FC2ブログ

兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

省エネ基準は「義務化基準」と「推奨基準」の2本立てになるかも

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

省エネ基準は「義務化基準」と「推奨基準」の2本立てになるかも

環境省からの発表があったようで、それによると皆が無理なく取り組めるのが
義務化基準、目標とするのが推奨基準だそうです。

また、環境性能の表示制度にかんしても提案があったようです。
それによるとまずは新築住宅、そして賃貸住宅最後に既存住宅の売買時
と徐々に対象となる建物の幅を広げていく案があがっているようです。

日本というお国がらでは厳しい基準を義務化するのはかなり
難しいということで苦肉の策で出てきたのが2本立てではないかと
思います。しかしながら、この策で本当に掲げている大幅な
CO2削減が出来るのか?と言われるとたぶん無理だと思います。
要するに目標値から逆算した制度作りではないだろうと思われます。

環境性能の表示制度に関しては非常にすばらしいことだと思います。
というかこれがないと、日本で建物を買うには費用と性能を比較
することすらできませんでした。一番高価な買い物なのにその性能
が公正な基準では分からなかった・・・。これが今までの日本の建築、
不動産業界の実情でした。だから、消費者は低性能な住宅を高い金額で
買わされたり、もしくは本当は高性能な住宅なのに宣伝広告及び
販売方法が下手であるが故に買うことがなく、低性能な住宅で後悔
しながら住んでいるということが普通に起こっています。

本当に少しづつではありますが、こういうことが今後少なくなっていく
ためのはじめの一歩が始まろうとしています。
スポンサーサイト




別窓 | [熱環境] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<口座を持っておくだけでも便利な銀行を見つけました。 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | また新しく見学会情報を2つアップしました!>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |