兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

もしかしたら、足よりも気管が弱かったのかもしれません。

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

もしかしたら、足よりも気管が弱かったのかもしれません。

私は昔から走るのが苦手でした。
特に冬のマラソン大会はいつも後ろの方で本当に嫌でした。

家系的に筋肉が多くないのが原因だと思っていましたが、
最近それだけではないような気がしてきました。

小学校なんかでもジョギングが盛んになるのは決まって冬。
しかし、冬走っていると足はどうもないのですが、喉の奥
おそらく気管だと思いますが、そこが異常に痛くなってきます。
それを超えて走っていると気管から血の味がするような感じ
ともいえます。長距離を走るとこうなるんだと思い込んでいましたが
どうやらそうでもなさそうです。こういう症状をネットで
調べると喘息という文字ばかりが出てきます。
一度も喘息になったことはないですが、人よりは気管が弱かったの
かもしれません。37年も生きてきて今まで気がつきませんでした。

そこで最近、冷たい空気を吸うのは肺の抵抗力が落ちるということも
知っていたので、試しに鼻の上までネックウォーマーをかけて
走ってみました。

するとものの見事に気管が痛くならないんです!
中学時代、陸上部の長距離の人がわざと酸素量を減らすために
マスクをして走っていたくらいですから、本来これは苦しいはずです。
しかし、私にとっては痛みがこないので逆に非常に楽なんです。

小学生の頃に気づいていればもう少し楽に早く走れたかもしれません。
気がつくのが遅すぎました・・・。

スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<明日は滋賀県の小舟木エコ村にて見学会です! | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 日経ホームビルダーに方位やC値を変えた場合の省エネ比較データが掲載されました>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。