兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

165万のゼロエネ補助金、奇跡の敗者復活!

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

165万のゼロエネ補助金、奇跡の敗者復活!

今日から業務再開の工務店が多かったこともあり、165万のゼロエネの補助金の結果が
すべて判明したのは今日になってからでした。

松尾設計室からは6棟提出していたのですが、今日午前の段階では全滅でした。

ところが、最も省エネ効果が高い住宅に関して工務店が問い合わせたところ
「手違いでした」とのこと、まさかの敗者復活でした!
オリンピックでも柔道と体操でありましたが、公的機関の判定に関することで
敗者復活というのは設計人生の中でも初めての体験でした。

今回採択されたのは約8.9%と非常に狭き門でした。
うちの会社全体で見ると16.7%と倍の確率で通りましたが、
それでも惨敗であることに変わりはありません。

これには原因があります。一次エネルギーの削減率を中心に
判定を行ったようですが、まずこのほとんどが太陽光発電をどれだけ
載せたかで決まります。

次にQ値が重要になってきますが、Q値に関しても、当社のように実際に一次エネルギーを削減
しようとして暖房負荷を減らすべく設計を行うと、南面の窓は大きくなります。そうすると
Q値は悪くなる方向にいきます。(それでも次世代なんかは軽く上回っていますが)

1万4000もの審査をしなければならなかったことからすると、数字しか見れなかった
ことは理解できなくもありません。しかし、工務店の設計レベルをあげることを目的に
血税を投入するのであれば、この制度はおかしいと言わざるを得ません。

こんなことをするならいっそのこと、太陽光発電への補助金にまわした方が
よかったのではないかとさえ思います。

いずれにせよ躯体性能や、太陽の熱を取り入れる設計をほとんど評価しない
評価方法は欠陥であると言わざるを得ません。



スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<調湿建材(珪藻土等)の夏の調湿効果について | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 業務再開です!>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |