FC2ブログ

兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ

「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」設計事務所です。

家庭用燃料電池の時代がすぐそこまで来ています。

●下の2つのバナーをクリックして頂けるとありがたいです。●

 ←建築リフォーム 人気ブログランキングです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ ←にほんブログ村 住まいブログランキングです。

家庭用燃料電池の時代がすぐそこまで来ています。

燃料電池といえば理系もしくは車に詳しい方ならば「次世代自動車の動力の本命」とまず考えると思います。

もちろんそれもそのとおりなんですが、車よりも先に家庭用燃料電池の方が先に普及するように思います。自動車とは異なり固定型なので技術的にはこちらの方がやさしいのかもしれません。

燃料電池というのは水素と酸素が化学反応を起こして水になるという過程で生じる電気エネルギーを利用するもので、簡単にいうと水の電気分解の正反対の現象です。よってこの反応過程で発生するものは水ということになり非常にクリーンなエネルギーなので次世代の動力源として最も注目されています。しかも現行のガソリンエンジンのような内燃機関の効率よりもはるかに効率がいいことも注目される所以です。

詳しくは下記ページをご覧下さい。

http://www.eneos.co.jp/lande/product/fuelcell/e71_laprfu_
merit.html

ここで思い出すのは高校の化学の先生が最後に言ってくれたひとことです確か卒業直前だったように思いますが「君たちは理系でそれなりの研究をするような立場になるだろう。そのうちの何人かは燃料電池という分野に行き当たると思う。それほどこの原理は素晴らしいものだ・・・」みたいなことをおっしゃっていました。

今でこそ燃料電池という言葉が当たり前に使われる時代になりましたが、15年前にこんなことを言われていたのはやはりすごい先生だったんだなと改めて思います。

同様のことですが、中学時代に塾の先生が「ソ連は近いうちに必ず崩壊する。」と断言しておられましたが、実際にそうなりました。

この先生があってこその今の自分があるというほど尊敬していた先生ですが、今から思えば塾講師という勉強を教えればいいだけと思われがちな人が、そこいらの中学生に向かって真剣に話をしていたんだなあと改めて思いました。
スポンサーサイト




別窓 | [日記] | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ニチアスの耐火偽装に関するコメントが掲載されました。 | 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ | ここまで来たか!樹脂サッシ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 兵庫県の注文住宅建築設計事務所 松尾設計室のブログ |