兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

費用対効果の高いエアコンの機種選定法

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

費用対効果の高いエアコンの機種選定法

今日はエアコンについていろんなパターンに応じて標準品を決めるべく
全メーカーのカタログと価格ドットコムとのにらめっこを繰り返しました。

今あるエアコンの中で、省エネ性能を見れば、個人的には私どもが
設計するような高気密高断熱住宅においては、東芝の最上位機種である
デュアルコンプが搭載された機種がナンバー1だと思います。

今、エアコンを選定するにおいて私どもが重要視する項目は
家の条件や費用にもよりますが次のような項目です。

・再熱除湿がついているかどうか
・自動掃除機能がついているかどうか(実質的な省エネ効果も大きい)
・寒冷地対応かどうか(霜取り運転時も暖房が使える)
・有線リモコンに対応しているかどうか(小屋裏に設置する場合)
・床置タイプかどうか

ざっとこんなところです。
エアコンは例えば最もバリエーションの多い14帖用の場合
最安では5万程度、最高では25万近くという差が生じます。

言うまでもなく、最安の機種にはほとんどの機能がついておらず、
最高の機種は非常に多機能です。

そんな中で、結構ありきたりですが、ちょっと大きな発見がありました。
それは価格ドットコムを見ていて気付いたのですが1年型落ちの
新品の上記機種を買うのが非常にコストパフォーマンスが高い
ということです。

そもそも同メーカーの最新機種であってもグレードがひとつ違えば
ついてくる機能にはまあまあ差があります。しかしながら、1年程度
違うだけであれば、グレードが同じであればほとんど性能に差は
ありません。しかしながら、価格は大幅に下がります。これはなかなか
貴重な発見でした。今後の設計に取り入れようと思っています。


スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<やっぱりイーモバイルが良いと思う。 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 事務所のオーディオが壊れたのでアンプを交換しました。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |