兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。
ブックマークに追加する

こんな車のシートが欲しい!

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

毎年暑くなってくるといつも思うことがあります。それは「車に入った瞬間の猛烈な暑さ」です。そもそも車の内装は濃い色であることが多く、しかも全面ガラス張りだから5月でも晴れた日の車内は40℃オーバーということもよくあります。空気だけでも十分に暑いのですが、シートに座るとこれまた暑い。しばらく経ってエアコンが効いてきても自分の体温で太ももの裏とシートの間はエアコンの冷気が入り込むことができず長時間ドライブになればなるほど汗ばんできます。高級車やオープンカーにはシートヒーターなるものがついていますが、シートクーラーはたぶんないと思います。
 そこで思いついた解決方法があります。車のシートをアーロンチェアの如くメッシュ状にするということです。
http://www.vanilla-chair.com/fs/aeron/01aeronall/ac12?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=201ad

うちの事務所には私の椅子を含めて4脚のアーロンチェアがありますが、本当に座りやすく1日中デスクワークを
していても疲れることがありません。そして、暑い時期になってきてもお尻から太ももにかけて蒸れることが
まずありません。

車においてもできそうに思うのですがなぜやらないのかわかりません。デザインもかなりカッコイイし、
軽量化にもなると思います。よくやるシートの間にものを落とした時にも下が見えるのですぐ分かります!

私は車のエンジニアではないのでなにか決定的に駄目な理由があるのかもしれませんが、少なくともヘッド
レストに関しては10年以上前のレカロのシートなんかにはメッシュが組み込まれていました。
なにか駄目な理由があるのでしょうか?車関係の方で分かる方がいらっしゃればぜひ教えてほしい。
でもってないのであれば、そんなシートをどこかのメーカーから発売して欲しいと思います。
売れると思うのですが、いかがでしょう?
スポンサーサイト

別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<工務店社長さん対象の見学会終了&追加講演のお知らせ | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | 5月、6月の講演予定(一般公開分)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |