兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

竹内さんの言葉が通じない「建築家」の世界

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

竹内さんの言葉が通じない「建築家」の世界

今回の竹内さんというのはいつもお世話になっている
みかんぐみの建築家である竹内昌義さんです。

みかんぐみといえば誰もが認めるバリバリの意匠系の設計事務所です。
そんなみかんぐみの竹内さんは、大御所でありながら省エネ建築診断士も
受講してくださるという本当に謙虚かつ勉強熱心な建築家です。
というわけで私が非常に尊敬している建築家であります。

おそらく日本のバリバリの意匠系の建築家の中で3人いるかいないかとう
いっていい、完全に熱環境と省エネが分かっている建築家といってもいいと思います。

そんな竹内さんですが、私とは異なり、バリバリの意匠系建築家だけあって
出る雑誌の種類が違います。そして対談する相手も違います。

最近竹内さんがいろんな意匠系の雑誌や専門誌にて他の建築家と話している記事を
見かけます。

竹内さん一人だけが数字とロジックで話をしているのに他の人はみな
感覚とポエムで話をしているという印象を強くうけます。こうなるにはいろんな理由が考えられますが、
だいたい次のような理由ではないかと思います。

・同じように数字で話をしようにも数字のバックボーンがないことが
 ばれてしまうのでそちら側の話からはあえて遠ざけたい。
・自分たちが作っている建物がエネルギーを消費しているという意識がほぼ全くない。
 何万とある建物のうちの一つという認識でしかないから、一つ一つの建築物が
 省エネ化することが実感として感じられていない。
・そもそも建築家たるもの数字とロジックで語るなど下品である。
 感覚とポエムの如くしゃべることこそが意匠系の建築家である!
・竹内という男は一人で反原発を息巻いている。適当に流しておこう。

おそらくこういった意識があるからこそ、だいたいの対談において議論にならないので
あろうことが想像できます。

私からすると頭の良い大学生が、いきがって知識が同等であろうと取り繕おうと
している小学生の中に入って話をしているようにしか見えません。

昔書きましたが、アーキテクトの語源は全能という意味があります。
http://matsuosekkei.blog85.fc2.com/blog-entry-1911.html

少なくとも、建築家と名乗るのであれば、ある程度の構造力学や温熱環境、省エネ性能といった
数字の部分を数学的に考える能力は必須です。

今現在それができないのであれば、それは良いことではありませんが、
素直にそれを認めて今から勉強すべきです。一時の恥をためらって知識の習得を怠れば
その後その建築家が建てる全ての建物に関する被害はすべてクライアントが引き受けることに
なるわけですから・・・
スポンサーサイト

別窓 | 環境(CO2)関連 | コメント:6 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<渋谷ヒカリエの設計担当の方と共同講演させていただきました。 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | バークレー白熱教室の第3回「地球温暖化の真実」は必見!!>>

この記事のコメント

お言葉ですが、環境のことを考慮しないバカな建築家と、すべてのデザイナーを一緒にしないで欲しいと思います。多くのデザイナーは産業界によりそい、クライアントの立場(モノを作って売るのが商売)と環境について、いろいろ勉強して素材や工法についてアドバイスするべく、心をくだいているのです。デザイナーが形やファッションだけを売り物にしていると思っておられて、「環境に配慮しない建築家はデザイナーに堕している」というようなコメントをすること、それは建築家のおごりです。
2013-04-23 Tue 04:34 | | 安積朋子 #-[ 内容変更] | top↑
最後の建築家とデザイナーの下り、削除なさった方がいいかと思います。真剣に世界と環境のことを考えている何百万人ものデザイナーのみなさんにものすごく失礼です。そして、私も一人の建築家として、同職の方がこういう軽率な発言をされるのは恥ずかしく思います。
2013-04-23 Tue 06:57 | | Saya Hakamata #s4N1PwDQ[ 内容変更] | top↑
工業デザイン方面の人間です。途中までは共感して読ませていただいておりましたが、最後に突然銃口がこちらを向き、大変に驚きました。
我々工業デザイナーは決して「数学的に捉えるべき物事を数学的に捉えられず、ポエムに逃げ、環境について考えずに物を作る人間」ばかりの集団ではありません。もちろん我々の中にも至らぬ点が多々あるにせよ、十把一絡げにこういった言及をされることは、非常に心外です。

architectの語源についてご存じならば、是非とも、designの語源についてもお知りいただければと思います。

確かに一般大衆にとって、デザイン/デザイナーという言葉は「単に表層的な装飾(を職能とする者)」の意として扱われてきました。それは事実でしょう。しかし、工業デザインの世界に身を置く我々は、決してそのような意味で「デザイン」という言葉を扱いません。
デザインという言葉が伝来し、それが誤って定着して以降半世紀ほどが経過した今なお適切な代用語が存在しない以上、我々は「デザイン」の本来の意味を広めてゆかねばなりません。それもまた、デザイナーの職務の重要な一部だと考えています。

決して悪意があっての言葉でないことはよくわかります。しかし、悪意なく口を突いて出た言葉というのは、むしろ根底にある意識を強く表しているものです。そして、悪意のない部分の誤りについて御自覚いただくためには、より強く異議を唱えねばならないと私は思うのです。
大変無礼に感じられる部分もあるかと思いますが、ご理解をいただければ嬉しく思います。
2013-04-23 Tue 12:19 | | SiZ #cks3dOnk[ 内容変更] | top↑
ご批判のコメントいただいたこと、真摯に受け止めております。私は機能性を重視したデザイナーをたくさん知っており、その方たちを心から尊敬しています。そのことだけはご理解下さい。しかし、私が大学で最初に習ったウィトルウィウスからはじまる建築家の定義は「万能」を表すものであり、デザインはもちろんのこと、構造、設備まで含めてバランスよく統括することができる人のことだと思っています。例えばカーデザイナーですが、私は車が好きで尊敬するカーデザイナーが何人かいます。彼らが空力、冷却まで考えてデザインしていることは知っていますが、彼らはもちろんですが、統括エンジニアではありません。私がいいたいのはここでいうところの統括エンジニアであって、しかも建築の場合統括エンジニアがデザイナーも兼務しているというふうに思っています。ですから、デザイナーを決して馬鹿にしているわけではありません。建築という分野においてはインテリアデザイナー以外においては全分野の総責任者である場合が多いので、そのことを指しております。私の言い方が多くのデザイナーの方に対して不快な思いをさせてしまったことはお詫びします。
2013-04-24 Wed 21:24 | | 松尾和也 #-[ 内容変更] | top↑
デザイナーの定義やとらえ方については、とりあえず置いておくとして…
建築家の定義に、「全能」と「万能」という言葉が交錯していますが、いくらなんでも「全能」と定義するのは行きすぎでは?
西洋では、「全能」は神の定義です。

今後もますますのご活躍、期待しております!
2013-04-25 Thu 22:07 | | 椎名香織 #-[ 内容変更] | top↑
ご指摘ありがとうございました。
たしかに全能ではありませんね。

> デザイナーの定義やとらえ方については、とりあえず置いておくとして…
> 建築家の定義に、「全能」と「万能」という言葉が交錯していますが、いくらなんでも「全能」と定義するのは行きすぎでは?
> 西洋では、「全能」は神の定義です。
>
> 今後もますますのご活躍、期待しております!


2013-04-26 Fri 20:55 | | 松尾設計室 松尾和也 #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |