兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

北海道の建築業者の生の声

●下の3つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

 ←住まいと生活/不動産

北海道の建築業者の生の声
先日仙台メディアテークに一緒に行った北海道の工務店の方と
話しているときに貴重なお話を聞くことができました。

その方は1990年の新住協の設立の頃から関わっていた方ですが
新住協のノウハウが広がる以前と以後で全く違うとおっしゃるのです。

何が違うのかというと、灯油の消費量と建物の傷み方だそうです。
それ以前の建物は断熱材の内側に防湿気密シートがなかったが故に
室内の膨大な量の湿気が壁体内に入り込むことで10年以上経った
構造材を見ると相当に傷みがはげしかったそうです。

それが、今の方式に移ってからは、年数が経った構造材も本当にきれいな
状態を保っているとのことです。そしてもう一つは当たり前ですが全館暖房
する際の灯油の使用量が劇的に減ったことだそうです。

今となっては当たり前になったようですが、新住協そして鎌田先生が
北海道の住環境及び省エネに与えた影響ははかりしれないものがあるようです。
スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<湖を泳ぐ青大将を発見 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 久々の5時間打合>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |