兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

YKKAPの品川ショールームが凄すぎる!!

6月2日にリニューアルオープンするYKKAPの品川ショールームを特別に見学させていただきました。今までいろんなショールームを見てきましたが、正直今回が一番度肝を抜かれました。年中マイナス5℃を保った広大な人口空間の中に5畳程度の断熱性が異なる5つの部屋が設置されています。昭和55年レベル、次世代省エネレベル、HEAT20のG1グレード、G2グレード、そしてパッシブハウスレベルの5段階です。
 
各部屋にはそれぞれ広角のサーモグラフィーと40インチオーバーのタッチパネル対応の大画面が設置されており、自分のいる部屋と他の4室のうち、自分が比較したいもう一室のリアルタイムサーモグラフィーも横同士に並べて比較することまでできます。

おそらく世界中どこを探してもここまでのリアルシミュレーターはないとおもいます。すでに岩前先生、前先生なども見られているそうですが、特に前先生におかれましては、東大から近いことも有り、学生さんの研究対象としても素晴らしい教材になると思います。

また、シミュレーションだけではわからなかった実際の違いを体験できるというのはやはり非常に大きいです。「理屈は分からんが感覚で勝負」みたいな工務店さんを説得するにはこれほどわかりやすい施設はないと思います。これを読まれた実務者はぜひ一度足を運んでいただきたいと思います。

あと2つ見どころがありました。ひとつは「マドリモ」というリフォーム対応窓。今までリフォーム対応窓といえばインナーサッシというのが定番でした。しかしながら、窓の二重開閉が面倒、外側窓の内側の結露の解消にはならない。外側窓の痛みによる開閉の悪さ等の問題が残っていることも事実でした。それを解消するのが今回のマドリモです。

商品名は知っていたのですが、実物を見るまでは正直あまり期待していませんでした。しかし実物を見て「これからの窓リフォームはこれだな!」と確信しました。その理由は次のとおりです。
・既存窓の障子(可動部分)だけ撤去したら既存枠を残したままその内側に設置することができる。よって外壁、防水層を壊さなくても構わない。さらに接合部の見た目、防水のためのアタッチメントが外用、中用共に用意されている。

・足場を組まなくても内側から施工できる。これによるコストメリットは計り知れない

・一回で開閉、結露問題も解消

・従来だとこういった商品はせいぜい樹脂アルミレベルで商品化されていたと思います。
 しかし、今回はAPW330,430という高性能窓を転用する形で商品化されています。このあたりも、本質をついていると思いました。

これから、新築は確実に減っていきます。そして団塊の世代が後期高齢者に突入していきます。彼らのほとんどが、低断熱もしくは無断熱住宅のような住宅に住んでいます。これからこの窓のような商品が年に100万戸以上のペースで採用される必要があると思います。
読まれた実務者の皆さんが今後リフォームを手掛ける場合は、いまのところベストな選択肢であると思います。

最後に玄関ドア、D50(U値1.55)とD70(U値0.93)の実物を見ました。窓の性能改善は数年前から着々と進んできていましたが、家の顔である玄関だけは遅れたままでした。そこで、仕方なく海外製の玄関ドアを使うこともよくありましたが、ようやく安心して使えるレベルの国産玄関ドアが発売されたという感じがしました。D70は本当の木が使われており、質感は極めて高いのですが、その分価格もかなり高い・・・こちらは標準的に使うことは難しそうです。反面D50は見た目的にも従来のヴェナートに近く、金額も許容できる範囲ですから、これからこれがメインになっていくのではないかと思います。窓がAPWの会社さんなら玄関ドアはD50あたりが釣り合いが取れているというかバランスが良いと思います。

ということで、オープン後は見に行かないわけにはいかない懇親の力が入ったショールームだと思いました。お世辞抜きで今まで見たすべての建材のショールームの中で一番衝撃を受けたショールームでした。

スポンサーサイト
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

現場の本音

先日、現場に行っている時に監督さんから次のような話を聞きました。なお、この工務店さんは当社以外にも建築家の物件を中心にたくさんやられている工務店さんです。

「松尾さんのところの住宅は職人が「冬暖かいし、夏もそれほど暑くならないから作業がほんとに楽!自分が建てるんやったらこんな住宅やな。他の建築家の住宅は格好だけはええけど、ほんまにそれだけやから金はろうてまで買おうとは思わん。しかし、なんでこんなに暖かさと涼しさが違うんやろう??分からん」とよう言うてますわ・・・」

とのことでした。この手の話は今までにも何度も聞いたことがあります。この話からわかるポイントをまとめておきたいと思います。

・大工さんは建物のはしからはしまで見ている。現場にいる時間は
 誰よりも長い。初めて高断熱高気密をやる大工さんはめんどくさ
 がっていやがる傾向にあるが、当社の物件を何度か経験した大工
 さんたちは「あれだけちがう結果が出るならやる価値があるな」
 というふうになります。それにプラスして職人同士で気密競争
 みたいなことをして競い合う関係も出てきます。

・断熱嫌いの大工さんの中には「わしらプロなんやから、そのプロ
 が断熱や気密なんかいらん言うたらいらんのや」みたいな方が一
 昔前まで一定数おられました。確かに彼らは、切ったり、削った
 り、組んだりといったことに関するプロです。私にはそれを上手
 にすることはできません。しかし、変な意地を持っておらず、か
 つ私が設計した住宅を施工したことがある大工さんは「なんでこ
 んなにちがうんやろ?わからん?」と素直におっしゃいます。こ
 れが現実です。答えはいつも言っているように高断熱、高気密、
 そして冬の日射取得、夏の日射遮蔽・・・この4つが複合的に絡
 み合った結果です。

・全員とは言いませんが、斬新なデザインをやる建築家の住宅ほど
 夏暑く、冬寒く、そして雨漏りが多く、後日メンテナンスにかり
 出される事が多い・・・。ひどい場合には裁判にもなっている。
 職人さんたちはみなさんこの事実を実感として知っています。

・上記のようなことが事実としてあっても、工務店は設計事務所か
 らもらった図面はそのとおりに仕上げないといけない。さらに
 厳密に言うと、10年保証が義務化される構造と雨漏り対策だけ
 は設計者を説得して自腹を切ってでも最低レベルに持っていく必
 要があります。その辺りの余裕率を見ておく必要もあるのでそう
 いう設計事務所への見積もり価格は多少高めにならざるを得ない

かなり業界内の暴露話に近いですが、これが現実です。
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |