兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

関電もついに家庭向け電気料金1割値上げへ

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

関電もついに家庭向け電気料金1割値上げへ

日曜日の日経新聞でトップ記事でした。関電以外にも4社値上げだそうです。

世間から批判が来ることも重々承知なので、「聖域のない効率化」を進めた
上での値上げではあるようです。原発を止めている以上やむを得ないと思います。

ただひとつおもうことがあります。

今全国の各電力会社は深夜電力の電気代を原発があるときと同様1/3に据え置いています。
私の御施主様にも今までこの恩恵をフルに活用できるようにお伝えしてきました。

しかし、原発が止まって、経営が苦しくなってもこの深夜の格安の電気代を維持しながら
料金を値上げすることは理屈が通らないと思います。

なにせ、今現在も深夜の電気代はおそらく赤字を垂れ流しているわけです。
これが安い限り、経済原理が働いてしまう今の世の中ではエコキュートも有利に
なってしまうので、今後も売れ続けざるを得ません。また、オール電化を辞めて
ガス併用にする動きにもつながりにくくなります。

電力会社側の言い分としては「今まで安いと言って売ってきたことへの配慮」
「いつかは原発を復帰したい」という二つの要点があると思いますが、
深夜の激安たたき売りを継続しながら、全体的に均一に値上げを行うということは
どう考えても順序は不自然です。

原発が稼働しなくなったのであれば、原発の恩恵によって安くなっている
分をまず正常な価格に戻し、それでも不足する分を全体に浅く広く値上げする
これが正常な値上げの順序であるように思われるのですが・・・。

もちろんその結果、エコキュート離れ、オール電化離れは強烈に加速するでしょうが
それが自然な流れなはずです。本来は・・・。
スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<日経ケンプラッツで健康×省エネマップの記事が現在2位! | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 建築知識11月号掲載&東京ビッグサイト講演>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |