兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

バークレー白熱教室の第3回「地球温暖化の真実」は必見!!

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

昨晩ですが、録画していたNHKの「バークレー白熱教室」の第3回「地球温暖化の真実」を見ました。

http://www.nhk.or.jp/hakunetsu/berkeley/130419.html

これだけ聞くと「またか・・・」と思う内容かもしれませんが、内容はまったく異なります。

一般的に地球温暖化というとゴアさんを中心としたIPCCの側の意見ばかりが述べられます。

しかし、CO2による温暖化に疑問を持つ方が多いのも事実です。

実際に多い温暖化に意義を唱える方の意見には下記のようなものがあります。

・温暖化説自体がCO2排出権取引による利権を狙った陰謀である。

・寒冷化のリスクのほうが大きい

・温暖化していることは認めるがそれがCO2が原因によるものかどうかは疑わしい。
 地球の自然な温度変化の一面かもしれない。

こういったことに加え、共和党のように経済成長優先の政党からすると、企業の活動に
制約がかかる方向の話なので、どうしても懐疑論を尊重する姿勢があるとのことでした。

逆にゴアさんの「不都合な真実」ではCO2問題を印象づけるために、明らかに「誇張」と
言わざるを得ない表現も多かったそうです。

そこで、リチャード・ムラー博士は誰の息もかかっていない、完全にゼロベースで
温暖化に関する真相をつきとめようと、温度や海綿上昇に関する、生データを集めるところから
始めました。

その結果、まずは100年ほど前からある温度計の設置場所そのものに疑問が起こったそうです。
100年ほど前は緑に覆われていた観測地点も今となってはアスファルトに覆われたヒート
アイランドのどまんなかのようなところになっていることが多いということでした。
そういったところはすべて省きました。そうやって再計算した結果出てきたのは
驚くべき結果でした。

きちんと条件を揃えてもやはり地球の平均気温は過去50年で、0.64℃上昇。陸域に限っては
温度上昇は0.9℃と、計測の精度をあげてもIPCCの主張する結果とほぼ同じ結果が得られました。

博士がもう一つ強調するのは「海面は年で20cm上昇した。」ということです。これも平均気温の
上昇とともに絶対に確実なことだそうです。

IPCCでは「地球温暖化のほとんどが人間の活動によるものである」
と定義されているそうですが、博士は「ほとんど」というのは一般的に「51%から100%」
のことを言うとのこと。

そこで、温暖化の事実は確認できたのでそこから実際になにが温暖化の原因になっているのかの
原因究明にとりかかりました。温暖化の具合が分かるグラフと、人口増加を始めとするありとあらゆる
指標を比べて見ました。

しかし、どの指標ともグラフは一致することがなかったそうです。そこで、最後に今までもやしてきた
化石燃料から出たCO2の排出量のグラフと重ねてみたそうです。

その結果もまたおどろくべきものでした。
IPCCの「ほとんど」という表現は厳密には間違いだったのです。
正しくは
「地球温暖化の原因の全ては人間の活動によるものである」
ということでした。

政治家でもなく、企業でもなく、純粋な物理学者が出来る限り正確に判断した結果です。

利害が働く人達の間では未だに賛否両論ありますが、少なくともCO2が温暖化に起因している
ことは間違いのない事実だということを私は今まで85%くらいの信用で見ていましたが
この話を聞いてから100%の確信に変わりました。

ここで「温暖化することはなにがわるいのですか?」
という質問がありました。

これに関しても異論はいくらでもあります。
「たくさんの生物が絶滅する」という意見もありますが、私が尊敬する生物学者の長沼先生
ですら「適応できない生物が絶滅するのは当たり前」といったりします。

しかし、逆にムラー教授も紹介するように著名な物理学者の中にも
「温暖化することはCO2が増えるので植物の育成が良くなる。
 その結果CO2の貯蔵量は増えるからいいことではないか」という方も
いるそうです。博士は「これはこれでひとつの考え方だ」尊重する。
とおっしゃっていました。こういう多様性を認めることができる方は
本当に尊敬します。

しかし、博士はこうもおっしゃいました。
「ここからは科学ではなく私見であるが・・・。
 温暖化が進むということは様々な変化が起こるということは
 確実だ。その結果、あらゆる資源等において(水や食料も含む)
 地域間格差が大きくなるだろう。その結果起こりうるのは戦争である。
 日本が第二次世界大戦に邁進したのはアメリカが石油の経路をストップさせた
 ことで戦争しなければ生きていけない状況を作ったからだ」

とのことでした。

ここからは私(松尾)の私見ですが、実際に温暖化が進むと
もともと雨が平均以上に降る地域はより多く降るようになるそうです。
逆に、乾燥地帯は今以上に乾燥するというデータをみたことがあります。
水というのは生きていく上で必須の物質です。実際日本においては台風の
強度が年々増していくことも、気象庁等による「地球シミュレーター」
でのシミュレーション結果からも出てきています。

しかし、博士はこうもいいます。
「中国やインドが猛烈な勢いでCO2排出量を増やしている。
しかし、これを規制することは難しいし、それらの国の排出量が
増えるのは最低限の生活をしている人が、人間がらしい生活レベルに
上がろうとしていることに起因しているからだ。これをやめろという
権利は我々にはない。ということは、現状で先進国である。我々が
できる限りのCO2削減をするしかないのである」

ということでした。どこまでも素晴らしい内容でした。
ムラー博士も講義の中で、その対策として一番優れているのは
太陽光でも風力でもガスコンバインド発電でもなく
「ネガワット」であるということを盛んに言われます。
ネガワットというのは1990年におなじくアメリカの
エイモリ・ロビンス博士が最初に唱えた言葉ですが
要するに節約のことです。しかし、ここでいう節約は我慢の
節約とは異なります。省エネ家電への買い替えや高断熱化
のような快適性を維持した上での節電です。

カリフォルニア大学バークレー校という、世界でも有数の
超エリート校において一番人気の教授がこんなに素晴らしい教育を
しているということは、問題の多いアメリカにおいても未来は少しづつ
いい方向に変わっていくのではないかと思いました。

それと同時にこんな授業が受けられる学生、そしてこんな授業をネットや
テレビで見ることができる今の世の中は素晴らしいと思います




スポンサーサイト

別窓 | 環境(CO2)関連 | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<竹内さんの言葉が通じない「建築家」の世界 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 影響力が大きいプロジェクト2件分打合せ>>

この記事のコメント

学生に知事になったつもりで考えさせるという手法は面白い。
電力の消費を抑えるのが、まず重要だという教えは絶対論です。そのためには省エネルギー住宅は必至ですね。

尊重すべきことは、地球温暖化の主な原因はCO2ではないという別の科学者の主張があることです。ムラー教授の地球温暖化は人類によるものだと結論は、ムラー教授の見解であって全てではないと思います。丸山教授やスベンスマルク博士のように別な見解もある。地球温暖化論争は今だ終わっていません。

スベンスマルク-雲の神秘HV版.wmv
スペンスマルク博士による、宇宙線と太陽と雲による機構への影響の発見。
http://www.youtube.com/watch?v=u9mB0_uAWlQ

地球温暖化詐欺 1/8
http://www.youtube.com/watch?v=P--pmZpwYEY

地球温暖化CO2犯人説のウソ 1/8
2013-04-23 Tue 07:50 | | 奥田イサム@OKUTA #-[ 内容変更] | top↑
初めまして。
このたび、スベンスマルクさんが来日し、横浜で講演されることになりました。ご関心があれば、平日の昼間ではありますが、ぜひ、足をお運びください。
「気候変動の原因は何か」横浜シンポジウム
【日時】2014年3月31日(月)10時30分開場、11時00分~18時10分
【講師・パネリスト】ヘンリク・スベンスマルクさん(デンマーク国立宇宙センター、太陽・気候研究所所長)、桜井邦朋さん(早稲田大学理工学部総合研究センター招聘研究員、神奈川大学名誉教授)、丸山茂徳さん(東京工業大学大学
院理工学研究科教授)、宮原ひろ子さん(武蔵野美術大学専任講師)、室田武(同志社大学経済学部教授)(逐次通訳あり)
【会場】「横浜市開港記念会館」講堂
〒231-0005 横浜市中区本町1丁目6番地
【アクセス】みなとみらい線「日本大通り駅」1番出口、横浜市営地下鉄線「関内駅」1番出口、JR京浜東北線・
根岸線「関内駅」南口
【参加費】一般:2500円、学生:1500円
(参加費が高めとなっておりますが、海外ゲストの招聘費用、通訳費用などがかさみますので、御理解ください。)
【主催】「気候変動の原因は何か 横浜シンポジウム」実行委員会
 室田武(実行委員長・同志社大学経済学部教授)、齋藤武光(事務局長)、和田喜彦(企画委員・同志社大学経済学部教授)、滝澤寛(企画協力・京都大学附属花山天文台)
【お問い合せ先】齋藤武光:sai-eye@alpha.ocn.ne.jp  携帯:090-9137-2437,
電話:03-3739-1368【予約不要】
2014-03-21 Fri 01:36 | | 滝澤 寛 #TiWKCs5M[ 内容変更] | top↑
わざわざお誘いいただきありがとうございます。

今日(30日)ドイツから帰国したばかりで明日は地鎮祭他仕事が山積みです。

せっかくのお誘いですが参加できません。ありがとうございました。

> 初めまして。
> このたび、スベンスマルクさんが来日し、横浜で講演されることになりました。ご関心があれば、平日の昼間ではありますが、ぜひ、足をお運びください。
> 「気候変動の原因は何か」横浜シンポジウム
> 【日時】2014年3月31日(月)10時30分開場、11時00分~18時10分
> 【講師・パネリスト】ヘンリク・スベンスマルクさん(デンマーク国立宇宙センター、太陽・気候研究所所長)、桜井邦朋さん(早稲田大学理工学部総合研究センター招聘研究員、神奈川大学名誉教授)、丸山茂徳さん(東京工業大学大学
> 院理工学研究科教授)、宮原ひろ子さん(武蔵野美術大学専任講師)、室田武(同志社大学経済学部教授)(逐次通訳あり)
> 【会場】「横浜市開港記念会館」講堂
> 〒231-0005 横浜市中区本町1丁目6番地
> 【アクセス】みなとみらい線「日本大通り駅」1番出口、横浜市営地下鉄線「関内駅」1番出口、JR京浜東北線・
> 根岸線「関内駅」南口
> 【参加費】一般:2500円、学生:1500円
> (参加費が高めとなっておりますが、海外ゲストの招聘費用、通訳費用などがかさみますので、御理解ください。)
> 【主催】「気候変動の原因は何か 横浜シンポジウム」実行委員会
>  室田武(実行委員長・同志社大学経済学部教授)、齋藤武光(事務局長)、和田喜彦(企画委員・同志社大学経済学部教授)、滝澤寛(企画協力・京都大学附属花山天文台)
> 【お問い合せ先】齋藤武光:sai-eye@alpha.ocn.ne.jp  携帯:090-9137-2437,
> 電話:03-3739-1368【予約不要】
2014-03-30 Sun 11:03 | | 松尾設計室 松尾和也 #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。