兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

三田へ、滋賀へ、奈良へ関西分散の日でした。

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

三田へ、滋賀へ、奈良へ関西分散の日でした。

今日は見学会でした。

私は朝から事務所にて工事請負契約の予定がありましたが
打合せ時間直前に救急医をされている御施主様から
「急患で遅れます」との連絡がありました。わたしも工務店さんも
次の予定があったので、少しでも時間を節約するため
「では三田のご自宅に向かいます」ということで、急遽
三田まで走りました。三田は兵庫県でも最も寒いところです。
年間の最低気温は仙台をも下回るほどなのに、神戸市内と同じ
仕様の家が建てられてひどい思いをしている方が多い地域です。

そんな寒冷地で救急医としている御施主様と話をするに、やはり
この季節になると心筋梗塞や、脳梗塞で運ばれてくる方が激増
するそうです。しかも、三田より北の寒い地域、中でも古くて
断熱性の悪い家もたくさんあるので本当にたくさんの患者さんが
運ばれてくるそうです。

心臓の場合は、一命をとりとめれば、その後普通の生活ができるそうですが
脳の場合は生き延びても後遺症が残ることが多いそうです。
先日も厚生労働省がこれらのヒートショックで17000名が
年間になくなっているとの発表がありましたが、後遺症まで
入れたら、いったいどれだけの方が家の寒さが原因で人生を
台無しにしているのかと思います。

さらにいうとその旦那様、奥様、その息子さん、娘さんにも
介護、金銭的負担という形でのしかかり、国には保険料補助という
形で負担がかかります。その大元が「家の断熱性不足」によるものです。
今日のような話を聞くと改めてリアリティがあります。
実際、今日の原因も心筋梗塞の患者さんだったそうです。

私はそんな感じでしたが、パートナーの高宮君は滋賀のエコ村に
向かい、見学会の説明員として頑張ってくれました。それなりに寒い
日だったようですが、朝8時に暖房を切ってから4時までずっと
20℃以上、ほぼ22℃をキープしていたとのことです。瞬間的には
かなり暑く感じる時間帯もあったらしく、窓を開けたとも言っていました。

中村と沖野は奈良のO邸に行って現場チェックと少しだけ自然塗料を塗るのを
手伝って来ました。

ということで、皆関西一円バラバラに走り回った1日でした。

スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<毎年恒例、教会にクリスマス礼拝に行って来ました。 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 明日は滋賀県の小舟木エコ村にて見学会です!>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。