FC2ブログ

兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

続・建築士という資格の雑学

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

昨日の1級建築士の雑学に引き続いて、「では2級との違いは?」という問いに答えてみたいと思います。

ところで皆さん、医者や弁護士に1級、2級があったらどう思われるでしょう?

おそらくほとんどの方は1級の先生がいいと思うでしょう。

じゃあ建築士もそうなのか?

実は全くそんなことはありません。

多くの人がそのように思うのは1級=一流 2級=2流と
いうように勝手に思い描いてしまうことにあると思います。
しかし決してそのようなことはありません。

何が違うかといいますと、ずばり建てられる建物の規模と構造が違います。細かく分類すると結構複雑なんですが大まかにいうと面積でいうと500㎡ 高さでいうと13m 構造でいうと木造かそれ以外か・・・。大まかにこのあたりを境に1級と2級は区別されます。

ほとんどの戸建住宅は50坪までなのでせいぜい150㎡まで、高さにしても3階建としてもよくいって9m、構造も木造がダントツで多い・・・

となると住宅を設計する場合は2級建築士でも十分資格の範囲内に納まります。

1級は基本的に基準法を満たしていればいかなる建物も建てることができる資格といえます。

私が思うに資格の名称が1級とか2級とかいうから消費者が誤解するのであって実際には大規模建物建築士と小規模建物建築士
といった方が適正かもしれません。

だからといって資格に差がないかといえばそんなことはありません。一般の方の捉え方が違うのはもちろん、業界内での見方もやはり違います。企業では給料の手当ても異なります。

それに加えて、受験資格自体の制限も違いますし、なにより
試験の難易度も合格率も桁違いです。

2級建築士も1級に同じく学科と製図があるのですが2級の場合の製図試験は1級のような数千㎡というようなものではなく
せいぜい数百㎡のしかも何かと併用した住宅である問題が多いです。

1級が何年経っても受からない人が多いのに対して2級は頑張っている人はたいてい数年のうちに受かります。

では1級を持っている人はみな仕事が出来るのかといえば一概にそんなことはありません。忙しい事務所にいっている人というのは過酷な仕事をしている分仕事を覚えるのが早く、またその結果仕事ができる人が多いです。反面まとまった勉強時間をとることができないため資格を持っていない方も多いです。

逆に、あまり仕事が忙しくない事務所で仕事はあまり覚えてないけれど勉強時間はたっぷりあるといった人の方が受かやすいのは事実としてあります。

私も毎日、午前様だった事務所にいた頃は例にたがわず合格することが出来ませんでしたが、少し余裕のある事務所にいったその年に取得することができたぐらいです。

どの仕事でもそうだと思いますが、資格と仕事の出来は必ずしも比例するものではありません。そのことだけでも覚えておくといいかもしれません。
スポンサーサイト




別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<インテックス大阪の環境展に行ってきました。 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 一級建築士という資格の雑学>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |