兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

石炭火力発電も革新技術が開発されたようです。

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

石炭火力発電も革新技術が開発されたようです。

今日は大阪でM邸の請負契約でした。今年の住宅では間違いなく最大規模の住宅です。

今事務所ですが、19時からもN邸の打合を行なって今日は終わりです。

つい最近の日経新聞に出ていたのですが、悪名高き石炭火力発電において
革新的な技術が開発されたようです。

発電量あたりのCO2排出量は火力であれば
LNG<石油<石炭という順でした。

その他の有害物質も石炭が一番多かったと思います。

しかし・・・、コストは最も安く、採掘可能年数も一番長かったように思います。

原発を減らしていこうとする中で火力全体の効率化は必須項目で中でも
性能の悪い石炭の改善は急務だと思っていました。

今まで1キロワット時あたりのCO2排出量は
LNG600g
石油740g
従来型石炭880g
新型石炭700g

となり、LNGには及ばずとも石油を超えるところまで向上します。

記事には「新興国へ設備売り込み」と書いてましたが、
この国難の時期になぜ日本の石炭火力発電所を真っ先に更新しないのか?
おそらく建って間もない石炭火力発電所など少ないでしょうから
まず国内からやるべきだと思うのですが、ひとことも書かれていません。

またまた謎がひとつ増えました。
スポンサーサイト

別窓 | 環境(CO2)関連 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<毎年恒例中締めのBBQ&盆休みの予定 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 太陽光発電が爆発的に普及する予感>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。