兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

上郡の現場→久々の西粟倉村訪問

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

今日は朝から上郡といって兵庫県の西の端でリフォームをしたいという
M邸まで現地を見に行ってきました。築30年程度とそれなりに古く空き家
になっていたのが10年程度とかなり長い間放置されていた割には状態が
良かったのが驚きでした。とはいえ、やはりそれなりのがたは来ています。
これをこれからどのように改善していくのか・・・。予算との兼ね合いもあるので
相当に考えることがありそうです。

それが終わると次は、1年ぶりくらいに岡山県の西粟倉村に行きました。
パッシブハウスジャパンの会員である奈良県の木品協の黒川さんが
「奈良県十津川村の村有林をなんとかしたい」ということで関係者二人も
連れてわざわざ奈良から見学に来てくださったので私もつきそいました。

私自身は何度も西粟倉には足を運んでいるのですが、今日は非常に
大きな発見がありました。ほんの2年ほど前は全くなにも無かったところに
若者数人が集まって「森の学校」という会社を作り、その社員が今や30名
近くになり、工場で木材関連製品を作成し、それをネット通販も含め
全国に販売しています。

http://nishihour.jp/mokkun/index.html


大手資本も何も入っていない彼らが、たった2年ほどの間でこれほどの
成果をあげたことに大きな感動を覚えました。彼らは平均29歳でほとんどが
東京や大阪のような町から来ています。元々非常に優秀な人が多いです。
そんな彼らが何もかも投げ打って西粟倉に移住し、西粟倉と森のために働いて
成果を出しているわけです。西粟倉の冬は非常に厳しく、今年なんかは
マイナス15℃になったこともあったほどです。しかし、彼らが暮らすのに
1600人の田舎の村にはワンルームマンションなどは当然ありません。
皆、古い家を借りて住んでいますが、冬は水道を出しっ放しにしていても
凍ってしまうほどの厳しい環境です。

私は今日この成果を見て、目の前が全員「情熱大陸」ではないかと思いました。
自分も普段仕事でがんばっているつもりですが、彼らの頑張りや成果を見ていると
自分が小さく感じました。人は「できる」と思って「行動」すればたいていのことは
実現できるんだ!本当にそれを間近に見ることができて、良い体験でした。

おまけに樹齢100年を超える本当に立派な木ばかりの森の一等地の森林浴が
できたことも猛暑の中での贅沢な体験でした。西粟倉ではツアーもやっています。
暑い夏こそ避暑もかねて参加してみると、本当におもしろく為にもなると思います。
スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<スマートハウスへ向けて大企業10社が提携するそうです。 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 早朝から棚作り→海水浴→七五三の写真撮影>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |