兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

環境に興味があるなら必読の書!「自然資本の経済」

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

環境に興味があるなら必読の書!「自然資本の経済」
今日は地球環境を守ることこそが経済の持続につながるということを
具体的な例を示しながら解説してくれる本を紹介します。

日本では2001年に出版された本ですが、著者はアメリカのエイモリ・B・ロビンスさんと
いう方で、アメリカの環境系シンクタンクであるロッキーマウンテン研究所の経営者
でもあります。

以前私が紹介したTEDにも出演するほどの人物といえばどれほどの人物か分かって
もらえるかと思います。
http://matsuosekkei.blog85.fc2.com/blog-entry-1319.html

私は本にいいことが書いてあるとそこに折り目をつける癖があるのですが、
この本を読み終わる頃には折り目が30カ所近くになっていました。

その中でも印象に残ったところだけをピックアップすると
・自然資本から社会に提供されるサービスは世界総生産に匹敵する。
・クモがコオロギやハエを消化して紡ぎ出す糸はケブラー並みの強さを持ちながらも
 それを作るのに沸騰させた硫酸や射出成形機を必要としない
・現在の自動車でドライバーの移動に使われている推進力はわずか5%で、
 95%は重たい車体を動かすのに使われている。
・パッシブハウスという言葉が日本で初めて紹介されている
・技術教育にかかった費用は、少なくとも10~1000倍になって戻ってくる。
 有能な技術者が専門家向けに講演を行い若手を指導し、優れた技術を紹介
 していけば大勢の技術者の技能にも生かされる。
・二億ドルをかけたバイオスフィアを持ってしても8人の人間を24カ月生かしておくことすらできなかった
・スプーン1杯の良土には五十億のバクテリア、2000万種類の菌類、100万の原始生物がいる
・一番危険な問題は微小レベルの遺伝子操作によって品種の多様性が失われていくことかもしれない。
 
これは面白い順や、興味の順で書いたのではなく単純に前から折り目のついたところを書いただけです。
このレベルの文章が他にもたくさん散りばめられています。読んでいてハッとさせられることばかりです。

そして、経済学者が自然を軽視することに関してもそのあやまりについて詳細に書かれています。
著者は30年以上前からここに書かれているようなことを論じていたようですが、そのあまりにもの
広範囲な知識と先見性には心底驚かされました。ここまでの知性を感じたのは最近では
「銃、病原菌、鉄」の著者であるジャレド・ダイアモンド博士以来です。

厚さ5cm近くある読み応えのある本ですが、環境関連の方だけでなく、様々な分野のエンジニア
、経済学者、農業関係者、飲食関係者、子どもがいる方々には特にお勧めしたい本です。
とっても是非読んでいただきたい内容だと思います。

スポンサーサイト

別窓 | 環境(CO2)関連 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<よく来て下さった日経の記者さんが編集長になりました。 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 平成23度も長期優良住宅の補助金制度が実行されるようです!>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。