兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

中国の生の情報を聞くことができました。

●下の3つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

 ←住まいと生活/不動産

中国の生の情報を聞くことができました。
今日は昼一からH邸の打合。パッシブハウスレベルの家を作る予定です。
H様ご自身、非常に断熱、気密等に詳しく、かつ熱心なので今日もそんな
話で盛り上がりました。

それが終わると次は突如今日決まった大阪のH邸の打合を行いました。
いつもは中国に単身赴任されているご主人様と初めてお会いすることが
できました。そこで中国の生の情報をたくさん聞くことができました。
学生の目線からは中国人留学生や、日本人で中国に留学していた学生
さんからいろいろ聞いていましたが、かなり長期に渡って中国でビジネスを
されている方から直に話を伺うのは初めてでした。

自分なりに得た知識が本当なのかどうか?短時間ではありましたがぶつけて
みました。
・Hさんは日本及び台湾においてバブル崩壊を見て来られたそうですが、
 中国の今は同等かそれ以上の状態であるとのこと。
・リーマンショックなどなんとも思っていない。「中国だけは別である」 
 という意識を皆が持っている。
・特に技術や積み上げがあるわけでもない個人に対し(会社社長)
 湯水の如く融資が行われている。(まさに日本のバブル時代のようです)
・全てがコネで決まるような社会。金持ち同士が集まるとそこには
 儲けの情報がいち早く集まっており、許認可関係に関してはだれかの
 コネが通用するという状態になっており、金持ちが益々金持ちになる
 構図ができている。
・内陸部の貧しい国民が豊かになるまではバブルがはじけることがないのでは?
 と聞いたところ「それで動くお金はたかだかしれている。金持ちの間で
 まさに根拠のないところに投資されているお金によってバブルの状態に
 なっている」

とのことでした。知っていた内容と大きく違うというところはありませんでした。
しかしながら日本にずっといると「不景気」というのにもう20年近くどっぷり
使っているので、まさかすぐお隣の国がそこまでの状態だとは思いませんでした。

非常にいい勉強になりました。
スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<兵庫県産材利用融資の金利が1.7%!史上最低になりました! | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | プレゼン→BBQ→相談に乗る>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |