兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

見学会無事終了&プリウスのスポーツチューン車初乗り

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

見学会無事終了&プリウスのスポーツチューン車初乗り

今日は朝から近江八幡市のエコ村にてK邸の見学会を行いました。

一般の方よりも、私の講演会を聞いたことのある工務店。
フェイスブックにて友達になっている工務店さん等の同業者の方が
多い見学会となりました。

今日は残念ながらずっとくもりがちで本来の暖かさは体感していただきにくい
状況でしたが、それでも1階は全体的に20℃を維持していました。
外は寒かったので、皆さん非常に驚かれていました。

ご協力いただいたK様に感謝致します。

それが終わると、見学に来ていただいていた仲良しの工務店社長である
N社長とN社長、(どちらもNなんです)と大阪方面まで車で帰りました。
この車が知る人のみぞ知る特別車「G'sプリウス」です。
前からかなり注目していたんですが、東京のごく一部のディーラーでしか
乗ることができず、関西では買う以外に乗ることが不可能な車です。

この車はトヨタ本体がボディー、足回りの補強、外観変更、シート変更も施しています。
雑誌やネットによると「少し乗っただけでも違いがわかる」と書かれていたのでとても
楽しみにしていました。今まで初代、2台目のプリウスを延べ20万キロ乗ってきて
3代目プリウスは試乗だけはしたことがありました。3代目の試乗ではあまり大きな
進化は感じませんでしたが、今日のG'sは違いました。

近江八幡から高槻まで運転しましたが、ハンドルのしっかり感、車体の剛性感が
まったくの別物です。今乗っている剛性の塊のような車であるGolf6に近い剛性感
と安定感がありました。

18インチでものすごく扁平なタイヤを履いている割には乗り心地もソフトで
音も静かな方でそれもまた驚きました。当初の予想では剛性感はあっても硬くて
うるさいと思っていたので、驚かされました。

ドイツ車の場合、小さい車やグレードが低くてもボディー剛性のような性能の
基本となる部分がしっかりと作られています。日本車の場合は高級車、大型車は
そういうことが多くても小さい車やグレードが低い車は基本部分がお粗末な車が
多いという現実があります。

しかし、この車は日本を代表する大衆車であっても、メーカーがその気になれば
ちゃんとした車にすることができることを教えてくれました。

基本性能を手抜きして電気設備を派手にする傾向があるのはなにも住宅の世界だけでは
ありません。車の世界でも見事にあてはまると思います。しかし、日本の自動車トップ
メーカーであるトヨタは特別仕様車という形ではあってもこういうちゃんとした車を
発売しつつあります。住宅業界もまずは特別仕様でもいいので各社基本性能が高い
住宅を出して欲しいと思いました。
スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アノニマス、SNS、ネット選挙が世界を動かすかも・・・ | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | ヨーロッパ人のほとんどは2万年ほど前の7人の女性のいづれかを祖先に持つようです。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |