FC2ブログ

兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

世界のサッシ事情

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

世界のサッシ事情
最近CO2のことばかり書いています。またです・・・。産業界ではCO2削減がかなり達成されているのに対して特に一般家庭レベルでのCO2削減は国が思うようには進んでいません。その大きな原因のひとつが日本のサッシ事情にあります。

家の断熱性を上げることが家庭においてかなり大きなCO2削減となるのですが、その中でも半分近いウエイトを占めるのがサッシの断熱性能です。

熱貫流率という小さいほど断熱性が高いという指標で検討するのですが、日本ではほとんどのメーカーが3.49というレベルが高性能といわれ、建売等では今でも4.07から4.65というレベルのものが使われています。

ちなみに当社もつい最近まで3.49というレベルに甘んじて来ましたが時代がそれを許さなくなってきました。3.49のラインまではコストと性能のバランスが良かったのですがここより上のレベルはイニシャルコストが急激に上がる傾向にあったからです。

ちなみに日本はCO2削減をこれだけ叫びながらサッシの断熱性に対する最低基準というものがなく、あくまで推奨基準しか存在しません。しかもその推奨基準は上述の3.49というレベルです。

そこで諸外国はといいますと、イギリス2.2 デンマーク1.8
ドイツ1.7 フィンランド 1.4となっております。しかも驚くなかれこれは推奨基準ではなく最低基準なのです!!

要するに日本では構造等においてしか存在しない「それを下回っては建てられない基準」なのです。

これを見ると日本のサッシ事情がいかに情けないのかが良く分かります。そんな中でがんばりはじめた大手メーカーがあります。また紹介しようと思います。


スポンサーサイト




別窓 | [日記] | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<「姫路城を望むマンションリフォーム」をアップしました。 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 住宅を新築するときのCO2排出量>>

この記事のコメント

こんにちは、はじめまして。CO2についての記事、大変興味深く読ませていただきました。家を建てることが、CO2削減に繋がる、そしてそれが地球の環境のためになる、と考えるとこれから何か人ひとりのレベルでも何かできないものかと考えてしまいました。

さて、突然のご連絡失礼致します。

東京ガス株式会社主催「住まい環境デザイン・アワード2008」
PR事務局の安達と申します。

「住まいの環境デザイン・アワード 2008」は、“人と環境と住宅デザインの真の融合をめざして”をテーマに、これからの住まいのあり方を示唆するような良質なデザインの住宅の提案を広く募集しております。

建築やデザイン等に造詣の深い松尾様のブログを拝見させて頂き、是非記事を取り上げて頂きたく、失礼とは存じましたがコメント欄を使ってご連絡させて頂きました。

ご興味頂けましたら、サイトにて詳細をご覧頂ければ幸いでございます。

「住まい環境デザイン・アワード2008」詳細ページ
http://www.gas-efhome.jp/

東京ガス株式会社主催
「住まい環境デザイン・アワード2008」PR事務局 安達
2007-11-22 Thu 14:17 | | PR事務局 安達 #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/?mode=edit&

2007-11-23 Fri 14:53 | | みんな の プロフィール
#-[ 内容変更] | top↑
今後ともよろしくおねがいします。
2008-01-27 Sun 07:58 | | 管理者 #ZZdGXR5U[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |