兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

白熱電球製造終了なら単板硝子も終了にしてほしい。

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

白熱電球製造終了なら単板ガラスも終了にしてほしい。

つい先日経産省と環境省から白熱電球は製造中止を念頭に、LEDを普及させていくことを
要請しました。これにより140万世帯分の需要が削減されるとのことです。

これと同等かそれ以上に省エネ効果が大きいと思われ、なおかつ室内環境が
劇的に改善もする「単板ガラスの製造終了」もぜひやってほしいと思います。

すでに、サッシ大手のリクシルさんとYKKさんの中枢の方に
「国がやろうとしないなら良い意味でのカルテルを結んででも
中止してほしい」とお願いはしています。

1社だけが製造を終了した場合、安さだけを求める工務店等は他の
メーカーに走って、良識あるメーカーだけが馬鹿を見ることになるからです。

電力が発送電一体になっていることも世界的に珍しいことですが、
窓の最低基準が定められていないことも先進国の中では極めて珍しい
ことです。その結果として、日本で最も売れ筋のサッシの断熱性能は
韓国の最低基準の1/4程度の性能しかない・・・。という考えにくい差が
ついています。

断熱性能や太陽光を考えた設計に関しては「工務店の技術力が足りない」
とか様々な言い訳があるかもしれません。しかし、「単板ガラスの製造終了」
など、ほとんどなんのしがらみもなくやろうと思いさえすれば、比較的簡単に
実現できることであるように思います。

建設業界を見ると、グラスウールメーカーのマグさんはフランス人が社長
なった直後「断熱に関連するメーカーとして低レベルの断熱材を販売するべきではない」
との決断の元、販売を中止しています。日本のメーカーで売上や利益以外の
意義を考えてこういうことをやっているメーカーは建材関連ではあまり見ないように思います。

実際、風うわさでは、サッシ業界にもお国の方からこういった要請が来てるやら
来てないやら・・・ということは囁かれているようです。

電球は切れたらすぐに交換できます。しかし、窓は1度つけたら数十年そのままの
パターンがほとんどです。最優先は国が素早く英断すべきですが、それがないなら
各メーカーさんがマグさんのごとく英断してほしいと思います。

この考え方皆さんで広げていきたいと思います。コピペでも構わないので
ご納得いただける方は拡散お願いします!!
スポンサーサイト

別窓 | 環境(CO2)関連 | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨
<<省エネ建築時代にコンペや建築雑誌ができること | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 超充実の2日間が終わりました!>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。● ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。 ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。白熱電球製造終了なら単板ガラスも終了にしてほしい。つい先日経産省と環境省から白熱電球は製造中止を念頭に?... …
2012-06-20 Wed 10:31 まとめwoネタ速neo
∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |