兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

直島に旅行に行ってきました!

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

直島に旅行に行ってきました!

事後報告となりますが、13,14,15と3連休を先取りして岡山県の直島、犬島、豊島の
3島を巡って来ました。その分といってはなんですが、今日は早朝出勤ですし、明日、明後日も
フル出勤です。

この3島は瀬戸内に浮かぶ小さな島々ですが、1990年頃からベネッセの福武会長が
建築家の安藤忠雄氏に美術館やホテルを依頼したところから発展し、今では各島の至る
ところに建築家や芸術家の作品が点在しています。

まともに宿泊できるのは直島のベネッセハウスという安藤忠雄氏が設計したホテルですが
熱環境を度外視して見れば、本当に素晴らしい設計でした。素材感を充分に活かしながら
シンプルに、しかしながら細かいところまで行き届いた設計がなされており、他の美術館や
一般的な商業施設とは異なる一面を見ることができました。

今回の3日間で15くらいの建物を見ましたが、その中で自分の分野でもある住宅に取り入れる
ことが可能な部分があるという意味ではベネッセハウスが最も参考になる部分がありました。

また、最も強烈な印象を受けたという意味では同じく安藤氏の地中美術館が非常に大きな
衝撃を受けました。内部は様々なアーティストによる建築とアートが一体になった空間が
広がっているのですが、特にジェームズ・タレルのオープン・スカイは本当に本物の空か
CGか?いくら目を凝らしてみても分からないほど感覚がおかしくなってしまうような未体験でした。

それに加えて全く経験したことが無いという意味では犬島の精錬所も非常に見ごたえがありました。
鏡を使ったトリックアートにはかなり驚かされました。

しかし、これらの島は明治時代から銅の精錬所が入ったり、不法投棄があったりと
環境破壊に悩まされて来ながらも、今はアートと自然で多くの観光客を引きつける
島となっています。現に、ど平日かつ便も悪いところに外国人の方が多数来られている
ことからもそのことが分かります。

建築やアートはこれだけ多くの人を引きつける力を持っているのだと改めて痛感
した次第です。

しかし、現地のおばあちゃんが言っていましたが、90年前からほんの10年ほどの
銅の精錬によって山の木はほとんど枯れてしまい、木が復活したのはここ最近だそうです。
たしかに、現地の木は背が低く、おばあちゃんの言うことも納得できました。
また、離島であるにも関わらず、泳ぎに海に入ると海岸は若干ヘドロが溜まっており、
垂水の海岸よりも水質が悪かったのは印象的でした。90年前の
愚かな環境破壊が、その後数十年続いたということ・・・。
銅の影響くらいであれば数十年でカタがついたかもしれませんが、原発の後遺症を考えると
重い気分にさせられました。

とはいえ、本当にきれいな自然を充分に満喫することができ、最高の旅行でした。
またいつか行ってみたいと思います。
スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<第4回省エネ建築診断士の準備中 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 今日はなんの日?>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |