兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

リーさんとPS社の社長さんが来社しました。

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

リーさんとPS社の社長さんが来社しました。
ついこないだまで当社にオープンデスクできていた中国人のリーさんが
中国に帰国してからまた来日していたので事務所に寄ってくれました。
中国できちんとした木造住宅を作り始めようとしているのですが、リーさん
本人の経験値が足りないこと、向こうの施工技術が低いこと、建材の種類も
限られることからいろいろとアドバイスをしました。中国の住宅は換気装置
がないらしく、どの家も劣悪な室内空気環境にて生活しているようです。
 反面、ほとんどの家に石炭によってつくられた温水による地域暖房システムが
導入されており、冬外気温がマイナス20℃でも室温は28℃と日本の夏のような
温度だそうです。ところが断熱性がそれほど高くないため体感温度は(10+28)/2
=19といったような感じになるんだと思います。
 そんな感じで室温はかなり高いので当然相対湿度はなにもしなければ異常に
低くなってしまいます。そこでほとんどの方が加湿器もしくは濡れタオル等を
使うそうです。そうすると今度は当然ながら窓が強烈に結露するのでタオル等を
窓の下に置いているそうです。寒くはないかもしれませんが、とても理想的な
熱環境とはいえない状況です。ですから、それらを改善できる方法をいろいろと
アドバイスしました。
 それが終わると次は輻射冷暖房システムで有名なPSという会社があるのですが
今その会社と共に、新しい冷暖房換気システムの設計に取り組んでいます。
革新的なプロジェクトということもあって社長自ら来て下さいました。
 10年以上前から注目していた会社ですが、やはり社長さんの熱環境に対する
知識や人脈も幅広く、初対面でしたが、いろいろと濃いやりとりをすることが
できたので良かったです。
スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<断熱化による健康改善率 二万人調査の結果 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 健康維持に理想的な室温は21℃以上だそうです。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。