兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

新しいカメラを買った理由、選んだ理由

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

新しいカメラを買った理由、選んだ理由
まずは、新旧比較です。左が新しく買ったオリンパスOM-D E-M5
右が今まで使っていたNikon D50です。

camera.jpg

今回買い換えた最大の理由はこの大きさにあります。

今まで使っていた機種は2005年当時の一眼レフとしては
最小の部類に入るものでした。しかし、職業柄どうしても
超広角レンズ(35mm換算で19mm相当)が必要でした。
そこでそれに対応できるレンズで最も軽く安かったのがTAMRONの
レンズで、それでもこの大きさでした。
本体が400g台後半、レンズが400gくらいあると思うので
合わせると900gほどにもなります。

重さはまだ耐えられるのですが、それよりきついのが大きさでした。
最近遠方への出張が多く、そのときはできるだけ荷物を少なくしたいと
思うわけです。そんなとき、写りもイマイチで、撮影した感じも
しない比較的広角の24mmのコンパクトカメラを持って行ってしまう
自分がいました。

とはいえ、7年たっても機能は見違えるほど改善したものの、19mm
相当に対応できる小さくて軽い組み合わせは事実上ありませんでした。

なぜ19mmが必要かというと、「便器ではなく便所の写真」
「道が狭いときなんかに、外観の一部ではなく、外観全体」
を撮影したいからです。

今回選んだ機種は大きさは見てのとおり、6割くらいになりましたが
重さは合わせて550gくらいになっています。

今回、買い換えようと思ったきっかけは娘にあります。
最近の子はご存知のように、写真を撮ったらすぐに「見せて!」
とやってきます。ところが7年も前の機種は今ほどモニターが大きく
なく、飾りのようなものでしかなく、ほとんどなにか分からないような
ものでしかありません。子どもも「よくわからないね」といつも残念そうに
していました。さらに、先日シンガポールに行った際、一眼レフとビデオを
両方持って観光するのはかなり大変だということもありました。今のデジカメは
ハイビジョン動画でもメモリーカードによっては4時間も録画できます。

それがきっかけで探し始めたのですが、19mm相当に対応できるズームレンズで
軽くて小さいミラーレス一眼はパナとオリンパスしかありません。
しかし、パナは結構大きく、しかもかなり高い。

ということで、オリンパスのミラーレスというのはすぐに決まりました。
ここから先がいろいろと検討項目があったんですが
・天井裏や基礎下なんかも撮影するのでモニターの角度が可変する方が良い
・本格的な撮影を考えるとファインダーはやはり欲しい
・若干の雨、誇りは現場にはつきもの、そういった条件にも強いものが良い
・邪道ではありますが、電子ズームで倍のレベルにまで望遠できます。
 普段レンズを持ち歩くほどのマニアではないのでこれもできれば叶えたい条件でした。

これら全てを満たすのが今回選んだカメラとレンズの組み合わせです。
自分としてはこれ以上ない組み合わせを選択できたと思います。

相当長いつきあいになりそうです。

ちなみに、旧機種は独立した高宮くんに安く譲ることにしました。

しかし、子供の頃からこういった買い物の仕方は本当に好きで得意でした。
あらゆる建材を選択しなければならない今の仕事はそういう意味でも向いている
と思っています。


スポンサーサイト

別窓 | [お得な情報] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<キリスト教会スタート。施設が多い今日このごろ | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 山梨の実験住宅を見に行ってきました。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |