兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

換気ルートの計画が難しい!

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

換気ルートの計画が難しい!
今日は今から2軒立て続けに採用するダクト式の換気システムの配管ルートを
検討しました。私が設計する家は天井の梁を見せることが多い上、プラン上
余分なスペースはほぼ完全に収納等で使いきるか、そういう場所ができないように
全体面積が小さくなるような設計をしています。

ということは、要するにダクトの配管ルートを決めるのは非常に難しいということ
になるわけです。当社も今まではダクト式の熱交換換気システムは採用してきません
でしたが、予算に余裕のある方、断熱に対してよりこだわる方に関してはダクト式の
熱交換換気システムを採用していく予定です。

その他にも、窓及び外壁の断熱性能に関しても根本的にレベルアップをしていき
最高峰を目指す方にはパッシブハウスを提供できるようにしていくように考えています。

断熱だけに予算をつぎ込み、あとは全て建売同等ということであれば、また違った
建物が出来るかもしれませんが、さすがにそれは建築家としてやりたくありません。

日本国内で見ると、かなり高い断熱水準にあると自負していますが、国際的に見ると
お恥ずかしい水準になっています。

上記のように条件を満たす場合には、国際的な水準で見ても恥ずかしくない家を提供
していきたいと思っています。
スポンサーサイト

別窓 | [熱環境] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<電気自動車を初めて運転しました! | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | あたらしいソフトを立て続けに使いはじめました。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |