兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

原子力発電は無保険で車を運転するのに似ているようです。

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

原子力発電は無保険で車を運転するのに似ているようです。

数少ない私のドイツの知人で環境ジャーナリストでもある村上敦さんの記事で
非常に納得させられる記事があったので紹介します。
下記のアドレスをご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/murakamiatsushi/archives/51609686.html

原発反対という声はあちこちで聞かれますが、ここまで「なるほど」
と思わされる解説を見たことがありません。

中でも特に目を引いた箇所を記載します。

「原発は無制限の損害賠償保険に加入しておらず、また、常識的な掛け金で、加入させてくれる保険会社も世界で1つも存在しません。つまり、国が最終的な責任を取ることで発電している施設であり、その他の火力発電所や危険物を取り扱う民間施設とは比較することができません。日本の状況の詳しくは是非各自でお調べになって欲しいのですが、原発が税金負担なしで支払うことができる賠償額は、最悪の事態が生じた時に発生する被害額、その災害対策に必要な対策費を大きく下回ります。」

「その無保険運転という状況は、税金が補償に使われるという側面だけではなく、ひいては、最終的には政治的な判断で、被害を受けられた方に十分な補償がなされない可能性を常に秘めています。これまで、公害訴訟などの例をみるまでもなく、こうした国策によって推進されてきた事象の事故においては、その後、その被害の賠償責任をめぐって、途方もない時間と、苦労が、そして苦しみが、被害者の方の負担という形で襲い掛かります。」

「賠償責任保険に加入すると、(チェルノブイリがもしドイツで生じればという前提での)掛け金は、原発電力の場合、1KWHあたり、30~60ペニヒと、その当時の電力価格とほぼ同等だった報告を聞いたことがあります。」

村上さんは頭の良い人だと思っていましたが、今回の文章を読んで更にその思いを強めました。
要するにこれらのことを簡単に説明すると「原発は無保険で車の運転をしているのと同じことで、
その状態で人をはね殺しても、車は国有の物で、裁くのも国だから被害者への対応はないがしろに
されてしまう可能性が高い」ということになります。

無保険で車に乗れば、維持費は当然安いはずです。そんなことは誰だって分かります。
今の原発の発電コストの安さが、こういうことの上に成り立っているということが分かった
だけでも収穫でした。


スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<日本の電力は福島原発の避難範囲面積の太陽光発電でクリア? | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 3/26(土)、27(日)に滋賀県のエコ村で見学会を行います!>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。