FC2ブログ

兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

サヴォア邸まとめ

2017年11月9日
サヴォア邸まとめ

1930年頃に建てられたので既に90年近く経っている住宅です。近代建築の5原則を確立したことはあまりにも有名で建築学科の授業では必ず習いますし、建築士の試験にも出るくらいです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/サ�...
 そこは他に譲るとして、行ってみないと分からないことをまとめてみます。
通常、大抵の未来予想デザインというのは劇的に外れるものです。30年前に予想された30年後の車でも建物でも今見ると笑ってしまうような外れっぷりを感じさせるものが大半だと思います。そんな中でコルビジェの作品は決定的に違います。今見ても決して古さを感じさせません。それどころか世界中の建築家が、未だに彼の影響を意識的か無意識的かは別として受けまくっていることがよく分かります。現地に行ってみて最も痛感したことはまさにそのことでした。
90年近く前の住宅でも家全体をきちんと温めようとする努力だけは見られたこともさすがはヨーロッパだと思いました。「家を暖かくする」ということに関する努力はガイドさん曰く古代ローマ時代から見られるとのこと!!これには驚かされました。AIが発展した2017年においても家全体を暖かくする意識が希薄な日本とは2000年以上の差があると思いました。
 装飾全盛のそれまでの建築とは全く異なり、とにかく線を少なく、シンプルにデザインすること、そして内と外のつながり、屋上や中庭の有効利用、今の住宅建築家が大事にすることの大半がここからスタートしたのだということが身にしみました。
 でもやはり、竣工当初から寒さと雨漏りに悩まされ続けたそうです。現代の建築家はそんなところまできっちり真似してしまった・・・・そう考えるとそこは真似しなくても良かったのに・・・というか同じ轍を踏まないようにすることこそが進化であり、学習というものなのに・・・と思わなくもありませんでした。
 最後にほぼ同じ時期に建てられた日本の未来住宅として聴竹居があります。
http://www.chochikukyo.com/about/index.html
これも数か月前に見に行って凄いと思いました。それでも違うのはあの建築を実際に真似している人の数が圧倒的に少ないということ、今見ても美しいことは共通ですが、今見ても新しいとは思わないということは相違点だと感じました。いずれにしても日本だと藁葺で囲炉裏と土間の住宅が大半であった時期に、今の建築家向けの専門誌に掲載しても違和感がないデザインというのは天才というか超絶的センスというか驚嘆する以外なかったです。

スポンサーサイト
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

家庭用の電力契約の盲点を見つけました!!

2017年10月30日


家庭用の電力契約の盲点を見つけました!!


ずっと前に動力(3相200V)の基本料金で大損している方が多いという記事を書きました。
これは住宅には関係ないですが、小規模店舗でも天カセエアコンを使っているところならどこでも該当する話です。これを避けるにはそもそも動力などという強烈なエアコンを使わなくても良い断熱性能を持った店舗にする。もしくは動力ではないエアコンを分散して設置するようにすればいいだけの話です。
でもこんなことを教えてくれるエアコン屋もいなければ電気屋も稼ぎどころなので絶対に教えてはくれないはずです。
今回はこれの住宅版みたいなものを発見しました。
関西電力の場合ですが、10大電力会社はおそらくどこも似たようなものなので多分今回の方法は通用するエリアが多いのではないかと思います。
そもそもなぜ発見に至ったかを説明します。
前々から「エコキュートを使わない場合は新電力に切り替えたほうが確実に電気代が安くなる」ということは説明してきました。
自分でそう言いながら「エコキュートを使っている場合はほんとに10大電力会社が一番安いのだろうか?」という疑問がありました。
そこで単純ながら価格ドットコムでエコキュートを使っている一般家庭で関西電力では一般的な「はびeプラン」で最安検索してみました。そうすると電力会社は関西電力のままで時間帯別契約にしたほうが5年で7万円以上も安くなるという結果が出てきました。
1



最初はなぜそんなことが起こるのか?理解できませんでした。
そうなったら計算せずにはいられなくなって計算してみたら、理由がくっきりと浮かび上がってきました。
まずは「はぴeタイム」の料金体系です。
2


次に「時間帯別契約」の料金体系
3





これだけだと朝と夕方安いのをとるか、平均的に安いのをとるのかで勝負がつきません。
そこで、「はぴeタイム」の段階的になっている単価を日数及び時間の両方で按分計算してみたところ26.55円/kWhという結果が出てきました。
単純に考えればここで「はぴeタイム」のほうが得やん!?
となりそうです。しかし、殆どの家庭では7:00~10:00、17:00~23:00という時間の方が圧倒的に電気を使うことは明白です。そうなると単純に時間按分しているよりもずっと24.16円/kWhに近い金額で考える方が妥当だということまで分かってきます。
であれば、さらに「はぴeタイム」のほうが得やん!?
となり、なぜ価格ドットコムが時間帯別契約の方が得だという結果を出してくるのかが分かりません。
そこでよーーく表を見比べて気が付きました。
「最初の10kWまで」の基本料金を見比べてください。「はぴeタイム」が2160円であるのに対し、「時間帯別契約」は1188円です。その差972円/月です。
しかし、ここまで気がついても比較は難しいです。基本料金が安いのと、電気の単価が安いのだったらどっちが大きいだろう?ということが簡単には比較しにくいからです。
そこで計算してみました。
完全に按分計算した場合の単価の差額は28.59-26.55=2.04円/kWh
完全に「はぴeタイム」が有利になるときの差は28.59-24.16=4.43円/kWh
となります。
ここから972/2.04=476kWh、972/4.43=219kWh
という数字が計算できます。
この数字が意味するところは月に最低でも219kWh以上使わないと時間帯別契約の方が安くなるということを表しています。
30日で割ると7.3kWh/日にもなります。
一般家庭の平均電気使用量が14kWh/日と言われているのでそんな差がつくことはまずありえません。
ということで、誰が指示するわけでもなく「自動的に」「はぴeタイム」になることが多かったと思いますが、これからは電力会社のこの罠に引っかかって余計な基本料金を生涯取り続けられないようにしましょう・・・


別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

今泉さんに教えてもらった電力回避可能価格。

2017年10月27日

今泉さんに教えてもらった電力回避可能価格。

難しい概念ですが、要するに2019年以降に各電力会社が太陽光等の発電している家庭や企業から電気を買い取った場合に、その分、石油やガスや石炭(場合によっては水力等を稼働させなくて済むみたいなのも含まれる)を買わなくても済む分だけ浮いてくる金額に相当します。
で、これの何が重要かというと2019年以降発生してくる10年の固定価格買取が終わった後の買い取り金額が一体いくらになるのか?という疑問に対するある種の答えになりうるからです。
電力会社毎に大きくことなりそうですが、
最新データである平成29年5月時点のデータで見る限り
2019年以降の買い取り単価は
北陸電力        4~5円/kWh
中国、四国、九州電力  5~6円/kWh
東北、中部電力     6~7円/kWh
北海道、東京、沖縄電力 7~8円/kWh
くらいになる可能性がありそうだ・・・
と言えそうです。
多分、このグラフ以上に確実性のある価格予測は
ないと思います。
北陸電力は日本一水力発電比率が高いので、どうしても安くなってしまいます。その分、現在の電気価格も日本で一番安くなっています。
北陸電力のエリアは元から日照量が少なく、積雪量も多いです。これに加えて10年目以降の買い取り単価がここまで低いのであれば、太陽光発電との相性は最悪の地域であるということが改めて浮き彫りになります。
この単価が安ければ安い地域ほど蓄電池、電気自動車の価値が出てきます。売ってしまえば上記の単価ですが、自家用車に充電すれば深夜電力の時間帯でも13円相当、昼間充電するなら28円相当の価値ある電気として使えるからです。

1



別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「なぜか出るホコリ!原因はソコだった!?」

2017年10月19日

昨日放映のためしてガッテン
「なぜか出るホコリ!原因はソコだった!?」
は知らないことばかりで本当に素晴らしい内容でした。
http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20171018/index.html
再放送が10月21日(土)午前0時10分にあるようなので
ぜひ見ることをおすすめします。
内容をまとめると
そもそもホコリに含まれているものは、ウイルス、細菌、ダニ、花粉、などが言われてきましたが、一番多いのはなんといっても繊維のかけらでした。その他にも食べかす、ティッシュ、皮膚のかけら、垢、土などが繊維のかけらをベースにして静電気の力でまとまったもの・・・これが「ホコリ」の正体でした。
長年、「これほどのホコリはいったいどこからやってくるのだろう」と疑問に思っていましたが、かなりスッキリしました。
なお、静電気を計測する測定器があり、それで計測すると、人の体、壁、床まで含めて100Vくらいの静電気は普通にあるものだということが分かりました。
番組では言ってなかったのですが、無垢のフローリングより複合フローリング、塗り壁や紙クロスよりもビニールクロスの方が静電気が多いということは詳しい実務者の間では言われてきたことでした。
番組内で、徹底的に掃除したある部屋の次の日が密室だったにも関わらずホコリだらけになっていることの謎解きが行われました。
結果は、「壁や戸につくホコリ」でした。
空気が流れるだけで壁や戸の表面にも静電気は発生してしまいます。当然ある程度の空気は流れているのでどうしても静電気は発生してしまっているわけです。1日という時間の中で壁や戸についたホコリが床に落ちたことが犯人というオチでした。しかしこれは、私も知りませんでした・・・塗り壁や紙クロス、及び無垢のドアを多用している当社としてはありがたい情報でした
そんな静電気を少なくする方法も紹介されていました。柔軟仕上剤でふきんや雑巾をあらってやるだけでそれらで拭き取られたものは静電気が圧倒的に少なくなっていました。通常の雑巾だと拭き取る時に逆に静電気が発生しまうことを考えると画期的だと思いました。

別窓 | [日記] | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

燃料電池自動車の一次エネルギー使用量が気になったのでググってみました。

2017年10月18日


昨日の村上さんの燃料電池自動車の一次エネルギー使用量が気になったのでググってみました。
ここが一番詳しい解説だと思いました。
http://hori.way-nifty.com/synthesi…/2013/…/jhfcco2-854a.html
下の方に結論が下記のように書かれています。
エネルギー消費量(一次エネルギー投入量)
1,水電解水素を使用する燃料電池車のエネルギー消費量は、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、電気自動車はもとより、エンジン自動車よりも大きい。
2,最もエネルギー消費量が小さい燃料電池車でもハイブリッド車と同程度のエネルギー消費量であり、最もエネルギー消費量が小さい燃料電池車よりもプラグインハイブリッド車と電気自動車の方がエネルギー消費量が小さい。
CO2排出量(CO2排出量)
1,どの燃料電池車のCO2排出量もエンジン自動車よりは小さい。燃料電池車水素製造供給16方式のCO2排出量の巾の中にハイブリッド車が入る。
2,最もCO2排出量の小さい燃料電池車でもプラグインハイブリッド車と同程度のCO2排出量であり、最もCO2排出量の小さい燃料電池車よりも電気自動車の方がCO2排出量が小さい。
まさに村上さんの計算通りでした。。。。
これほどまでにエネルギー安全保障の面でも、CO2排出量の面でもメリットがない上に、莫大なコストがかかる燃料電池自動車をなぜトヨタと日本が進めようとしてきたのか??
これはその周辺産業が膨大に儲けられる可能性が高いから??としか考えられません。
原発を意地でもやろうとするときの構図と全くおなじものを感じました。

2

3





別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

村上敦さんと一緒にプチ講演させていただきました。

2017年10月18日


昨日は村上敦さんと一緒にプチ講演させていただきました。
いつもながら村上さんの話はインパクトと新鮮さの塊でしたが、その中で特に驚かされたのがグーグルの新しいプロジェクト
である
「プロジェクトサンルーフ」
https://www.google.com/get/sunroof…
まだデモ版のようですが、グーグルマップのデータを流用し、その屋根から発電できる発電量、購入、レンタルした場合の得する金額、償却年数までが表示され、将来的にはその下に太陽光発電業者が表示されてクリックしたら発注できるようになるところまで目指しているようです。
これが普及することによる省エネ効果というのは超絶的ではないかと思います。
改めてこの会社の凄すぎる凄さを感じました。

1


Project Sunroof - Solar Calculator
Project Sunroof is a solar calculator from Google that helps you map your roof’s solar savings potential. Learn more, get an estimate and connect with providers.
GOOGLE.COM



別窓 | [日記] | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

全建築関係者必読だと思います!!

2017年10月13日
全建築関係者必読だと思います!!
「雨漏りトラブル完全解決」
https://www.amazon.co.jp/%E9%9B%A8%E6%BC%8F%E…/…/ref=sr_1_1…
建築実務をやっている人で雨漏りを経験したことはないはずです。
その実例と対策が雨漏り対策のプロによってえぐり出されています。
そのプロの面々がまたすごい。
私が社会人になった最初の上司である玉水さん
通気金物のトップメーカーのハウゼコ神戸社長
学問側からのトップとして石川先生
ほかいつも仲良くしていただいている方ばかりです。
アマゾンでもベストセラーになってますが、
特に軒ゼロおさまりをやっている会社
棟数が多い会社は、全従業員及び、施工業者が
確実に目を通しておくべき一冊だと思います。



雨漏りトラブル完全解決


別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

サトヤマヴィレッジまで一緒に見学に行きました。

2017年10月12日 9:20
サトヤマヴィレッジまで一緒に見学に行きました。
1

2
3

http://satoyama.s-concept.co.jp/concept/

ドイツをはじめとするヨーロッパ諸国の戸建住宅では緑に囲まれている
というのが当たり前です。いつも行く度にその美しさに癒やされると同時に
圧倒されます。

日本の団地は長方形に区画を割って、それぞれがブロック塀とアルミカーポートで仕切ってしまう上に植栽が少ない。。。その上に乾式サイディングと半外付サッシ、電線によって景観もへったくれもない・・・というのが実情です。

10年ほど前に滋賀県の小舟木エコ村にてこのような現状を打破しようと色々
試みましたが、金銭面だけでなく、法的なしがらみも多く本当に思っていた事全てが実現できたわけではありませんでした。

そんな中で今回見学させていただいたサトヤマヴィレッジは凄かった。。。

「よく日本でここまで出来たな」

というのが正直な感想でした。

このプロジェクトをとりまとめたエス・コンセプトの馬越社長自らにご案内
していただきましたが、色々とおもしろい話が聞けました。

・こんなにすごい団地なのになぜあまりメディアに出てないのか?
「この団地は建築分野ともランドスケープの分野ともちょっと違うらしいです」

・住民は月4000円の管理費用を支払っている

・夏は周囲に比べて2℃ほど気温が低くなっている

・季節がよく、蚊がいない時期は中央の雑木林で皆でよくBBQをやっている。またお父さん同士の仲が非常に良い

・これだけやるにはかなりの外構、植栽費用がかかりませんでしたか?
「道路を整備するコストと相殺しているので全然そんなことはありません」

・森が安定するまで5年位かかった。最初の年はある虫が大量発生したと思ったら次の年はまた違う虫が・・・とか最初はクローバーが20cmくらいまでぼうぼうになったが、その後は自滅して、今は綺麗に苔が生えている。

・自然な広葉樹の雑木林になるように、実際の山から多様性を保ったまま様々な樹木を5mくらいの高さの状態で移設した。山の木は密集した状態でうわっているので背は高くても直径が小さく、まとめて大量に運びやすかった。現地にゆったり植えると、高さは伸びずとも直径が大きくなる方向に育ってきた

などなど、本当に素晴らしいなと思いました。

馬越社長ご自身が農学部の出身ということもあり、木に対する深い愛情と知識があるからこそ出来たプロジェクトだと思いました。建っている住宅はメーカーの普通の住宅が多いですが、植栽がそれぞれのファサードを分断する効果もあいまって、町並が整って見えるようにしているところも秀逸でした。

これは住宅会社、建築系メディアの方は一度見ておいた方がいいです。
ただし、勝手に内部に入ると通報されるのでご注意を!!


別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

山口県立大学学長で医学博士の江里先生と一緒にパネルディスカッションをさせていただきました。

2017年9月20日
昨日は大阪にて山口県立大学学長で医学博士の江里先生と一緒にパネルディスカッションをさせていただきました。

先生は動脈硬化の専門家でいらっしゃいますが、印象的な内容があったので紹介しておきます。

・ガンは初期であれば治る時代になってきたが(膵臓がんは除く)動脈硬化は決して良くなることはない。現状維持以上のことはできない

・60を超えるようになってから動脈硬化による脳、心臓の疾患が増えるからヒートショック対策も高齢者向けのように言われているように思う。しかしながら、血管が徐々に詰まっていき、血圧が上がりまたそれによってさらに詰まっていくという悪循環は40歳頃から20年くらいかけて徐々に進行するものである。よって若い頃から暖かい住宅に住むべきである

・そもそも大半の医者は上記の事実を知りもしない。仮に知っていたとしても一円の儲けにもならないので言わない人がいてもおかしくない。

・日本の医者はそもそも手術をする。薬を出すということをしなければ儲からないシステムになっている。しかも薬は5種類以上処方すると儲けが跳ね上がるようになっているから5種類以上出す医者が多い。高血圧、高脂血症の薬を飲んでいる人が多い。しかしあれは麻薬みたいなものである。一度飲み始めると生涯飲み続ける必要がある。こういった薬を処方されたら「まずはタバコをやめて3ヶ月食事、運動に気をつけてみます。それでも数値が改善しないようなら、処方して下さい」というべきである

・欧米であればそもそもタバコをやめない状態で薬が安易に処方されたり、手術が行われたりということはほとんどない。日本はそのあたりが非常にあいまいになっている。

・健康診断の結果が悪い場合、その基準値が国際的に見ておかしなものであったとしても、その結果を見た上で何らかの措置を講じずに患者がなくなった場合、医者は訴えられると負けてしまうという問題がある。

他にもいいお話をたくさん聞けました。改めて思うことは住宅と同じで一般消費者(患者)は医者の言うことを鵜呑みにするのではなく、自分でよく勉強していないとこの国では自分の健康もしくは財産を守ることはできないということでした。

おかしな基準値や制度がまかり通っているのはなにも住宅業界だけではないということです。

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

これは画期的かもしれません・・・

2017年9月7日
これは画期的かもしれません・・・

1


今までの自動掃除機能では熱交換器の汚れまでは取れず、あくまで
フィルターの掃除にとどまっていました。

しかし、この機種では熱交換器まで自動掃除できるとのこと。
ここ1年位、再熱除湿の能力の高さ、内部がステンレスでカビが
つきにくいという両面から小屋裏の冷房用エアコンは日立に切り替えていました。

おそらくこの機種は高いと思います。でも当社のようにどうせ冷房用のエアコンを1台で完結させるのであれば決して高い買い物では無いと思います。

実物を見てみたいものです・・・

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。