兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

船井総研での2回目のセミナーが終わりました。

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

船井総研での2回目のセミナーが終わりました。
船井総研での2回目のセミナーが終わりました。西日本の工務店さんが対象だったのですが
今回も九州、中国、四国、関西と西日本全域から来て下さいました。お金を出して
頂いて、しかも仕事の時間を割いて交通費と移動時間をかけて来て下さっている
ことを考えると、こちらもできるだけの情報を提供しようという気になります。

快適で省エネ住宅を作るのに必要な基本的な知識と、実践方法は自立循環型
住宅の本と、拙著でもある省エネ・エコ住宅設計究極マニュアルの2冊があれば
だいたい必要な知識は手に入ります。

しかしながら、両著とも非常にすばらしい内容となっています。しかし、全ての項目を
公平に網羅しているが故に、費用対効果を考えた時にどの項目が真に優先される
べきなのか?また、施工性との関係、実際の商品名といった、それを読んだだけで
どうするのがコストパフォーマンスが優れるのかというのは、自分で考え、実践しなけ
れば分かりません。

そうやって私なりに辿りついている、私なりの現時点の答え的な内容を昨日は披露
したつもりです。であるが故に、かなり込み入った話になってしまい、まだ真剣に
省エネ性や快適性を追求していなかった工務店さんにはかなり難しく感じたかも
しれません。

パッシブハウスジャパンや船井総研さん、そして今度は大阪大学の施設でもセミナーを
行いますが、そこで実務者向けに話している内容はEUでは義務化されようとしている
内容です。それが日本の一般的な建築実務者にとっては「聞いたこともない」もしくは
「難しい」と感じるということは、いかに日本の建築実務者に本来必要な技術情報が
いきわたっていないかということになります。

「正しい知識を持った実務者を一人でも増やすこと」これが私ができる。最も
大きな省エネ貢献であり、ライフワークかと思っています。
スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ダイクロハロゲン球をLED電球に交換しました。 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 「誤った為政者は、投票に行かない善良な市民によって選出される」(J・ネーサン)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。