兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

布団の中が暖かくても吸う空気が冷たいと健康とはいえない!!

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

布団の中が暖かくても吸う空気が冷たいと健康とはいえない!!

外皮性能が重要な理由を説明するときによく講演で使うのが
「布団の中が暖かくても吸う空気が冷たいと健康とはいえない!!」
というものです。

高断熱をめんどくさがる業者が最後に吐き捨てる決め台詞に
「布団の中が暖かければいいじゃん!」というのに対抗するための
セリフです。

私はこれを覆すのにいつもNHKの「ためしてがってん」で紹介
されていた「肺が冷たいと心臓も冷えたままになり心房細動に
よる突然死の引き金になりやすい」というのをよく使ってきました。
http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20100203.html

これに加えて、岩前先生がよくおっしゃる内容に
「冷たい空気を吸い続けると肺の免疫力の低下」というのも
あるそうです。上記のページにも類似のことが書いてありますが、
免疫力の低下って、イコール万病の元と言っても過言ではないと思います。

かといって、一晩中全ての寝室でデロンギを使うのか?
(光熱費が高すぎる)
エアコンを使うのか?
(うるさい、気流の問題、全部屋に設置してあるのかという問題も)

等々あるかと思います。
結局そうなると、しっかりとした断熱、気密性をもった住宅を建てるしか
なくなってしまうわけです。
スポンサーサイト

別窓 | [熱環境] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<東京大学の前研究室によるセイズモデルハウスの実測がスタートしました! | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 国が主導する省エネ講習の講師をしてきました。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。