兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

日本はサッシの断熱性能アップが急務!

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

日本はサッシの断熱性能アップが急務!
昨日のセミナーの内容の続きです。日本の建物全般の省エネ性能が悪いのは
特にサッシの性能が悪いことが最大といってもいい原因でした。それは分かって
いたのですが、昨日改めて認識させられました。

日本では今一流住宅メーカーが主に使っているサッシの熱貫流率が
3.49~2.91の間くらいです。小さいほどいいのですが、かなり頑張って
2.33というところまでしか一般的には入手しづらいのが現状です。

ところがドイツのパッシブハウスではこのU値が0.7~0.9といった
ようなものが普通に使われています。これも当然知っていました。
ところが私が驚いたのは国が定めている最低基準です。

なんと1.3なんだそうです・・・。
日本製では1.3というのはかなりお金を積んで特注に近い状態で
ようやく手に入るかどうか・・・。そんなサッシです。それが
最低基準だそうです。

また、それと同時に外部の日射遮蔽も義務付けられているそうです。
省エネ、断熱性能の双方に関して20年くらい差がついているように
思います。
スポンサーサイト

別窓 | [熱環境] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<今日は1日で2軒引き渡しました。 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | セミナー参加とセミナー開催>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |