグルの人事担当上級副社長によるグーグルという会社の運営方法が
詳細に書かれた画期的な本です。かなり売れているようですが、これは
企業経営者や人事部の人だけの本ではないと思いました。

家族をはじめとする。2人以上のひとが集まる集団に属する場合、
その集団を上手く、発展的に運用していきたいと考える人は必読の内容だと思いました。

いつものごとく端的にまとめようとしましたが、書き始めると本当は素晴らしい内容が
ものすごくみすぼらしく見えてしまうことに気がついたので要約はしません。

ただ、この本を読んで感じたことは以下のとおりです。

・どこかの会社に就職するとしたら、絶対にグーグルで働いてみたい!

・優秀な人がグーグルに生きたがるのがよく分かる

・優秀な人が優秀な人を引き寄せる

・優秀な人同士の相乗効果の凄さ

・優秀な人がその力を思う存分発揮できることの凄さ

・泣けるほど社員のことを考えている。

・良いと思えることは小さな実験をしてからすぐに改良していく

・イメージによる決定ではなく、データに基づく決定が多い。

・アップルが天才スティーブジョブズの良い意味での独裁企業だったとしたら、
 グーグルはジョブズの次点クラスの天才たち一人一人が最大限活躍出来る企業だと思う。
 だからこそ、いつも書いているように、今後はアップルではなく、グーグルこそが伸びていくと思う

・全体的に極めて愛情を前提とした極めて合理的な会社運営が行われている。

・世界中の生き残っていく企業は、時期は不明ながらもこの方向性に収斂していくのだろうと思った。

そんな感じでした。ぜひご一読を!!
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |