兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

昔からのあこがれの人たちとたくさん話ができました!

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

昔からのあこがれの人たちとたくさん話ができました!

昨晩は遅かったので、朝のブログ更新です。

前から紹介していたパッシブデザイン未来会議に参加してきました。

まずは現地に到着すると場所がすごい!
六本木ヒルズのすぐ近所にある
国際文化会館
ロックフェラー財団の支援の元、前川國男さんが設計しただけ
あって、都会の中の超高級住宅といった感じの場所でした。
例えるなら一昔前テレビで放映された
「華麗なる一族」の自宅のような感じでした。

会の方はというと最初からわかっていたように、省エネ建築業界の超大物の先生方が
ずらりと並ばれました。

日本の省エネ基準の最高峰である元東大教授の坂本先生
日本のパッシブデザインの先駆である
小玉祐一郎先生、野沢正光先生、

エクセルギーの概念を建築に取り入れた
宿谷先生・・・。

皆さん、「いつかお会いしたい」と思っていた方々ばかりです。

特に小玉先生と、野沢先生に関しては20歳くらいのころ、
このおふたりに関する本や雑誌を読みあさっていました。

そんなあこがれの方に実際にお会いし、話をすることもできました。
例えるなら野球少年がイチローにあうような感じといえばいいかもしれません。

皆さん、非常に気さくであること、膨大な知識と経験をもちながらも
わかりやすく面白く話されること、そして、原発が問題点を抱えているという
認識を持っていることが共通点だったと思います。

多くの方がおっしゃっていたのが
「我々はオイルショックが引き金となってこの世界に足を踏み入れた。
いまは3.11が引き金となっていると思う。しかもその衝撃の大きさは
オイルショックの比較ではない。これを責務ととらえることもできるが
楽しむつもりでやっていきましょう」

というのが非常に心に残りました。

会が終わると、主要メンバーだけ残って軽く懇親会をし、
そのあとは汐留のレストランに移動してせっかく集まった
パッシブハウスジャパンのメンバーとともに建もの燃費ナビ
ミーティングを行いました。

「3人寄れば文殊の智恵」
といいますが、まさにそんな感じでこれから燃費ナビを中心に
省エネ化、及び性能の見える化をどんどん広げていく名案が
3つほど出てきました。今からどんどん実行していきたいと思います。

いや、しかし本当に濃く、楽しい1日でした。
招待してくださった、新建ハウジングの三浦局長に感謝いたします。

スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<東京モデルハウスの打合&渋谷ヒカリエ | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | リクシル大阪での講演が無事終了しました。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。