兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

LNG(液化天然ガス)でものすごく気になったこと2点

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

LNG(液化天然ガス)でものすごく気になったこと2点

今アメリカではご承知のようにシェールガスが大量に出ています。
それによってガスの価格が大幅に下がっています。アメリカは
これからエネルギー源はできるだけガス化し、石油製品のみを
石油に頼っていくようにシフトしていることはよく言われるところです。

そんなふうに世界ではガスの価格が下がっているのですが、日本の
ガス購入価格はアメリカの6倍とか9倍とか言われたりすることもあります。
現に国会においてこのことが取り上げられたこともあります

また、価格の差があるだけでなく、3.11後世界のガス価格が
下がっていく中で、日本の購入価格は逆にあがり続けたということも
指摘されます。

原発問題で足元を見られるだけでそこまで変わるものか?
そんな疑問を持っていたところ、たまたま、下記のページを見つけました。
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1900?page=3

この解説を読んだ瞬間「なるほど!」と思いました。
欧米はたいていそうだと思われますが、ガスはパイプラインで気体の
まま運ばれます。特に有名なのはロシアのガスプロムでロシアで大量に
取れるガスはヨーロッパ全域はもちろんのことアフリカにまでいっています。
政情不安なロシアからのガスにはできるだけ頼りたくないという思いもあって
ヨーロッパは自然エネルギーを増やしているとも言われるほどです。

上記のホームページを読んで分かるのは天然ガスを液化するには手間と
エネルギーがかかること、さらにはその取引の方法まで全く異なる
ということがよく分かります。この著者は「異なる商品を比べても意味がない」
とまで書いています。

これで、納得できるかとおもいきやまた疑問が出てきました。
天然ガスの主成分であるメタンは-162℃以下にしないと液化することは
ありません。そこまで冷やすにはいったいどれだけのエネルギーが必要なんだろう?
また、その差があるということは、日本のガスの一次エネルギー換算係数は欧米より
高くならないと辻褄が合わないのでは?

これは、非常に大きい話です。

ということで、ざくっと計算してみました。
メタンの発熱量はだいたい50000MJ/t
くらいです。

仮に30℃の-162℃まで冷却してメタンを液化するのに
必要なエネルギーは780MJ/tくらいです。
細かくいうと、ヒートポンプを使ってこの780MJの熱を奪い取る
必要があるので、液化する国の電気のPEFや液化する機械のCOPも必要に
なりますが、かなり相殺サれると思うのでそのままいきたいと思います。

そうすると780/50000=1.5%
となります。

液化というとかなりエネルギーを食うように思っていたので予想より
かなり少ないパーセンテージでした。この程度であれば、さほど気になる
量ではありません。

しかーし・・・。とはいえ、日本も北方領土経由でガスプロムからパイプラインを
引いてきて激安の気体のままの天然ガスを輸入できないものか・・・。
そんなふうに思ってしまいます。(これはちょっと前の「未来世紀ジパング」でも
言われていました。)


スポンサーサイト

別窓 | 環境(CO2)関連 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ふと思った。考えようによっては日本はほとんど風力発電だと・・・ | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 電力会社と契約せず太陽光と蓄電池で完全自立するには>>

この記事のコメント

94年春から上場ゼネコン等の防水元請会社の営業として糸屋が

待機電力の削減やマテリアル・リサイクルに産業廃棄物の削減に依る
現場利潤の向上と温室効果ガス(CO2ナド)の削減や

公共工事以外では大型開発工事でも御座成な契約現場への施工要領書の提出に

下請(会社・個人事業主)に対する注文書(請書)の発行と受取に下ずく
出来高査定支払に
注文書(請書)の発行と受取や基本取引契約書の締結に下ずく
下請(同・同)作業員の契約現場での労務・賃金台帳の管理と
出来高査定支払に出面月極支払

契約現場等で職長間や作業員の労務請負常用(日雇)雇用
(日本の建設現場で現実的なワークシェアー)

躯体(設備)工事からサッシ(ガラス)、左官、タイル・塗装、防水工事迄の
一体化と標準化に取組

94年晩秋頃にはISO9000問題等も有
上場/大手建設会社は下より同/同設計会社や同/同開発会社に
国・地方・公団に
大韓民国、台湾を除く外国施設(大使館・基地)からISO認定機関迄

会計方法等の手法を含め直接・間接の特許の認識と確認や検証と確立が
出来上っていたのを御存知ですか。




コンビニの店先や建設現場で硬貨を洗う姿を見掛た事が有ませんか。


環境大学新聞は発刊以前から緑綬褒章のコミニティー紙の
国際基準を定ていて
ノーベル平和賞、ピューリッツァー賞等を叙/受賞していて
96年晩秋頃には3万6千部に成っていました。


=民族に平民以上か移民と賤民、賤民朝鮮籍等が分無い国は存在し無い筈です=
2012-09-06 Thu 16:17 | | 環境大学新聞 #/.OuxNPQ[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。