FC2ブログ

兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

住宅ローンを抱えて被災した時のために


2018年7月12日 · 

住宅一筋20年でも知りませんでした。
素晴らしい制度だとは思いますが、やはりこうならない家を作ることが何倍も重要。




HUFFINGTONPOST.JP
住宅ローンを抱えて被災した時のために、今、多くの人が知るべき『制度』がある
熊本地震から2年。今、住宅ローンを抱えて被災した人はどうしているのか



https://www.huffingtonpost.jp/asonishiharashimbun/loan-houses-kumamoto_a_23445606/?fbclid=IwAR0VL-ygQQT9tZAmzRKSFs-qitdRXDK7NCYEia--3lw1SLQ12OrFGQW9p14






スポンサーサイト
別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

加湿器の分類


2月19日

朝に引き続いて前にも書いたことがあるかもしれませんが、改めて加湿器の分類を説明します。

家電量販店に売っている加湿器は大きく分けて下記の4タイプに分類できます。


気化式
ハイブリッド式
スチーム式
超音波式


まずは分かりやすいスチーム式

単純に水を温めて気化させる方式です。
加湿力も強く、室温も下がりません。
ただし、COP1で加熱するのでものすごく電気を食います。
そして加湿する力が強すぎるがゆえに、障子がグニャグニャになったり、結露やカビの被害が出やすいのもこの機種の特徴です。
昔はよくみかけましたが、最近はまず見かけることがなくなったように思います。


超音波式

超音波で水を微振動させることで水を小粒化し加湿する方式。
電気使用量も少なく静かです。
ただ、少容量のものが多く加湿力は弱いものが多いです。
掃除が行き届かずにカビや雑菌が中で繁殖した場合、そのまままき散らしてしまうという大きな欠点を抱えています。
加湿器病という言葉がありますが、それは主にこのタイプの加湿器を使った場合に起こるといってもいいでしょう。
雑貨屋さんにおいてあるおしゃれな加湿器はたいていこのタイプです。


気化式

下部の水桶に水をためておき、円盤形状のプラスチック板20枚程度、もしくは細いナイロン糸を編み込んだスポンジ状のものを回転させます。
その水濡れした円盤が空中にあがってきたところでファンで風を当てます。
要するに表面積を広く確保することで大量に気化させるだけのきわめて原始的な方式です。
ファンの消費電力のみなので、消費電力は極めて少ないのが特徴です。
大型のものもパナソニックから発売されており、個人的にはこれが一番お勧めのタイプです。


ハイブリッド式

基本的には気化式ですが、風が温められた温風であることが特徴です。
最も省エネな気化式よりは多少エネルギーを使いますが、即効性があります。


その他特殊な加湿方式
ダイキンエアコン「うるるとさらら」

非常に有名です。
一部屋だけを加湿するならいいと思いますが、高断熱住宅で家全体を1台のエアコンで暖房するという場合には加湿量が全く足りません。
それと加湿を入れた瞬間に消費電力がかなりあがってしまいます。
説明書には小さく記述がありますが、そこまで読まれている方はほとんどいないかと思います。
それでも給水と掃除の手間がいらないという強みはあります。
基本原理は室外機にて外気中に存在する水分を集めてそれを室内に放出するという仕組みです。


ダイキンデシカ

基本的な加湿原理はうるるとさららと同様です。
ただ容量が全く異なります。
家一軒分を余裕でカバーします。
ただし、機能は加湿と除湿に限定されます。
給水も不要です。

夏においてもエアコンではほぼ不可能な相対湿度40%まで落とすことが可能です。
惜しむらくは加湿除湿だけのために150万程度もかかること、加湿、除湿の効率がそこまでよくはないこと。
ほとんど売れていないので廃版になった場合、代替機種は存在しないので一代限りだということです。
経験上お医者様は湿度にこだわる方が非常に多く、またお医者様は予算に余裕がある方が多いです。

その結果、お医者様はこの機種を使いたがる傾向が強いです。
ダイキンでオプションとして設定されている「さらぽか空調」というものはどうやらこのダイキンのデシカの権利を買い取って長府製作所に作らせているものだと推測されます。




別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

乾燥対策


2月18日

今朝、空港に向かう車の中でFMラジオを聴いていたらDJの方が、ホテルでの乾燥対策としてベッドの横にコップを置いているだけでも効果がある。とか、加湿をすると暖かくなる。と言ってたのが気になったので、ちょっと書いてみたいと思います。

 まず、ホテルの部屋ですがシングルだと15~20㎡くらいが多いかと思います。
仮に20㎡、天井高さが2.5mとすると容積は50㎥あることになります。
ホテルの法定必要換気回数は覚えてないですが、基準法の0.5回も換気してないホテルが多いように思います。
ですが、今回はとりあえず0.5回と仮定してみます。

 そうすると1時間に25㎥の暖房され外より少しは湿っている空気が外に出ていき、代わりに25㎥の冷たく乾いた空気が部屋に入ってきます。
ほとんどの部屋がおそらく絶対湿度で4.5g/kgくらいだと思います。
20℃の空気はおよそ1.2kg/㎥なので、もともと室内には60kgくらいの空気があり、その中にはおよそ270gくらいの水が含まれていることになります。

このうち半分の135gはそのまま室内にとどまり、残りの半分は3g/kgの乾いた空気に入れ替わります。
その水分量は3×25=75gなので、元の135gと足すと210g/kgとなり、元から低い湿度が換気するほど、どんどん湿度が下がっていくことが分かります。

寝ていてものどの渇きを感じない水分量は7g/kgくらいです。
この場合、50㎥の部屋には350gの水分があることになります。
毎時0.5回換気すると、そのまま残るのが175g、1時間後の水分量は250gなので毎時75g加湿してちょうど元の湿度を維持できることになります。

実際には人がいるだけで少し水分が出ます。
またシャワーを浴びたりすることでも水分が出ます。
しかしそれを加味しても22時にチェックインして8時にチェックアウトするという10時間滞在の場合でも750gから発生水分量を差し引くくらいの加湿は必要だということになります。
とてもじゃないですが、一晩で水位が1mmも下がらないコップの水で加湿などできるはずがないということになります。

それと、もうひとつ。
加湿すると暖かくなるということについて
これは半分正しく、半分間違っていると言えます。

昔よくあったスチーム式の加湿器で加湿する場合は確実に暖かくなります。
これはそもそも熱の力で水を温めて気化させる方式なので、水分量と熱を同時発生しているからです。

反対に最も省エネな気化式の加湿器の場合、暖房しない状況で稼働させればさせるほど気化熱によって室温は下がっていきます。
気化熱とは注射する前のアルコール消毒ですっとする感じ、もしくは夏の打ち水によって多少道路の温度が下がることと思っていただければわかりやすいかと思います。
ただし、エアコンによる暖房と併用している場合、室温が下がった分だけ余計にエアコンが稼働することになります。
そうなった場合は、加湿せずに20℃の場合よりも加湿した20℃のほうが確実に暖かくなります。
ここまで読めばわかるかもしれませんが、空気中の水分量=熱の一種なのです。
専門用語でこれを潜熱といいます。




別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

3月9日(土)に神戸市垂水区で見学会

2月7日

3月9日(土)に神戸市垂水区で見学会を開催します。

http://www.matsuosekkei.com/kengakukai.html

細長い敷地で2階が一体空間のLDKとしながらデッキバルコニー形状の庭につながる空間、そのまま外観を起こすと不細工になってしまうところを立面を整えてきれいに仕上げた住宅です。

ご興味とお時間のある方はご予約の上ご来場ください!




別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

健康・快適なZEHのつくり方

2月7日

新著が届きました!他の著者のところは初めて読みました。この本にしか載ってない内容もたくさんあります。ぜひご一読を!

https://www.amazon.co.jp/%E5%81%A5%E5%BA%B7%E…/…/ref=sr_1_1…



キャプチャ

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |