兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

長期優良住宅の比率はたったの8.8%

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

長期優良住宅の比率はたったの8.8%
日経アーキテクチュアの記事からです。2009年度の新築住宅に占める長期優良住宅の比率は
たったの8.8%しかないそうです。あまりの少なさに驚きました。
それにプラスして国の目標は2020年にこの比率を20%に押し上げることだそうです。

前にも書きましたが、地震が多く、夏暑く、冬は寒い日本においては長期優良住宅レベルで
もってはじめて「普通の住宅」といえると思います。長期優良住宅レベル以下の住宅は
性能不足がある住宅といっても過言ではないと私は考えています。

松尾設計室が建てる家はどんなローコスト住宅でも余裕で長期優良住宅をくりあします。
構造等級は2以上でいいところが、3を確保しますし、温熱等級は4までしかないので
4ですが、4をぎりぎりクリアするのではなく余裕でクリアします。

それでも、こと断熱に関しては現状でも満足していません。
長期優良住宅以下の家に住むのであれば、南向きのマンションに住む方が
よほど快適かつ、経済的、しかも健康ではないかと思ってしまいます。
スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<サーモスHとAPW330 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | プランニングの依頼が殺到しています。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。