兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

この違いを見れば日本の窓が駄目な理由がわかります

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

この違いを見れば日本の窓が駄目な理由がわかります

ヨーロッパでは窓の設計を行うにあたり、その窓全体の熱貫流率を計算するのはもちろんですが
その窓の最低部分の温度が何度になるのかということを非常に重視して設計します。
 
なぜなら最も表面温度が低いところが最も結露しやすいからです。
ヨーロッパでも樹脂、木製、アルミといろんなサッシがありますが、新築向けの
サッシは住宅用であろうがビル用であろうが窓の熱貫流率の最低基準が1くらいに
なっている(日本の売れ筋商品のほぼ5倍の性能、大手住宅メーカー標準の3倍の性能)
のでいかなるサッシであろうとこの点はしっかりと守られています。

ところが日本のサッシの場合これができていません。それがよく分かるシミュレーション
画像をお見せしたいと思います。ちなみに室温20℃外気温0℃でのシミュレーションです。
なお、この温度状況で相対湿度が50%であれば、10℃を下回る箇所は結露します。

上から順にL社のフラッグシップ商品「サー〇〇◯」
Y社のフラッグシップ商品「A〇〇〇〇◯」
EUの現行基準に則ったアルミサッシです。

なお上が外部側、下が室内側を表します。

サーモス温度分布

APW温度分布

EU温度分布

これを見ていかがでしょう。国産の2つのサッシは新築での採用率は確実に5%を下回るような日本では最高スペックと言われる窓です。それでもガラスと枠の接合部当たりの温度が相当低くなっているのがわかると思います。

それに対してEUの窓は青っぽくなっている部分がほとんどありません。
だからこそ日本の窓は結露するのです。

業者側はいろんな言い訳をしますが、窓が結露するのは加湿器等が理由の場合も
なくはないですが、大半は単純に窓の性能が悪く、設計手法が間違っているからなんです。

日本の住設メーカーは頼んでもいないのに音の出る便器や、電動で開く引き出しがついたキッチン
などをどんどん出してきています。

その反面、入居後の不満足率が3番目に高い「結露」は放置し続けています。
(1位は暑い、2位は寒いでほぼ同率首位。結局すべて窓が最大要因です)

前にもお伝えしたように、結露するということは窓が除湿機になっているということです。
窓で除湿しながら加湿器で加湿を行なっている。それもひどい話ですが、それだけではなく
カビも誘発します。ここを放置したまま、音の出る便器なんかに貴重な御施主様の予算が
流れていってしまうことが、本当に残念でなりません。

工務店や設計事務所の皆さん、こんな予算配分は明日以降絶対にしないように!!

スポンサーサイト

別窓 | [熱環境] | コメント:9 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<1日でプチ登山と潮干狩りに行ってきました! | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 洋上風力発電の現状と将来展望>>

この記事のコメント

松尾様

はじめまして、石川県白山市の田舎で温熱環境の仕事を細々としている福田温熱空調の福田です。

結露の記事とても参考になりありがとうございます。

今私が設計事務所、工務店、住宅会社へ提案している一番の課題は結露をさせないこと、とうるさく言っています。

それには住宅の温熱性能で熱損失が大きいのは窓なので、窓はお金がかかっても性能を上げることが最重要だとと提案しています。

今、私がすすめ入るのは国産ですが、性能の高い樹脂サッシのエクサルシャノントリプルガラスLO-Wアルゴンガス入りU値1.23w/m2kで現場に納めいます。

松尾様のお話ですとやはり1wを切ったもっと性能アップした窓を進めるべきなのでね。外国の木製窓とか一部に日本でつくられているオーダーの木製高性能窓を取り組むしかないのでしょうか。
2013-05-11 Sat 10:17 | | 福田温熱空調 #w33qu9W6[ 内容変更] | top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-05-11 Sat 22:26 | | #[ 内容変更] | top↑
石川くらいであればかならず1を切らなくてもいいと思います。熱貫流率よりも大事かつ分かりやすいのはその地域で年間で最も寒い日の(大体日本なら1月20日から2月1)の日の出直前(6時頃)の最低気温のとき、室温を20℃、50%に保ってもサッシの最低温度部分が結露しないこと。
これをその地域でのサッシの選定条件にすることが最も合理性があります。もちろん石川のように冬の湿度が高い地域では結構ハードルは高いと思いますが・・・。そこまでいかなかい場合、現状でコストパフォーマンスが高いのはL社、Y社ともにだしてきている、U値1.7程度のペア、アルゴンLow-Eで空気層17mmのサッシです。しばらくはこれが価格と折り合いのつくスタンダードになるでしょうね。
2013-05-12 Sun 07:37 | | 松尾設計室 松尾和也 #-[ 内容変更] | top↑
松尾様

丁寧な解説をいただきありがとうございます。

石川県の金沢はアメダスの気象データーですと、最寒月の平均気温がが3.3℃で湿度が75%です。

やはり前は日本海、後は白山などの高い山々がそそり立ち、その為冬は多く、湿度も高い地域です。

1日のうち一番気温が低い朝方5時から6時頃が結露がしやすい時間ですね。

室温を20℃に保つには、断熱材厚みと温熱性能アップと、やはりサッシの性能レベルを高め、内装材に熱容量の高い材料を使用し、蓄熱させて室温を維持しないとだめかなあと思っています。

それには換気を計画通りするためには、定量換気ができること、そして気密を高めないと、すき間風や温度差換気で換気過多で熱損失が多くなる家になりますよね。

色々アドバイスしていただき、大変参考になります。ありがとうございました。
2013-05-12 Sun 21:49 | | 福田温熱空調 #w33qu9W6[ 内容変更] | top↑
外気温での相対湿度は気温が低いのでどうしても高めにでます。その外気をそのまま室内に持ち込んで20℃まで加熱しても相対湿度は24.8%にしかなりません。そこからさらに25%ほど加湿をしてという条件の話です。もしかしたらそこを間違われているかもしれないので念のため・・・
2013-05-12 Sun 22:42 | | 松尾設計室 松尾和也 #-[ 内容変更] | top↑
松尾様

ありがとうございます。

そうですね。外気が低くなると、相対湿度の比率は高くなりますが、絶対湿度は少ないので室温をあげれば湿度が低くなりますね。

それでも北陸は高気密高断熱住宅に住まいした人のなかには、LDKや寝室、子ども部屋だけを暖房をかけ、その他の住宅全体まで暖める住まい方をする人が少なく、非暖房室に結露を起こす事例が多いです。

従来の在来の住まい方から高気密高断熱住宅の住まい方をお施主様に充分説明をして理解していただくのも自分の仕事です。

工務店さんもお施主様によく説明しないと逆に結露したとクレームがつくことがありますよ。それだけお施主様が結露アレルギーになっています。

結露は物理現象だから仕方がないのですが、そこにカビが生えると健康によくないのでここが問題なんですね。
2013-05-13 Mon 19:22 | | 福田温熱空調 #w33qu9W6[ 内容変更] | top↑
おっしゃるとおりですね。特に北陸では結露の被害と施主様からのクレームが多いということを聞いています。部分間欠暖房をすると結露の被害を減らすのはやはり難しいですね。きちんと断熱を行い、暖房方式も適切に設計すれば、安く全館暖房することなんて楽勝なんですが・・・。
2013-05-13 Mon 21:57 | | 松尾設計室 松尾和也 #-[ 内容変更] | top↑
このサッシ断面の温熱シミュレーションも松尾さんのソフトでできちゃうんですか?素晴らしいですね。一度さわってみたくなりました。
2013-05-15 Wed 09:44 | | 森山 #BqLG724Q[ 内容変更] | top↑
サッシ断面の熱画像は建もの燃費ナビでは計算できません。あのシミュレーションはテクノフォルムバウテックジャパンという窓の中のサーマルブレイクの部品を作っている会社の方に作って頂いたものです。
2013-05-15 Wed 13:19 | | 松尾和也 #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。