兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

エクセルギーとは?

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

エクセルギーとは?

先日の東京での飯田哲也さんの講演のときにエクセルギーという言葉がでてきました。
以前から何度か聞いたことがあったのですが、大学時代にも一切出て来ませんでしたし、
一級建築士の学科の問題にも出てこない言葉です。

今日、原子力を専門にやっている友人にも聞いてみましたがエネルギーの専門家の彼でも
知りませんでした。

そこでエクセルギーに関して勉強してみようと思い、アマゾンで検索してみました。
何冊か該当する本があるのですが、一冊だけ建築学科の先生が書かれたエクセルギーの
本があったので迷わずその本を選びました。

それが東京都市大学教授の宿谷先生の書かれた
「エクセルギーと環境の理論」という本でした。

はっきりいってこの本は熱環境における「パラダイムシフト」
とも呼べる内容でした。

エネルギーに詳しい人の間では「省エネという言葉はおかしい。
エネルギー保存の法則があるのだから・・・」という言葉が
よく聞かれます。

しかし、実は省エネとは「省エクセルギー」のことだったのだと
理解することができました。

ではエクセルギーとはなんなのかというと
「拡散という現象を引き起こす能力」と書かれています。
これだけでは分かりにくいのです、具体例をひとつあげてみます。

例えば、気温が20℃としたとき、40℃、20Lのお湯と
100℃、5Lの持つ熱エネルギーはともに1674kJとなります。
(温度×水量が等しいため)

しかしながら、人間の感覚としては100℃、5Lのお湯の方が
強烈な何かをもっているような気がします。この何かというのを
表す概念がエクセルギーといえます。

エクセルギーの観点で表すと、前者は55kJ、後者は194kJと
4倍近い差がついています。

誰もが分かることですが、どちらが急激に温度が下がっていくかというと
明らかに後者です。ここでいう「急激に温度が下がっていく」ということが
「拡散という現象を引き起こす能力」ということになります。

これは熱以外にもあらゆる物理現象に応用することができ、それら
多種多様な現象において非常に細かい説明がなされています。非常に
難解な部分も多いですが、前半は読み物としても十分に楽しめます。
機器に頼る前になぜ断熱を強化しなければならないのか?ということも
定量的に分かります。よって断熱や省エネに興味のある方は必読の
書といってもいいかもしれません。
スポンサーサイト

別窓 | 環境(CO2)関連 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<書寫山圓教寺に行ってきました。 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 電気自動車を初めて運転しました!>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。