兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

寒い家の改善相談に行ってきました。

●下の3つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

 ←住まいと生活/不動産

寒い家の改善相談に行ってきました。

知り合いの工務店さんが施工した物件が「寒くてたまらない」と施主様から
言われ困っているということで、現地に行ってコンサルティングを行ってきました。

重量鉄骨造の外断熱の建物です。

施主、工務店とも外断熱であれば大丈夫という思い込みが今回の悲劇の原因でした。

改善するにあたり、どの程度気密性が出ているか全く分からなかったので気密測定
業者も呼び、測定も行いました。結果、気密性に関しては1.5程度と思っていたよりは
ずっといい値でした。

気密性がこれだけ出ていればあとは断熱を補強してやればいいだけになってきます。

ただ、事後対処なのでその方法が非常に難しいのです。

今回この家が外断熱でも寒くなった理由は単純に断熱材の厚さが足りないことに
起因します。要するにQ値の計算もしていないわけです。

仔細な金物、照明器具に至るまでこだわり抜いた形跡が見られ、本当に手間隙
かけて作った家なのに寒すぎるが故にそのデザインメリットが吹っ飛んでしまっている。

施主様の感想はまさにそんな感じでした。

もうひとつつらいところが南面からほとんど日射が入らない点です。
今回断熱補強することで今よりはかなり暖かい家にはなるでしょう。
しかし、太陽の熱がほとんど見込めないのでやはり暖房にはそれなりの
エネルギーを必要とすると思います。

たかが断熱、されど断熱というのを強烈に垣間見た1日でした。
スポンサーサイト

別窓 | [熱環境] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<またまたパソコンを作りました。 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 所員の今瀧もブログ始めました!>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |